2店舗、1日限定10食!元ファンモン・モン吉がカレーの名店とコラボ

2016.08.14

8月10日に1stソロアルバム『モン吉1』をリリースし、2013年6月のFUNKY MONKEY BABYSの東京ドーム解散ライブからおよそ3年ぶりに活動を再開させたモン吉。東京都で初めての市政100周年を迎えた彼の地元・八王子市も、ファンモンきってのメロディメーカーの活動再開を祝うように市全体が盛り上がっている。

そしてこのたび、モン吉と八王子にあるスープカレーの名店・奥芝商店とのコラボレーションが実現。期間&数量限定スペシャルコラボメニューの提供が開始された。

その名も“モン吉スープカリー”。

モン吉自身、八王子にお店がオープンした当初から通っているという奥芝商店とのコラボスープカレー。モン吉の好物を取り入れたメニューということで、エビココナッツスープ・ジャンボから揚げ3個・揚げズッキーニをメインにその他8種の具材が豪華に入ったメニューとなった。

『モン吉1』

『モン吉1』

モン吉といえば“バナナ”

奥芝商店 八王子田代城店の田代オーナーは、オープン時からお店に来店してくれていたモン吉と、共通の友人のショップ(レザーワークスKAZINO)で偶然出会い、何か面白いことがしたいという想いから、田代オーナーのほうからモン吉にコラボを提案。

プランは実現に向けて動き出したが、そんな田代オーナーを悩ませたのが“バナナ”だった。

「モン吉さんの好物を取り入れたメニューということで、“エビスープ・バナナ・から揚げ・ズッキーニ”の使用を決めました。その中でもバナナを合わせるのがとても難しく、“酢豚のパイナップル”的な感じでスタッフ内でも賛否両論。できるだけ好き嫌いをなくすために、スープにココナッツをブレンドし、バナナにシナモンやアーモンドをブレンドしました」(田代オーナー)

160814-CI-151001

懸案のバナナに関しては、“揚げる”という裏技で対応。

「メニューにはモン吉ということで、バナナをうまくカレーに入れられたら良いなと思って、バナナフリットという形で入れてもらうことにしました。揚げるとまた違う美味しさがあるので、ぜひ食べていただきたいです。あとは、僕が好きなズッキーニと唐揚げを入れさせてもらいました。みなさんぜひ食べてみてください◎」(モン吉)

そして最後に、モン吉をイメージしたとんがり帽子を作るためにスタッフ一同試行錯誤でし、“春巻きの皮”でバナナハットを完成。ジャンボから揚げは、国産の鶏もも肉に約10種類のハーブを使用した、奥芝商店こだわりの品質とボリュームの一品となった。

2店舗、1日限定10食!

このスペシャルコラボ“モン吉スープカリー”が食べられるのは、八王子に店を構える奥芝商店の「八王子田代城店」と「八王子片倉城店」の2店舗で、8月12日〜9月18日(両店舗8月22日〜26日まで夏季休暇、月曜定休日)の期間限定、1日限定10食のプレミアメニューとなる。

なお、“モン吉スープカリー”は八王子の2店舗限定だが、北海道を中心としたその他の店舗でもアルバムポスターやBGMでモン吉のソロデビューを盛り上げるという。

【奥芝商店 店舗案内】
★奥芝商店  八王子田代城<FC>(東京都八王子市子安町4-5-5)
★奥芝商店  八王子片倉城<FC>(東京都八王子市片倉町119-1)


リリース情報

2016.07.27
DIGITAL SINGLE「遥か」

2016.08.10 ON SALE
ALBUM『モン吉1』


ライブ情報

モン吉 1stワンマンライブ
09/30(金)東京・Zepp Tokyo
10/15(土)大阪・Zeppなんば大阪


モン吉 OFFICIAL WEBSITE
http://monkichi.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人