藤井フミヤ、厳島神社で奉納ライブ。「神様の恩恵を受けている気がします」

藤井フミヤが世界遺産の厳島神社・高舞台にて5月27日、奉納コンサートを行った。

公演は翌28日にも開催。厳島神社でコンサートを2日間開催するのはフミヤが初めてとなった。雅楽のBGMが流れるなか、フミヤとバンドメンバーが登場し、まず高舞台の後方にある本殿に向かっての一礼。続いて観客と共に二礼二拍一礼。厳かな雰囲気のなか、「鎮守の里」で奉納コンサートの幕が開く。これはフミヤが第62回神宮式年遷宮イメージソングとして発表し、2013年の伊勢神宮で奉納した曲。まさにこの日の1曲目にふさわしい楽曲でスタートした。

「TRUE LOVE」の演奏が始まると、神社全体が照明でライトアップされる。息を呑むような美しさで観客もうっとりと聴き入る。19時30分に近づき、ちょうど「大切な人」を歌い終えた頃に日が暮れ、会場は幻想的な雰囲気に包まれた。

フミヤ自身は厳島神社を訪れたのは今回で7度目とのこと。MCでは神社の大鳥居の修繕に故郷の久留米の木が使われていることに触れ、何か縁を感じると話し、7月に発表する新アルバムに収められる「ふるさと」を披露する。

この日は雲ひとつなく晴れわたり、星がキラキラと瞬く。そんな満天の星空に向かって朗々と歌われた「Another Orion」は震えるほどの素晴らしさ。特設のステージは本殿を背に組み立てられ、ミュージシャンは海上の大鳥居に向きあう位置に立つ。フミヤも「大鳥居に向かって歌うのは、かなり気持ちがいいです!」とこの特別な空間での演奏に興奮を隠せない。

そして「空に向かって、宇宙に向かって歌うのが好きです」と語って「翼をください」を歌う。3年前に薬品会社のCMソングとしてフミヤがカバーした、フォークのエバーソング。続いてパーカッションプレイヤーが繰り出すリズムに徐々に会場もヒートアップ。オーディエンスもハンドクラップで応えると、始まったのはバンド時代の名曲「Blue Moon Stone」。コンサートも終盤に向け、一挙に盛り上がっていく。最後に「こんな特別な場所で歌えて、神様の恩恵を受けている気がします!」と語り、壮大なバラードナンバー「MY PLANETS」を星空に向かって朗々と歌い上げ、奉納コンサートを締めた。

フミヤは翌週末の6月4日にも、世界遺産の日光東照宮・五重塔前でコンサートを開催。また、7月13日には4年ぶりにニューアルバム『大人ロック』をリリースし、9月10日より全国ツアーをスタートさせる。


リリース情報

2016.07.13 ON SALE
ALBUM『大人ロック』


藤井フミヤ OFFICIAL WEBSITE
http://www.fumiyafujii.net/


160530-TR-090004

160530-TR-090005

160530-TR-090006

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人