2PM、GOT7、TWICEが豪華競演! 『JYP Nation』3daysレポート公開

2PMやGOT7など、韓国のエンターテインメント会社JYP Entertainmentに所属するアーティストが大集結するライブ『2016 JYP NATION CONCERT “MIX & MATCH” IN JAPAN』が2年ぶりに東京・国立代々木競技場第一体育館で9月2・3・4日の3日間行われ、大盛況のうちに終了した。

まずは、出演するアーティストがステージと花道の様々な場所から1組ずつ登場し、最後にプロダクションオーナーであり、アーティストであるJ. Y. Parkがセンターステージにリフトアップで登場すると、会場は大きな歓声に包まれ、J. Y. Parkの大ヒット曲「Honey」を総勢39人の全アーティストで披露。アーティスト一人ひとりの個性や、煌びやかなパフォーマンスを1曲目から惜しげもなく披露した。

その後、立て続けにショウは進み、JYP Nation初出場の9人組ガールズグループTWICEが登場、「Cheer Up」を披露すると会場の興奮度も上がり、初出場とは思えぬ堂々としたパフォーマンスとキュートなダンスで会場を魅了した。

関西出身の日本人メンバー、ミナが「JYP Nation初出場で、こんな素敵な先輩たちと同じステージに立てて本当に光栄です! 最後まで楽しんで帰ってください!」と関西弁で話すと、会場からはたくさんの「かわいい!」の声があがった。

TWICEはその後、2PMのニックン、GOT7のジニョン、マークとともに彼女たちのデビュータイトル曲「Like OOH-AHH」をコラボレーションした。

その後もコラボレーションは続き、GOT7が登場すると「FLY」を披露。たたみかけるようにヒット曲を連発し、日本のアルバムリード曲「Yo モリアガッテ Yo」では、楽曲をプロデュースしたウヨンが乱入し、ラップを始めると観客は絶叫でこのコラボレーションを讃えた。

そして、こちらもJYP Nation初登場の本格派バンドDAY 6が登場。デビュータイトル曲「Congratulation」などを、初々しくもエモーショナルに披露し、大きな反応を得た。続いてDAY 6からWonder Girlsへとバンドサウンドのコラボレーションになり、Wonder Girlsの代表曲「Nobody」や「Like This」を2組によるバンドアレンジでパフォーマンスし、会場の雰囲気も一新した。

その後も2AMのJo Kwonがmiss AのFEIとMin、GOT7のベンベンと4人で「HUSH」をセクシーにパフォーマンスしたり、Beak Ayeonがヒット曲「So-So」を披露するなど、会場の盛り上がりはそのままに、いよいよ2PMの登場。「Heartbeat」のイントロが流れると会場の興奮は最大となり、この歓声に応えるように立て続けに3曲をパフォーマンス。日本での公演ともあって日本オリジナル楽曲の「NEXT Generation」で観客とともにタオルを回した。

そして2PMは「I Hate You」をTWICEのメンバーとコラボレーションし、Jun. Kは韓国でリリースしたソロ曲「THINK ABOUT YOU」を日本初披露、その唯一無二なボーカル力で観客を魅了した。

後半へと突入すると、出演者全員での「Hands Up」で会場は一体となり、本編は終了。アンコールは、再び出演者全員が登場し、この2016 JYP NATION CONCERT “MIX & MATCH”のために書き下ろされた新曲「Encore」を披露。その後もJYP Entertainment所属アーティストのヒット曲を出演者全員でパフォーマンスした。

アーティスト全員がステージ狭しと一列に並び、J. Y. Parkの「以上! JYP Nationでした!!」という挨拶を合図に手をつなぎお辞儀をし、3日間、4時間のエンターテインメント性溢れるお祭りは、大団円を迎えた。


160906-TR-160005

160906-TR-160006

160906-TR-160007

160906-TR-160010

160906-TR-160012

160906-TR-160014

160906-TR-160015

160906-TR-160016

160906-TR-160017

160906-TR-160020

160906-TR-160011

160906-TR-160021

160906-TR-160022

160906-TR-160009

160906-TR-160013

160906-TR-160018

160906-TR-160019

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人