あの菅田将暉が、多忙の合間を縫ってライブに行くバンド「忘れらんねえよ」とは?

鬼ちゃんだったり、ファンタのハジケたラッパーだったり、グラブってたり……。
数々のCM、映画やドラマの出演で今や見ない日はないほどの大人気俳優、菅田将暉くん。

そんな彼が忙しい合間を縫ってライブに行っちゃうほど大好きなバンド、知りたくないですか?

そのバンドとは、「忘れらんねえよ」。

元々はスリーピースバンドでしたが、2015年11月にドラムの酒田耕慈が脱退。現在は柴田隆浩(v&g)と梅津拓也(b)で活動中。
実際に菅田くんがライブに行った際の写真がTwitterでも公開されています。

以前菅田くんは、「おしゃれイズム」で忘れらんねえよにハマっていると公言。ちなみに上のTwitter写真で菅田くんが来ているTシャツは、同番組内で忘れらんねえよがプレゼントした特製“SUDA Tシャツ”です。

素直な感情を歌った曲から、ふざけた曲まで、振り幅の広いバンド

さて、なかなかインパクトのある名前のバンド、忘れらんねえよ。
バンドの方針は、「恋や仕事や生活に正々堂々勝負して、負け続ける男たちを全肯定したい」だそうです。
はたから見ると“ザ・イケてる男”の菅田くんと、負け続ける男たちを全肯定する忘れらんねえよ。一見すると正反対のような気もしますが、彼はこのバンドのどこに惹かれたのでしょうか。

ここでは菅田くんが惹かれるのも納得の、彼らの魅力が詰まった楽曲をいくつか紹介したいと思います。

忘れらんねえよ

MVには今をときめく女優、二階堂ふみさんが出演。ライブでは観客全員で大熱唱するテッパン曲ともなっています。
この歌詞が、このメロディが、まさに忘れらんねえよを表している気が。曲名のとおり、彼らの代表曲です。

この高鳴りをなんと呼ぶ

彼ら自身が「バンドの全てを懸けた、勝負曲」と言っている一曲。
こういった曲があるからこそ、負け続ける男以外の老若男女、幅広い層からも人気を集めているのだと思います。

ばかばっか

一つ前のMVとは打って変わって、完全にコメディに走っています。映像に目が行きがちですが、世の中の薄っぺらさを独自の目線で語っている歌詞にも注目です。
ライブでも最高に盛り上がるこの楽曲。演奏中に柴田がクラウドサーフでバーカウンターまでビールを買いに行くことも。

寝てらんねえよ

ある企画で柴田が60,000個のドミノ倒しに成功し、日本記録達成。そのときの映像がMVになった完全ドキュメント物です。

歌詞中には、きゃりーぱみゅぱみゅにつぶやかれたいという切実な願いも。
しかも、その願いは叶いました。

実際にきゃりーがつぶやいてくれた後のライブでは、歌詞を「つぶやいてくれた」に変更して演奏し、観客を湧かせました。

人間が抱えている素直な感情を歌うエモい曲から、とことんふざけた倒した曲まで……。本当に振り幅の広いバンドだということが伝わったのでは。
一曲でも聴いていただければ、菅田くんが惹かれた理由も分かるのではないでしょうか。

知ってた? こんなところでまさかのコラボ

実は菅田くんと忘れらんねえよが、まさかのかたちでコラボすることに。
10月15日全国ロードショーの映画「何者」に楽曲提供をしている忘れらんねえよ。
この提供された新曲「俺よ届け」「まだ知らない世界」の2曲を、劇中でバンドを組む菅田くんが熱唱しています。

菅田くんが好きなバンドの曲を、彼自身が歌うという胸アツ展開。
本編中ライブ映像が解禁されていますので、両ファンとも必見です。

ちなみに、10月9日には初のZeppワンマンを控えている忘れらんねえよ。
菅田くんを夢中にさせる忘れらんねえよの笑いあり、涙ありの“エモい”ライブを体感できるチャンスです。

人間のかっこわるい姿をかっこよく歌いあげる彼らの演奏に、あなたも心を打たれること間違いなし。
ぜひ一度、ライブに参加してみては?

 


リリース情報

2016.10.05 ON SALE
MINI ALBUM『俺よ届け』


ライブ情報

忘れらんねえよ Zeppワンマン「僕とあなたとあんたとお前のデカいステージ」
10/09(日)東京・Zepp DiverCity(TOKYO)


映画「何者」OFFICIAL WEBSITE
http://nanimono-movie.com/

忘れらんねえよ OFFICIAL WEBSITE
http://www.office-augusta.com/wasureranneyo/


160903-ST-204002

[初回盤/CD+DVD]

160903-ST-204003

[通常盤/CD]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人

  • 佐々木笑

    佐々木笑

    大正大学表現学部出版編集コース在籍。笑と書いてエミと読みます。アイコンのごとく前髪の平衡感覚を失う時期もありましたが、今はノーマルです。流行って怖い。この紹介文に立派な肩書きを書けるような人になるのが将来の目標です。