M!LKが夏を盛り上げるべく、リリイベという名の夏祭りを開催【密着ライブレポート】

M!LK
4thシングル「夏味ランデブー」リリースイベント
2016年8月10日@渋谷マルイ

ニューシングル「夏味ランデブー」リリースした、M!LKのリリースイベントに潜入。30℃超えの炎天下でも、爽やかな笑顔が絶えなかったパフォーマンス、さらに伸びやかな歌声でファンを釘付けにした彼らの魅力に迫る。

※メンバーの板垣瑞生は本公演欠席。

TEXT & PHOTO BY ジャガー


★シングル「夏味ランデブー」にちなんだ3択インタビューを実施!
[衝撃事実が発覚した前編はこちら]
[メンバーの恋愛観がわかる後編はこちら]

メンバー全員出席ならずとも、最高のステージを!

渋谷マルイの屋上に設置されたステージは、直射日光が降り注ぐため、その場にいるだけでも汗が噴き出るほど。しかし、どんな環境でも、M!LKのライブを楽しみにしてくれるファンのため、さらにはそんなファンのために最高のパフォーマンスをしたいという自分たちのプライドのため、念入りにリハーサルは行われた。

160811-YS-141302

160811-YS-141301

開演直前! メンバーの意気込みはいかに!?

「夏味ランデブー」でお馴染みの衣装に着替え、あとはステージに繰り出すだけ、というメンバーに発売日当日のリリイベへの意気込みを聞いてみる。気合いは十分伝わってくるのだが、やはりそれぞれのキャラクターが表れた“らしい”コメントになっている(笑)。

 

M!LKによる夏祭りがスタート!


160811-YS-141318
すでに多くのファンが駆けつけた場内に、メンバーの声が聞こえる。だが、姿がどこにも見当たらない……と探してみると、客席後方の建物の上からM!LKの面々が手を振っている。

ちょっとしたサプライズに暑さなんてなんのその。一気に会場がヒートアップ! その勢いのまま、1曲目「反抗期アバンチュール」へ。ノリの良いイントロと軽快なステップが合わさり、大きく客席が揺れた。

続いての「新学期アラカルト」では、かっこつけたいのにちょいダサな主人公に感情移入しやすく、自然と曲の世界観に入り込んでいった。さらに、その歌の主人公になりきった表情を見せる、M!LKの表情の豊かさにも注目したい。

160811-YS-141316

とここでMCに入ると、各々の自己紹介。残念ながらドラマ撮影で参加できなかった板垣瑞生の自己紹介パートを今日は山﨑悠稀が不安げに行う場面も(笑)。グループの活動と並行して、個人の活動も精力的にするのは、そこで得たあらたな要素がM!LKの成長にも活きることを知っているから。

実質的な距離は離れていようと、5人の絆はしっかりと結ばれているのを感じられたひと幕だった。また、「自分たちもお水飲むから、みんなも一緒に飲みましょう!」とさりげない気配りにも感銘を受ける。楽しいことをするなら、とことん楽しむ。そんなM!LKの根底に流れる想いからくる言葉だったのではないだろうか。

160811-YS-1413017

いよいよ、本日発売の新曲「夏味ランデブー」。太鼓の音に癒される、ザ・日本の夏祭りソング。ゆったりとしたテンポ感やコミカルなメンバー間のやりとりなどについ目がいきがちではあるが、好きになった人への愛情を素直に歌いきっている青春ソングでもある。

これまでもそうだが、ユニークさや奇抜さと共存する、しっかりとしたメッセージ性に毎度ハッとする。楽しむだけじゃない、意志を持ったメッセージがM!LKの楽曲たちには詰まっており、ライブという会場でこそそれらは映える気がした。

160811-YS-141315

佐野勇斗

160811-YS-141313

塩﨑太智

160811-YS-141314

山﨑悠稀

160811-YS-141311

吉田仁人

1stシングル「コーヒーが飲めません」でキュートな一面を披露しながら、最後のナンバーへ。短い時間を惜しむようにタオルを全力で振り回した「サマーガンバ!!」。この日いちばんの盛り上がりを見せていた。

160811-YS-141319

達成感に満ちた表情で、ステージから戻ってきた彼らを撮影。彼らのこの笑顔こそがライブ成功をものがたっていると思う。この後の特典会では、浴衣に身を包み、いつもの無邪気さとは違う大人な雰囲気なM!LK。曲によって、求められるものによって、様々な表現を身につけてきた彼ら。これからのさらなる活躍に期待したい。

160811-YS-141312

SETLIST

01.反抗期アバンチュール
02.新学期アラカルト
03.夏味ランデブー
04.コーヒーが飲めません
05.サマーガンバ!!

 


プロフィール

ミルク/板垣瑞生、佐野勇斗、塩﨑太智、山﨑悠稀、吉田仁人。スターダストプロモーションが手掛ける若手アーティスト集団・恵比寿学園男子部「EBiDAN(エビダン)」から選ばれた、若手俳優による5人組ボーカルダンスユニット。

オフィシャルサイト


リリース情報

2016.08.10 ON SALE
SINGLE「夏味ランデブー」
SDR

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人

  • ジャガー

    ジャガー

    「M-ON! MUSIC」の編集/ライター/小言を言う係。音楽フリーペーパー「music UP's(現okmusic UP's)」の編集を経て、音楽雑誌「ワッツイン」へ。前身サイト「DAILY MUSIC」 への参加をきっかけにWEBの人になりました。