【MV撮影密着】寝坊してもかわいい!?セレイナ・アンの魅力が凝縮された新曲「Sweet Sweet Love」

2016.07.06

日本テレビ系「ZIP!」内のコーナー「あおぞらキャラバン」に出演中のシンガーソングライター、セレイナ・アン。ミニアルバム『SUNDAYS』でメジャーデビューする彼女が、リード曲「Sweet Sweet Love」のミュージックビデオ(以下MV)撮影を行うということで現場に密着しました。

TEXT & PHOTOGRAPHY BY ジャガー


一時は心配された天候も当日を迎えてみると……

天候にも恵まれた、この日。「セレイナ・アンです。よろしくお願いしまーす!」と元気な声が現場に響く。まずは、長丁場の撮影に臨む彼女に意気込みを聞いてみることに。

SHOOT 01:セレイナ・アンの慌ただしい1日の幕開け

160705-YS-225110

ピンクと白のストライプでかわいらしさを演出した、ひざ上丈のシャツワンピ姿で登場。最初に撮影するのは1日の始まりである「起床」シーンから。スマートフォンのアラームで目が覚めたものの……うわっ! 寝坊しちゃった! という演技に挑戦します。

160705-YS-225112

セレイナ迫真の「寝坊しちゃった!」がこちらです

「私、普段から寝坊するタイプじゃないんですよ。だから(このシーンは)ちょっと難しいかもしれない(笑)」と撮影前にもらしていたものの、リハーサルからいろんな表情を出しながら監督とどの表情や間合いがいちばん伝わりやすいか、何度もトライしていきます。

160705-YS-225113

カットの声がかかると同時に「今のどうでした?」と即チェック(笑)

160705-YS-225114

いっそげ! いっそげ!(もぞもぞ……)

160705-YS-225115

「慌ててスリッパうまく履けませんでした(泣)」と落ち込むセレイナですが、「リアリティあって良いよ!」と監督♪

影の合間中、「今世紀でいちばん楽しい!」とはしゃぎながら、ベットにゴロンと寝転ぶセレイナに「おやすみー」と布団をかけると、「それはダメ。本当に寝ちゃう!」とベッドの心地良さに睡魔と戦うはめに(笑)。

160705-YS-225116

気を抜くとウトウトしちゃ……う……zzz(笑)

そしてこんなひと幕も。「やだー! 私が仰がせてるみたいじゃないですかー!」というセレイナのツッコミをきっかけに、それまで以上に仰々しく扇子で風を送るマネージャーとのファインプレーが実った一枚。

やだー! 私が仰がせてるみたいじゃないですかー!

やだー! 私が仰がせてるみたいじゃないですかー!

これで変な写真は撮れないでしょ〜へっへっへ

これで変な写真は撮れないでしょ〜へっへっへ

ちょっとふくれるセレイナがかわいくて、ついついいたずらしてしまいました(反省)。扇子を奪って満足気なこの笑顔、リアクションの良さに脱帽です。

SHOOT 02:寝坊した朝も身だしなみは整えないとね♪

続いてのシーンは、寝坊してしまったセレイナが急いで身支度をするというもの。歯ブラシをくわえながら、何を着ていこうか考えています。

160705-YS-225119

ちなみに、寝坊した彼女が引き出しを引っ掻き回し、床とベットに散らかした衣服……実はセレイナが普段実際に着用している私服たちなんです。よ〜くチェックしてみてくださいね。

この撮影のために約30着持参したんだとか!

この撮影のために約30着持参したんだとか!

歯を磨いたところで、次は洗顔! モコモコ泡をセレイナが製造中。

うん、良い感じ♪

うん、良い感じ♪

SHOOT 03:透明感際立つ、白ワンピでのリップシンク

お昼休憩を挟んでからの一発目。先ほどのパジャマ姿から装いをがらりと変えて、白ワンピへ。端正な顔出しもあって、よりいっそう美しさに磨きがかかります。

ふとした瞬間に見せるアンニュイな表情に引きこまれます

ふとした瞬間に見せるアンニュイな表情に引きこまれます

そんなアンニュイなセレイナはレア(笑)。ちょっと目を離すと……

そんなアンニュイなセレイナはレア(笑)。ちょっと目を離すと……

それではセレイナ、歌いまーす!

それではセレイナ、歌いまーす!

