月9ドラマ「ラヴソング」出演で話題の新山詩織、新曲MV公開

現在放送中のフジテレビ系月9ドラマ「ラヴソング」に宍戸春乃役として出演中の新山詩織。ダブルAサイドシングル「あたしはあたしのままで/恋の中」を6月29日にリリースすることが発表されたばかりだが、本日、その新曲「あたしはあたしのままで」のミュージックビデオが公開された。

「あたしはあたしのままで」は新山詩織本人が作詞。サウンドプロデューサーに島田昌典を迎え、日常のひとコマを描写しながら、彼女の秘めたる想いと未来への希望を描き出した印象的なナンバーとなっている。その強い想いを表すかのようにアップテンポなサウンドにのせて力強く歌い上げられ、新山詩織の真骨頂ともいえるロックな匂いが漂ってくる。

ミュージックビデオは、メジャーデビュー作「ゆれるユレル」以来となる、スタジオでのバンド撮影が行われたが、歌詞が自分の葛藤とともにそれでも未来へ進んで行く心境を“線路”に例えて表現していることから、さらに都内の線路沿いでロケ撮影も実施。彼女が線路沿いを歩き走る姿は、まさにこの楽曲が描写する心境とマッチした映像になっている。

このミュージックビデオは、6月29日にリリースされるダブルAサイドシングル「あたしはあたしのままで/恋の中」の初回限定盤に特典として収録される。

また、6月13日よりレコチョク先行で「あたしはあたしのままで」がデジタル配信されることも決定。

「あたしはあたしのままで」は、今週5月31日のFM NACK5の「The Nutty Radio Show おに魂」内の番組コーナー「新山詩織のふたりごと」で初オンエアされ、ツイッターなどでも「かっこいい」「ライブで聴きたい」など多くの反響を得ており、CDリリースに先立ってのデジタル配信は、ファンにとっては朗報と言えそうだ。

なお、今回のニューシングルには、M-2として新山詩織初のドラマ出演作であるフジテレビ系月9ドラマ「ラヴソング」の劇中歌「恋の中」を収録。主演の福山雅治が作詞作曲を行い、新山詩織演じる宍戸春乃が作中で歌唱していることで注目をされている楽曲だ。「恋の中」はすでに各デジタル配信サイトで配信がスタートしており、レコチョクデイリーシングルランキング2位(4/27付)、レコチョク週間シングルランキング6位を記録。ドラマの視聴者を中心に、大きな話題を呼んでいる。


リリース情報

2016.06.29 ON SALE
SINGLE「あたしはあたしのままで/恋の中」


新山詩織 OFFICIAL WEBSITE
http://niiyama-shiori.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人