GLIM SPANKY、新曲「怒りをくれよ」が映画「ONE PIECE FILM GOLD」主題歌に

2016.05.18

4月に東名阪のツアーを成功させ、5月13日に新曲「話をしよう / 時代のヒーロー」をデジタルリリースしたばかりのGLIM SPANKY。iTunesアルバムロックチャート1位を初獲得し、まさにネクストブレイクの呼び声が日に日に高くなっている。

そんな勢いにのるGLIM SPANKYが、国内累計発行部数3億2,000万部を突破しギネス世界記録にも認定された人気漫画「ONE PIECE」(尾田栄一郎)の映画最新作、7月23日公開の「ONE PIECE FILM GOLD」の主題歌に決定した。

このタイアップ決定に関しては、原作者であり、また本映画の総合プロデューサーでもある尾田栄一郎から直々に声がかかり、まさに「ONE PIECE」を見て育ってきたメンバーは大喜び。その期待に応えるべく、作品に対する気持ちを込めた渾身の1曲を制作。タイトルは「怒りをくれよ」。5月21日から全国の劇場で公開される予告編に早くも使用されることも決定した。

さらに、GLIM SPNAKYはこの「ONE PIECE FILM GOLD」の主題歌「怒りをくれよ」を含む2ndアルバム『Next One』を7月20日に発売することも決定。あらたな航海に向け旅立ったGLIM SPANKYの動向に注目だ。

GLIM SPANKY・松尾レミ(vo&g)コメント
“ワンピースと闘う気持ちで、主題歌を作ってください”というパンクな注文をワンピースサイドからいただき、この曲が出来ました。音と詞にふたりのプロデューサーを迎え、“もっと大きく輝くために、もっと怒らせてくれ”というテーマで曲を練り、渾身の1曲が完成したと思います。こんなロックが今の日本で、大衆の前に響き渡るなんて、なんだか面白くなってきたんじゃない。私たちはこれこそ王道だと信じているし、映画主題歌にGLIM SPANKYを選んでくれた尾田先生は、やっぱり革命家だと思います。

GLIM SPANKY・亀本寛貴(g)コメント
ワンピースのような国民的な作品と自信を持って肩を並べられるような楽曲、サウンドになったと思います! 映画の最後にもうひとパンチ食らわせるような曲です!

尾田栄一郎氏(原作者および映画総合プロデューサー)コメント
ラジオで初めてこの歌声を聴いた瞬間からホレてました。今回の映画「GOLD」は音楽による雰囲気作りがとても重要で、この声がほしかったのです。皆様、ぜひ映画館でGLIM SPANKYのゴージャスな歌声にシビレてください!!

なお、GLIM SPANKYは、5月21・22日に静岡県の富士スピードウェイで開催されるハーレーダビッドソンジャパンによる国内最大の野外イベント『Blue Sky Heaven 2016』と楽器メーカーGibsonのイベントコラボを記念して、ギブソンギターを愛用するGLIM SPANKYの曲「FLOWER SONG」が公式応援ソングとして決定。

また、今話題のバーチャルリアリティーが体験できるGLIM SPANKYのスペシャル360度動画の期間限定配信も決定。詳細はBlue Sky Heavenキャンペーンサイトをチェックしよう(配信期間:5月17日〜7月31日)。


映画情報

「ONE PIECE FILM GOLD」
7月23日(土)ロードショー
原作・総合プロデューサー:尾田栄一郎 (集英社 週刊「少年ジャンプ」連載)
監督:宮元宏彰
脚本:黒岩勉
劇中曲:小島麻由美
主題歌:GLIM SPANKY
出演:田中真弓 中井和哉 岡村明美 山口勝平 平田広明 大谷育江 山口由里子 矢尾一樹 チョー 山路和弘
ゲスト声優:満島ひかり 濱田岳 菜々緒 ケンドーコバヤシ 北大路欣也
(C)尾田栄一郎/2016 「ワンピース」製作委員会


リリース情報

2016.05.13 ON SALE
DIGITAL EP『話をしよう/時代のヒーロー』

2016.07.20 ON SALE
ALBUM『Next One』


映画「ONE PIECE FILM GOLD」作品サイト
http://www.onepiece-film2016.com/

Blue Sky Heavenキャンペーンサイト
http://www.harley-davidson.co.jp/bsh/campaign.html

GLIM SPANKY OFFICIAL WEBSITE
http://www.glimspanky.com/


(C)尾田栄一郎/2016「ワンピース」製作委員会

(C)尾田栄一郎/2016「ワンピース」製作委員会

160517-TR-090001

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人