時空歪曲ダンス!?異次元の関節技で観る者を混乱させる超絶ダンス

近年、様々な新しい技を生み出し、身体を自由自在に操って超人技を披露するダンサーが増加しているように思える。中でも、「あれ、今画面歪んだ?」と、観ている人を錯覚させるような超絶技を楽々とこなすダンサーがいる。そのダンサーの名はマーキューズ・スコット(Marquese Scott)。

細かい動きを次々と重ね、ロボットダンスを流れるように披露する。CGかもと思ってしまう、話題の動きをぜひ観ていただきたい。

とある快晴の日。ヘッドフォンを着けたマーキューズは、車が行き交う道路の脇でダンスをする。スムーズすぎる動きや不可能と思えるポーズでの静止で観ている人々を唖然とさせる。

彼が披露するダンスはスローになったり早送りになったりと、一瞬動画がバグッたのではないかと錯覚に陥ってしまう。人間離れしたダンスで、瞬きすることすらもったいなく感じさせる彼のダンスは、海外で「Marquese“NONSTOP”Scott」(マーキューズ“ノンストップ”スコット)と称されている。

彼の表現は数多くの人を魅了し、“ダブステップダンス史上最高のダンサー”として世界中のダンサーが憧れを抱く神のような存在となっている。


そんなマーキューズは、世界的講演会「TED」の医療薬学版である「TEDMED」にも出演。医薬系のコミュニティであるこのイベントは各界から様々な超人たちを集めており、サイエンスと実社会を結びつけている。

そんな医薬界の人々がたくさん集結したなかで、彼は重力を感じさせないパフォーマンスを披露し、大きな話題となったという。

不思議なパフォーマンスを披露して医薬界までも魅了しているマーキューズ・スコット。彼の新作動画があがったら、また世界的なニュースとなってしまうことだろう。

Time goes tickey!!😂⏱⏱⏱⏱⏲⏲⏲⏲🎛 Marquese “NonStop” Scottさん(@nonstop12)が投稿した動画 –

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人