KEYTALK、“盆DANCE(ボンダンス)”披露の「MATSURI BAYASHI」MV公開

KEYTALKのニューシングル「MATSURI BAYASHI」(5月18日リリース)の表題曲「MATSURI BAYASHI」のミュージックビデオが公開された。

「MATSURI BAYASHI」は、寺中友将が作詞・作曲した初のシングル表題曲にして、卓越したポップセンスがはじけるエネルギッシュなお祭りナンバー。監督は7枚目のシングル「HELLO WONDERLAND」MUSIC VIDEOから2作連続となる大久保拓朗がつとめた。

ミュージックビデオのコンセプトは日本古来の夏祭りの情緒と、踊るロックを表現したライブとの融合。エネルギッシュなお祭りナンバーをKEYTALK流の夏・盆DANCE(ボンダンス)で表現した。

撮影は、スタジオに夏祭りさながらの櫓(4間×3間、高さ5.2m)を組み、派手な演出をするためムービングライトを導入、さらに半被をまとまとったボンダンサー72名を動員し敢行された。振り付けは電撃チョモランマ隊のQ-TARO。覚えやすく、ライブで底抜けに明るく、そして楽しく踊れる振り付けをつけた。

彼らの演奏シーンは普段のステージでの魅力を感じられるよう、またボンダンサーとの融合でKEYTALKのライブの楽しさが十二分に表現できるよう撮影。テイクを重ねる中、楽しさへの追及が強い連帯感を生みだし、スタジオ内はライブさながらの熱気に包まれ汗だくで撮影が終了した。

KEYTALKと言えば、「MABOROSHI SUMMER」「a picture book」「MONSTER DANCE」といった、ライブでファンが汗だくで盛り上がる振り付け楽曲でおなじみ。「MATSURI BAYASHI」は2016年の全国ツアーはもちろん、フェスでも話題となり、盛り上がる曲となること間違いなしだ。

なお、8thシングル「MATSURI BAYASHI」には、フジテレビ系「めざましどようび」2016年テーマソングとして4月からオンエア中の首藤義勝が作詞・作曲を手掛けた「boys&girls」も収録。小刻みで心地よいサウンドはウィークエンドの朝を彩るエバーグリーンな1曲となっている。

4月リリースの「HELLO WONDERLAND」、そして5月リリースの「MATSURI BAYASHI」の2枚のシングルを携え、5月24日から全国ツアー『KEYTALKワンマンツアー 3年K組お祭り先生 〜「先生!義勝君の給食費がありません!」〜』がスタート。こちらは全公演ソールドアウトとなったことがアナウンスされている。


リリース情報

2016.04.13 ON SALE
SINGLE「HELLO WONDERLAND」

2016.05.18 ON SALE
SINGLE「MATSURI BAYASHI」


KEYTALK OFFICIAL WEBSITE
http://keytalkweb.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人