SUPER JUNIORキュヒョン、初主演ドラマの劇場公開に向けメッセージが到着

2016.05.11

グローバルに活躍するSUPER JUNIORのメンバー、キュヒョンの初主演ドラマ「ラブ・コントロール~恋すると死んでしまう彼女ボンスン~」が、日韓ほぼ同時公開となり、日本では映画館での上映が決定。いよいよ5月14日より2週間限定ロードショー公開される。

本作は、「自分が造ったサイボーグを愛してしまう」というファンタジックな物語の中で、病気のため記憶を失いつつある男がピュアな愛を守ろうとする切ないラブストーリー。不治の病と闘いながらも、一瞬一瞬を楽しもうとする主人公ジュソンを、日本でも絶大な人気を誇るK-POPグループ、SUPER JUNIORのキュヒョンが熱演。そして自分がサイボーグであることを知らぬままジュソンに思いを寄せるようになるボンスンには、ドラマ「愛するウンドン」でヒロインの若き日を演じ注目されたユン・ソヒがキャスティングされ、BoAなど多くのアーティストのミュージックビデオを手がけてきたクォン・スンウク監督が、切なくキュートに描き出す話題作だ。

そしてこのたび、14日の公開に先立ち、先日韓国ソウルのスタジオにて、本作で初主演を果たしたSUPER JUNIORのキュヒョンの貴重なオフィシャルインタビューを実施。日本公開に向けてのメッセージなどが届いた。

SUPER JUNIORのメンバーとして、アジアだけでなく世界中に多くのファンをもつキュヒョンは意外にもドラマ出演は初めて。しかも初主演ということで、「オファーをいただいた当初は、いろんなスケジュールが重なっていたので悩んだのですが、いい機会になるだろうと思い、出演することにしました」と話す。

さらに「今回演じたジュソンはエリート社員でとても賢く、完璧な性格ですが、愛するサイボーグを造りながらも、病気のために記憶をだんだん失い、そのサイボーグを自分が造ったこともわからなくなってしまう、という複雑な要素が多かったので少し大変でした」と主人公を演じた感想を語った。そのうえで「日本で5月から劇場版として上映されると聞きました。たくさんの愛で見守っていただけるとうれしいです!」と、日本のファンへ熱いメッセージを贈った。

加えて今回、「ラブ・コントロール~恋すると死んでしまう彼女ボンスン~」劇場公開記念プレゼント企画として、チケット半券キャンペーンが実施されることが決定。映画鑑賞後の半券を指定数送ると、キュヒョンの直筆サイン入りグッズが当たるこの企画は、チェキ、ポスター、台本などが当たる盛りだくさんの内容。詳細は映画サイトをチェックしよう。


作品情報

「ラブ・コントロール~恋すると死んでしまう彼女ボンスン~」
5月14日(土)2週間限定ロードショー

監督:クォン・スンウク
脚本:ムン・ジヨン
出演:キュヒョン(SUPER JUNIOR)、ユン・ソヒ、チ・イルジュ、キム・ユミ
(C)SAMHWA NETWORKS Co., Ltd


「ラブ・コントロール~恋すると死んでしまう彼女ボンスン~」映画サイト
http://liveviewing.jp/bongsooni/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人