乃木坂46、新舞台『じょしらく弐』開幕!“真打”にふさわしいメンバーとは!?

2016.05.13

乃木坂46が5月12日、AiiA 2.5 Theater Tokyoにて『じょしらく弐~時かけそば~』の上演を開始し、初演前に囲み取材と公演ゲネプロが行われた。

本作品は週間少年マガジン(講談社)にて連載されていた人気ギャグ漫画の舞台化第2弾となり、乃木坂46の15名がトリプルキャストで新作に挑む。

メンバーは記者陣からの囲みに臨み、上演前にそれぞれ意気込みを語った。

若月佑美は「私が演じる防波亭手寅(ぼうはていてとら)は2.5次元のテンションなので、普段ローテンションの私にとって稽古を特に頑張りました。稽古の前には鈴木奈々さんやりゅうちぇるさんの動画を観てテンションを上げました!」とコメントし、生駒里奈は「私が演じるのは空琉美遊亭丸京(くうるびゆうていがんきょう)なのですが、髪の毛の色が奇抜だからこの役にしました。演じる役と共通点もありながら、異なる点もあるのでそういったところに注目して欲しいです!」とアピールした。

また、「乃木坂46にとって“落語”とは?」という質問に対して松村沙友理は「私たちはグループアイドルなのであまりひとりでしゃべる機会がありません。一方、今回のじょしらくは一人ひとりが落語を頑張っているので、それぞれに注目していただける良い機会だと思います」とコメントした。

「落語家の階級として最上級と知られる“真打”にふさわしいメンバーは?」という質問には、メンバー全員が”能條愛未!”と口を揃えて絶賛する場面も。それに対して能條愛未は「そんなことないですが、今日が私たちのじょしらくの初日なので良いスタートを切れるように頑張ります!」と謙虚ながらも意気込んだ。

本作品の主人公は女子落語家たちで、寄席の楽屋で繰り広げられる他愛ない会話の中からネタが広がる内容だ。かわいい女子落語家たちの楽屋の様子を観客も一緒に覗ける舞台となり、すでに12,000人分のチケットはソールドアウトしている。

5月25日にリリースされる2ndアルバム『それぞれの椅子』に関する情報が随時発表され、盛り上がりを見せるなか、今後の乃木坂46の活躍に期待が集まる。


イベント情報

「じょしらく弐~時かけそば~」
公演日程:05/12(木)~22(日)
劇場:AiiA  2.5 Theater Tokyo
原作:久米田康治
漫画:ヤス
脚本・演出・創作落語:川尻恵太(SUGARBOY)
キャスト:
(チームら)中田花奈 生駒里奈 能條愛未 松村沙友理 鈴木絢音
(チームく) 斎藤ちはる 佐々木琴子 井上小百合 桜井玲香 渡辺みり愛
(チームご)新内眞衣 樋口日奈 山崎怜奈 若月佑美 北野日奈子


リリース情報

2016.03.23 ON SALE
SINGLE「ハルジオンが咲く頃」

2016.05.25 ON SALE
ALBUM『それぞれの椅子』


乃木坂46 OFFICIAL WEBSITE
http://www.nogizaka46.com/


160513-TR-090001

160513-TR-090008

160513-TR-090002

160513-TR-090003

160513-TR-090004

160513-TR-090005

160513-TR-090006

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人