【今週のオリコン】安室奈美恵22年連続トップ10入り&aiko通算9作目の首位

【シングル】
安室奈美恵の最新シングル「Mint」(5月18日発売)が発売初週に2.8万枚を売り上げ、今週発表の最新5月30日付オリコン週間シングルランキング(集計期間:5月16日~5月22日)で4位に初登場。ソロデビューを果たした1995年から22年連続のシングルTOP10入りを果たした。

22年連続のシングルTOP10入りは「シングルTOP10入り連続年数記録」においてアーティスト歴代単独1位となる快挙で、これまで21年連続でならんでいたV6(1995~2015年)GLAY(1996~2016年)を上回っての達成となった。

安室にとって通算45作目のシングルTOP10入り作品となった今作表題曲は、連続ドラマ「僕のヤバイ妻」(関西テレビ・フジテレビ系)の主題歌に起用されており、ドラマの“ヤバイ”世界観を際立たせるシリアスかつスリリングなダンスロックナンバー。なお安室は、自身最多となる88本の全国ホールツアーを8月から行うことを発表。全国33都市88公演で計23万人の動員を予定している。

1位は、嵐の最新シングル「I seek/Daylight」(5月18日発売)。発売初週に73.8万枚を売り上げ、シングルランキングで初登場1位を獲得した。前作「復活LOVE」(今年2月発売)の初週売上48.5万枚を大きく上回る好スタートをきった。

嵐のシングル1位獲得作品数は、今作で通算45作目で「PIKA★★NCHI DOUBLE」(2004年2月発売)から数えて38作連続の達成。シングル1位の「通算獲得作品数」「連続獲得作品数」ともに、B’z(通算、連続いずれも48作)に迫り、アーティスト歴代2位につけている。

嵐にとって通算49作目のシングルとなる今作は、「Calling/Breathless」(2013年3月発売)以来9作ぶりの両A面。恋に不起用な男の切なさを明るく歌ったラブソング「I seek」は、大野智主演の日本テレビ系水曜ドラマ「世界一難しい恋」の主題歌。わずかな可能性にも果敢に挑む強さと優しさを歌ったメッセージソング「Daylight」は、松本潤主演のTBS系日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士-」の主題歌に起用されている。

2位は、SHINeeの最新シングル「君のせいで」(5月18日発売)。シングル自己最高位タイとなる2位に初登場した。初週売上は6.0万枚で、前作「Sing Your Song」(2015年10月発売)の初週売上5.0万枚を上回った。

人気アプリゲーム「アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ」での楽曲を収録したCDシリーズ第2弾「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 02 Tulip」(5月18日発売)は、第1弾「〜01 Snow Wings」の累積売上2.7万枚を上回る3.1万枚を初週に売り上げ、3位に初登場。そして、神聖かまってちゃんのドラマーとしても活躍する鈴姫みさこを中心に結成されたバンドじゃないもん!の再メジャーデビューシングル「キメマスター!/気持ちだけ参加します。」(5月18日発売)が初週売上2.5万枚で5位に初登場。インディーズ発売の前作「NaMiDa」(2015年11月発売)の累積売上1.7万枚と最高11位をともに上回り、シングル自己最高売上と獲得最高位をいずれも更新した。

なお、北島三郎が、芸道55周年を記念したデュエット企画「サブちゃんとデュエットシリーズ」を5月18日にレコードメーカー各社より7作品を同時発売。52位の北島三郎・三山ひろし「母を想えば」を筆頭に、55位に北島三郎・島津亜矢「掌」、76位に北島三郎・坂本冬美「父と娘」、78位に北島三郎・大川栄策「おとこの酒よ」、90位に北島三郎・藤あや子「夫婦綴り」、91位に北島三郎・大月みやこ「合わせ鏡」、98位に北島三郎・吉幾三「風は吹く」と、シリーズ7作品すべてがTOP100内に初登場となった。

 

【アルバム】
aikoの最新アルバム『May Dream』(5月18日発売)が発売初週に6.9万枚を売り上げ、今週発表の最新5月30日付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:5月16~22日)で初登場1位を獲得した。

aikoのアルバム1位は通算9作目で、前々作『時のシルエット』(2012年6月発売)、前作『泡のような愛だった』(2014年5月発売)に続いて3作連続。オリジナル盤としては『BABY』(2010年3月発売)から4作連続の獲得となり、変わらぬ人気ぶりをうかがわせた。aikoにとって2年ぶり、12作目のオリジナル盤となる今作。「あたしの向こう」(シングル最高4位:2014年11月発売)から最新シングル「もっと」(同最高3位:今年3月発売)までのシングル4曲を含めた全13曲が収録されている。

2位は、米歌手アリアナ・グランデの3rdアルバム『デンジャラス・ウーマン』。発売初週売上2.1万枚で初登場2位を獲得した。

今作は、1stアルバム『ユアーズ・トゥルーリー』(2014年2月発売)と2ndアルバム『マイ・エヴリシング』(2014年8月発売)がともに記録している最高3位を上回っており、アリアナはアルバム自己最高位を更新した。

テイラー・スウィフトが『1989』で2014/11/10付で3位を獲得して以来、洋楽女性アーティストでは1年7ヵ月ぶりのアルバムTOP3入りを達成したアリアナは、自身が洋楽アーティスト(男女含む)最高を誇る「オリジナル盤の1stアルバムからの連続TOP3入り作品数」(※再デビューは除く)も2作連続から3作連続に更新している。

3位は、小田和正のオールタイムベストアルバム『あの日あの時』(4月20日発売)。週間売上1.9万枚を記録した。初登場1位を獲得した5月2日付から5週にわたってTOP3圏内をキープしている。

そして、声優、歌手、舞台など様々な分野で活躍中で、「声優アーティスト」として注目を集める蒼井翔太の初ベストアルバム『S』(5月18日発売)が初週売上1.3万枚で4位に初登場。蒼井は『UNLIMITED』(2015年4月発売)が記録した最高7位を上回り、アルバム自己最高位を獲得するとともに初のアルバムTOP5入りを果たした。

吉川晃司の最新アルバム『WILD LIPS』(5月18日発売)は、初週売上1.2万枚で5位に初登場。『BEAT ∞ SPEED』(1996年10月発売)が1996年10月28日付で3位を獲得して以来、19年7ヵ月ぶりにアルバムTOP5入りを果たした。


オリコンランキングはこちら
http://www.oricon.co.jp/rank/


160524-YM-00350001 160524-YM-00350002

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人