世界で3例目の“劇場体感型ライブ”にKISSファン大興奮

2016.05.30

アメリカ・ラスべガスのクラブで行われた、KISSのスペシャルショーを収めた劇場体験型映画の、1夜限り&1劇場限定のジャパンプレミア上映会が、5月29日、TOHO シネマズ新宿にて行われた。

チケットは、ソールドアウトということで、499名収容の最大スクリーンは超満員状態。KISSのライブ映画ということもあり、KISSメイクをほどこしたKISS ARMY(KISSファンの総称)や老若男女のロックファンが集まった。

ライブ上映前に音楽評論家の伊藤政則氏が登壇し解説したあと、KISSのメンバー4人によるラスベガス公演についてのスペシャルインタビューが上映され、ボルテージが一気にあがったところで本編がスタート。最大64chのスピーカーを個別駆動させるというドルビー・アトモス音響システムでのライブ上映ということで、1曲目から楽器音とともに、大量の火薬を使用してのパイロの爆発等の演出的仕掛けが放つ爆音が、前後左右へと頭上を飛び交い、また左右後方頭上からオーディエンスの絶叫が響き渡り、劇場はさながらライブ会場となった。

40数年にわたり世界を魅了してきたド派手な演出とパフォーマンスと共に、会場大合唱必至の「デトロイト・ロック・シティ」「ラヴ・ガン」「ロックンロール・オールナイト」など、KISSの歴史を彩る数多くの世界的ヒットソングを惜しげもなく披露。ポールが飛び、ジーンが火を吹きと、KISSのお家芸である仕掛けや特殊効果のあるKISSのラスベガス公演は、大迫力の音を実現するドルビー・アトモス音響システムより、映画館で再現されたライブのようだった。

今回はジャパン・プレミアということで新宿1館のみの上映。しかしファンからの熱望によって、6月12日に全国14都市17劇場にて最後のアンコール上映を実施することが、先日発表された。昨夜のジャパン・プレミア上映と同様に、ドルビー・アトモスでの上映や5.1ch音響システムでの上映も行われる。会場の隅々まで響き渡る大迫力のサウンドは、5.1ch音響システムはもちろんのこと、ライブ映像としては世界で3作目の採用(日本国内では2例目)となるドルビー・アトモスをぜひ体感してほしい。劇場体感型ライブ作品上映という、レアな機会を絶対お見逃しなく!

当日、来場したKISSファンの著名人からコメントもコメントが到着。こちらも要チェックだ。

野宮真貴 コメント
音の臨場感が素晴らしいです。映画だと思って観始めましたが、途中から映画館はライブ会場となっていました。KISSが間近に見える、音がいい! 昨年観た東京ドームライブとは違った形ですごく楽しめました。
ミュージシャン 野宮真貴

ちわきまゆみ コメント
ドルビー・アトモスは初体験だったのですが、このシステムすごいですね。Gene先生の「God Of Thunder」での重低音とか。映像なんだけど途中からライブになっちゃった感じがしました。
家でひとりでDVDを観るのとは全然違ってなんかワクワクしますよね。「みんなで観る、分かち合う」という特別な関係というか。
DJ/ミュージシャン ちわきまゆみ

北村信彦氏 コメント
レコード、CDは、ミュージシャンが作る音楽の「疑似体験」。今回観たスクリーニングは、テクノロジーの進歩が可能した、ミュージシャンが奏でるライブの「疑似体験」。CDが全世界的に普及したように、スクリーニングもこれからは常識となるだろう。
ヒステリックグラマー 北村信彦


イベント情報

「KISS Rocks VEGAS」 1夜限りのアンコール上映会
06/12(日)18:00~ ※全国14都道府県17劇場で上映
上映時間:102分(字幕入りメンバー・インタビュー約13分含む)
配給:ライブ・ビューイング・ジャパン
(C)2015 GAPP 2002 LTD


「KISS Rocks VEGAS」 OFFICIAL WEBSITE
http://wardrecords.com/kiss/


160530-YM-17490001

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人