160705-YS-225127

こうなると誰も彼女を止めることはできません

キマった!(ドヤ顔)

キマった!(ドヤ顔)

陽が頭上に上がってきた頃、今度は外で撮影することに。青空をバックに声高らかに歌うシーンは気持ち良さそうに見えますが……とにかく暑い!(笑) 撮っては水分補給し、撮っては日陰で一時休憩を繰り返しながら、納得のいくリップシンクが完成しました。

160705-YS-225129

160705-YS-225132

160705-YS-225131

160705-YS-225130

それにしても、まだまだ元気なセレイナは合間を見つけては恋バナに夢中。と言っても、自分のリアルな話ではなく、「ねぇねぇ! もしこんなふうに告白されたらどうする?」「キャー! 素敵」「じゃ、こういうシチュエーションは?」「キャー! それも素敵」とメイクさんと一緒に妄想の世界で乙女モード全開。

最終的には妄想彼氏をどうすれば落とせるか、作戦会議まで始まっちゃいました(笑)。「Sweet Sweet Love」を聴くと自然と恋するモードになるのかもしれません。

恋バナはいくら話てもつきません!

恋バナはいくら話てもつきません!

SHOOT 04:本当にいいの!? 水まきにハラハラ・ドキドキ

さて、ここまで順調に撮影してきたセレイナにこの日いちばんの難関が。それはカメラに向かってホースで水をまくこと。

頭ではわかっていても、いざカメラを前にすると機材が壊れないか心配してしまうようで「水、本当にかけても大丈夫ですか?」「カメラマンさんは着替え持ってきました?」と不安そうな言葉ばかり。

「よし、カメラは彼氏だ! 見たらビュー(とかける)! カメラにかける! かけなきゃ終わらない!!」と暗示をかけながら撮影に臨んだ結果は果たして……。

160705-YS-225134

SHOOT 05:愛情たっぷりなサンドウィッチを作りましょう

続いて、場所をキッチンに移しサンドウィッチ作りに挑戦。いつもはセレイナ母がご飯の支度をしてくれるようで、なかなか料理をする機会はないんだとか。

ただ、「チリビーンズと野菜がたくさん入った料理は私が結構作るかも! あと時間があったら料理のお手伝いしてます」とのことで、手慣れた感じでサンドウィッチを作っていきます。

160705-YS-225138

160705-YS-225136

とここまで半日、セレイナと一緒に過ごしてわかったこと。ひとつはどんなときでも周りに気遣いができる、チャーミングな女の子であることと。そして、もうひとつはちゃんと「自分」を持っているということ。

例えば、「この衣装ならアクセサリーはシンプルなほうが自然な感じに見えていいかも」と考えてみたり、「こっちに果物が置いてあるほうがおいしそう!」と自分が料理する場所を調整するなど、細かなディティールにまでこだわる徹底っぷり。

「Sweet Sweet Love」を聴いてもらいたいという強い気持ちがあるからこそ、自分の歌を聴いてもらいたいからこそ、セレイナ・アンは全力で突っ走ります!

160705-YS-225139

160705-YS-225140

……と思っていたら、すぐ遊んじゃうセレイナ。お手玉うまいんですよ、私! と披露してくれました

SHOOT 06:カゴいっぱいに愛を詰め込んで向かう先は?

日も落ち始めてきたところで、最後の撮影に取り掛かります。フェンスの続く道沿いを歩く、セレイナ。

なんと道沿いに生えていた植物が自転車のタイヤに絡まるというアクシデント発生。「えー! なにこれ!?」と思わぬハプニングで一同爆笑。さすが、何かを持っている女、セレイナ・アン!

ワォ!!!!

ワォ!!!!

愛しの彼を発見!? 「こっち、こっち」と手を振るセレイナ

愛しの彼を発見!? 「こっち、こっち」と手を振るセレイナ

すべてのテイクを撮影し終えた後、改めて今日一日の撮影内容をチェックしたところで、監督から「オールOKです!」の声が。朝から時間をかけたMV撮影が無事終了!

160705-YS-225143

160705-YS-225144

撮影が無事終了して披露された“喜びの舞”

撮影終了直後のセレイナからのコメント動画

今日の感想を聞いてみると……意外な印象が返ってきました。

最後までマイペース! こだわり抜いたセレイナ・アンの最新MV「Sweet Sweet Love」お見逃しなく!

オマケ


プロフィール

1996年⽣まれの現役⼥⼦⼤⽣シンガーソングライター。⽇本⼈の⽗とアメリカ⼈の⺟とのハーフ。現在、⽇本テレビ系「ZIP!」あおぞらキャラバン出演中。今作「SUNDAYS」でメジャーデビュー。

オフィシャルサイト


リリース情報

2016.07.13 ON SALE
EP「SUNDAYS」
Virgin Music

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

  • ジャガー

    ジャガー

    「M-ON! MUSIC」の編集/ライター/小言を言う係。音楽フリーペーパー「music UP's(現okmusic UP's)」の編集を経て、音楽雑誌「ワッツイン」へ。前身サイト「DAILY MUSIC」 への参加をきっかけにWEBの人になりました。