唯一無二の世界観で人々を圧倒する、“酸欠少女”の音楽世界

フジテレビ“ノイタミナ”アニメ「乱歩奇譚 Game of Laplace」エンディングテーマ「ミカヅキ」で衝撃かつ鮮烈なデビューを飾り、同じくフジテレビ“ノイタミナ”アニメ「僕だけがいない街」エンディングテーマ「それは小さな光のような」をヒットさせた“酸欠少女”さユり。

「それは小さな光のような」「来世で会おう」「ミカヅキ」の3曲が、アジア、欧米など全世界で配信され、勢いは海外にも拡散。急上昇する人気・知名度とともに、その<“不完全な美”と“感情”>の音楽世界と映像美が、多くの人々の支持を獲得している。

160518-CI-075001

“酸欠”した世界と対峙する新次元アーティスト

“酸欠少女”さユりは、“酸欠”した世界に対し独自の解釈で“光”や“翳(かげ)”を、アコギをかき鳴らしながら歌う、19歳の2.5次元パラレルシンガーソングライター。さユりは3人に分裂して生息しており、それぞれの活動領域は2次元・3次元とパラレルで神出鬼没である(※さユりプロフィールより)。

デビューシングル「ミカヅキ」と2ndシングル「それは小さな光のような」が続けてヒットし、「それは小さな光のような」がオリコンシングルデイリーチャート7位にチャートイン。iTunesトップソングでも最高3位、ロックジャンルでは最高1位。そしてデビューシングル「ミカヅキ」、2ndシングル2曲目の「来世で会おう」の3曲が同時にトップ10入りするなどチャートを席巻。

ストリートライブをすれば、瞬く間に500人以上が集まるなど、“酸欠少女”さユり現象が巻き起こり、4月23日に渋谷wwwにて開催されたワンマンライブ『ミカヅキの航海』は一般発売1秒でソールドアウト。追加公演の6月3日・大阪FANJ twiceワンマンライブ、6月24日・東京キネマ倶楽部ワンマンライブも、同じく一般発売1秒でソールドアウトと勢いはさらに加速し、その歌世界に共鳴するさユりマニアが続出中だ。

160516-TR-090003

“酸欠少女”さユりの、始まりの歌

そんなさユりが、新曲「るーららるーらーるららるーらー」を、配信限定3rdシングルとして6月3日にリリース。

「るーららるーらーるららるーらー」は、「ぐるって廻って」と歌う、かつての自分と今の自分が輪廻する、さユりの中学時代の精神=中二さゆりと、今の精神=さユりが繋がった、さユりの原点と言える曲であり、“中二さゆり”の誕生のきっかけともなる、”酸欠少女”さユりの始まりの歌。この曲が誕生することで、さユりの精神は様々に動き出し、パラレルに世界を漂うことになる。

このさユり”エピソード0”とも言える「るーららるーらーるららるーらー」をリリースし、歌い続けることで、さユりは、欠けた精神を探す、あらたな自分との出会いを求める旅=航海に出る。

※「るーららるーらーるららるーらー」作品資料より。

新曲でも、さユり独自の世界観は縦横無尽に展開しているようだ。

なお、6月24日には「るーららるーらーるららるーらー」に加えて、2ndシングル収録の「来世で会おう」の弾き語りver.や、中学時代に作曲した「ヒト」の弾き語りver.など4曲を収録した、「るーららるーらーるららるーらー」EPのリリースも決定。アーティスト・さユりの世界観をより理解するために、避けて通れない作品集となりそうだ。

160516-TR-090004

美しく無垢にして、孤独を優しく包み込む歌声

このたび、4月23日に開催されたワンマンライブ『ミカヅキの航海』でパフォーマンスされた「るーららるーらーるららるーらー」のライブ映像(1chorus ver.)がYouTubeにて公開。YouTubeオフィシャル初となるこのライブ映像は、音と映像が融合した、さユり2.5次元ライブの世界観を味わうことができる貴重な内容となっている。

美しく無垢にして、孤独を優しく包み込む歌声とともに、“酸欠世代”の共鳴者として勢いを増す“酸欠少女”さユり。その独自の世界観のあらたな象徴となる新曲「るーららるーらーるららるーらー」と<“不完全な美”と“感情”>の音楽世界に注目だ。


リリース情報

2016.06.03 ON SALE
DIGITAL SINGLE「るーららるーらーるららるーらー」

2016.06.24 ON SALE
DIGITAL EP「るーららるーらーるららるーらー」


さユり OFFICIAL WEBSITE
http://sayuri-web.com/


160516-TR-090005

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人