EXILE ATSUSHI、東京ドーム公演開催決定&新バンド“RED DIAMOND DOGS”始動

EXILE ATSUSHIのソロとしての初のドームツアー『EXILE ATSUSHI LIVE TOUR 2016 “IT’S SHOW TIME!!”』が、5月28日、京セラドーム大阪にて開幕した。

その初日公演にて、今ツアーの追加公演となる東京ドーム公演(8月27・28日)の開催が発表。これにより、今ツアーがソロアーティスト史上初の6大ドームツアー開催という快挙となることがわかった。

さらに同ライブの中で、ATSUSHIの新プロジェクトとなるバンド“RED DIAMOND DOGS”を結成することも発表。同時にバンドがステージへと登場し、3曲の新曲が初披露され、会場に詰めかけた40,000人のファンは興奮に包まれた。

今回のツアーは、サックスやトランペット、バイオリンなど総勢40名のビックバンドを従え、音で魅せることにこだわったライブを展開。このライブツアーのテーマソングである「Beautiful Gorgeous Love」を始め「Precious Love」などの自身のヒット曲はもちろん、往年のジャズの名曲である「Smoke Gets In Your Eyes」や美空ひばりの名曲「愛燦燦」といったカバーも披露するなど、ポップスからジャズ、昭和歌謡まで全26曲を披露。音楽を追求し続けるATSUSHIだからこそできるライブステージを作り上げた。

今回のツアーの見どころについて、ATSUSHIは以下のようにコメント。

「今回は自分でも初めて挑む40人編成のビッグバンドで、みなさんにホンモノの音楽をご提供することができるのではないかと興奮しています。超一流のミュージシャンたちと一緒に音楽をお届けできることに、本当に幸せを感じています。今回ソロとしては初めてのドームツアーなのですが、ここまで来られたのは、応援してくださっている皆さんのおかげですので、その方々のためにも、悔いのないように一生懸命心を込めて歌いたいと思っています」

ドーム規模のライブで、これだけのビッグバンドの演奏とATSUSHIの歌声がハーモニーを奏でる、とことん生音にこだわったライブ。さらに、天井中央には巨大シャンデリアをモチーフにした14m幅のセットが吊り下げられたほか、幅90mに及ぶ圧巻のステージ、そしてセンターにはファンクラブから抽選で選ばれた限定40席のプレミアムシート(会場により異なる)も設置されるなど、従来の常識を覆す豪華仕様のセットで、『IT’S SHOW TIME!!』とのツアータイトルのごとく、目の肥えた大人の音楽ファンも納得させうる世界基準のエンターテインメント空間を演出。これだけでも絶対に見る価値があるライブであることは間違いないだろう。

そしてライブ終演後には、オフィシャルHPにて、ライブで披露されたATSUSHIの新プロジェクト“RED DIAMOND DOGS”の楽曲が、7月6日に発売される自身のニューシングル「Beautiful Gorgeous Love」に収録されることが発表された。

EXILE ATSUSHIとしての「Beautiful Gorgeous Love」と、RED DIAMOND DOGSの「First Liners」の両A面シングルという形になるということで、ファンにとっては待ちきれない、濃密な作品になることだろう。

まずはこの音の祭典とも言えるライブを楽しんで、7月6日に発売されるニューシングル「Beautiful Gorgeous Love / First Liners」を心待ちにしたい。


リリース情報

2016.07.06 ON SALE
EXILE ATSUSHI/RED DIAMOND DOGS
SINGLE「Beautiful Gorgeous Love/First Liners」※両A面


ライブ情報

EXILE ATSUSHI LIVE TOUR 2016 “IT’S SHOW TIME!!”
05/28(土)大阪_京セラドーム大阪
05/29(日)大阪_京セラドーム大阪
06/11(土)愛知・ナゴヤドーム
06/12(日)愛知・ナゴヤドーム
06/17(金)福岡・福岡ヤフオク!ドーム
06/18(土)福岡・福岡ヤフオク!ドーム
07/02(土)埼玉・西武プリンスドーム
07/03(日)埼玉・西武プリンスドーム
08/27(土)東京・東京ドーム
09/03(土)北海道・札幌ドーム


EXILE OFFICIAL WEBSITE
http://exile.jp

RED DIAMOND DOGS OFFICIAL WEBSITE
http://reddiamonddogs.jp


160529-CI-082002

160529-CI-082001

160529-CI-082003

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人