祝・15周年 a-nationを彩る、豪華アーティストによるスタジアムライブ初日【ライブレポート】

a-nation stadium fes.2016 powered by dTV
2016年8月27日@味の素スタジアム
BIGBANG、超特急、DAIGO 、ET-KING、iKON、lol-エルオーエル-、三浦大知、ソナーポケット、和楽器バンド
[シューティングアクト]Bars and Melody、SOLIDEMO
[オープニングアクト]加治ひとみ、Raychell、たこやきレインボー
※アルファベット順

15周年を迎えた大規模フェス『a-nation』。東京・味の素スタジアムで行われた『a-nation stadium fes.2016 powered by dTV』1日目をレポート! 各アーティストが個性を輝かせながら、夏の思い出を作り出していた。

TEXT BY 恒川めぐみ


160913-YS-172704

lol-エルオーエル-

東京・味の素スタジアムで行われた『a-nation stadium fes.2016 powered by dTV』1日目のトップバッターを担ったのは男女混合ダンスボーカルグループ、lol-エルオーエル-。若さほとばしるアグレッシブなダンスと、男女で掛け合うラップが絡むデビュー曲「fire!」をはじめ、歯切れの良いリズムとキャッチーなメロディがクセになる最新シングル「spank!!」など、lolの名刺代わりとなるナンバーで会場を温める。

160913-YS-172703

ET-KING、千秋、千賀太郎

そのバトンを受け取ったのはET-KINGだった。昨年、1年4ヵ月ぶりに活動を再開したはっぴ姿の彼らの表情はどこか清々しい。天を仰ぎながら「愛しい人へ」を歌うと会場から大きな歓声が。続く「ナニコレ」ではなんと、千秋とブルースハープの千賀太郎がゲスト出演し、ファンキーな競演を見せてくれた。

160913-YS-172801

超特急

オーディエンスの歓声をさらに煽ったのは、メンバーそれぞれイメージカラーのアロハシャツをアレンジした衣装で飛びした超特急。EDMサウンド全開な「Kiss Me Baby」の勢いに乗ってユーキ(5号車、MAIN DANCER、ドジっ子担当)がバック転。「Burn!」まで巧みなフォーメーションとボーカルワークのオンパレード!

DAIGO

DAIGO

蝶の羽根をまとって派手に登場したのはDAIGO。ダンサブルな「BUTTERFLY」で妖艶なボーカルを披露した後は、自身の結婚式で歌った「KSK」で会場にほんのり温かな風を送る。かと思えば、木村拓哉、桑田佳祐、hydeなどのものまねで「世界に一つだけの花」を歌って笑わせ、ラストにはBREAKERZのメンバーを招いてのロックライブ。とにかく多彩なアプローチだった。

三浦大知

三浦大知

歓喜に沸くオーディエンスが一瞬、息を飲んだのは三浦大知のステージ。ソウルとエレクトロが融合した「Right Now」などの激しいダンスナンバーを、高いスキルで歌い、踊るその勇姿があまりにも美しい。「Cry & Fight」もアカペラで歌いながら舞うという、難易度を極めるパフォーマンスをスムーズに決め、スタジアムを魅了する。

和楽器バンド

和楽器バンド

ダンスミュージックが多いなか、ひと際個性的なオーラを放っていたのは和楽器バンドだろう。重厚なバンドサウンドに、艶やかな尺八と筝、三味線のソロ、ドラムと和太鼓のリズムバトルに加え、詩吟の師範でもある鈴華ゆう子の伸びやかなボーカルが唯一無二の音楽を生む。「起死回生」までの全6曲、会場の空気をヘヴィロックと和の融合世界が支配する。

ソナーポケット

ソナーポケット

続くは、近年の『a-nation』には欠かせない存在といってもいい、ソナーポケットのステージ。「Promise~365日のラブレター。~」からスタートし、EDMサウンドに熱いメッセージをマッチさせた、勢いのあるポップミュージックが観客の心を掴んでいく。「好きだよ。~100回の後悔~」の切ない詞曲にも、あの場にいた全員が胸を熱くしたに違いない。

iKON

iKON

夜のとばりが降りるころ、いよいよクライマックスへ。すでに日本でも人気が爆発している、BIGBANGの系譜を継ぐ7人、iKONが姿を現すと割れんばかりの歓声がスタジアムを包む。「RHYTHM TA REMIX」から9月にリリースされる日本オリジナルの1stシングル「DUMB & DUMBER」まで、ソリッドなダンスビートとコアなヒップホップでステージの温度を最高潮まで押し上げると……アジア最強スター軍団、BIGBANGの出番だ。

空が味方したのかもしれない。ずっと降り続いていた雨がピタリと止み、迫力のダンスと、絶妙に絡み合うラップやコーラス。V.Iは不在だったものの、「BANG BANG BANG」から炸裂する4人圧巻のステージが繰り広げられていく。「FANTASTIC BABY」の歌い、踊り、叫ぶパフォーマンスに至っては、今宵の宴はBIGBANGのものといわんばかりのヒートアップぶり。

160913-YS-172702

ついにはフロートに乗り込んで会場を一周するというファンサービスにも絶叫が止まらない。そんな強烈な愛を受け取ったメンバーは「素敵な音楽、素敵なパフォーマンスでまた戻ってきます。これからもよろしくお願いします」(G-DRAGON)と約束。ごく短い時間ではあったが、熱狂と感動を伝えるには充分すぎるほど充実の1日だった。

160913-YS-172701


番組情報

テレビ独占最速オンエア! a-nation stadium fes. 2016ライブスペシャル
CS音楽チャンネル「MUSIC ON! TV(エムオン!)」にて、各日2時間ずつ合計4時間にもおよぶ、ライブスペシャル番組を10月テレビ独占最速オンエア!
※放送アーティストなどの詳しい情報は後日発表。

詳細はこちら
視聴方法はこちら
MUSIC ON! TV

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人