【今週のオリコン】小田和正、歴代最年長の首位返り咲き!Sexy Zone、デビューから11作連続シングル首位達成

2016.05.10

【アルバム】
小田和正のオールタイムベストアルバム『あの日あの時』(4月20日発売)が週間5.4万枚を売り上げ、今週発表の最新5/16付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:5/2〜5/8)で1位を獲得した。

先々週の5/2付以来2週ぶり、2度目の1位獲得で、小田は自身のソロ名義作品としては初のアルバム1位返り咲きを達成。60代以上のアーティストの作品による「1位返り咲き」は、シングル・アルバム通じて過去に例がなく(※これまでの同・最年長達成アーティストは山下達郎:2012/10/22付において当時59歳9ヵ月でアルバム『OPUS 〜ALL TIME BEST 1975-2012〜』で達成)、自身が先々週付で打ち立てた「アルバム首位獲得最年長記録」(今週付で68歳7ヵ月から68歳8ヵ月に更新)に続いての歴代最年長記録樹立となった。
※上記2記録はいずれもソロアーティストおよび作品が対象。また年齢の月数は、
月の過半日数以上で翌月に繰り上げとなる。

小田のキャリア46年の集大成となる今作には、オフコース時代のセルフカバーや映
画「64-ロクヨン-前編/後編」の主題歌となる新曲「風は止んだ」なども含め、全50
曲が収録。小田は今作を引っ提げ、全国ツアー『明治安田生命 Presents 「KAZUMASA ODA TOUR2016 君住む街へ」』を開催中だ。

2位は、三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEの最新アルバム『THE JSB
LEGACY』(3月30日発売)。週間売上1.1万枚を記録した。先週付の7位から再浮上した同作は、初登場1位を獲得した2016/4/11付以来その人気をキープし続けており、6週連続のTOP10入りを達成した。

3位は、人気アニメ「ラブライブ!」で東條希役を務める、声優で歌手の楠田亜衣奈の2ndアルバム『Next Brilliant Wave』(5月4日発売)。初週売上0.9万枚で3位に初登場した。楠田は前作の1stアルバム『First Sweet Wave』が獲得した5位を上回り、アルバム自己最高位をマーク。初週売上枚数も同じく前作の0.8万枚を上回り、自己最高となった。

AIのオールタイムベストアルバム『THE BEST』(最高3位:2015年11月発売)に、AIがau「三太郎」CMシリーズに楽曲提供した「みんながみんな英雄」のフルバージョンなどを追加収録した豪華盤が『〜-DELUXE EDITION』(5月4日発売)として登場。『THE BEST』に合算集計され、週間売上0.7万枚(7,137枚)で4位にランクインそ果たした。

5位は、韓国の6人組グループ、2PMの日本オリジナル盤5作目となる最新アルバム『GALAXY OF 2PM』(4月27日発売)。週間売上0.7万枚(6,649枚)を記録し、初登場1位を獲得した先週付に続いて2週連続のTOP5入りを果たした。

そのほか、いきものがかりの『超いきものばかり〜てんねん記念メンバーズBESTセレクション〜』(3月15日発売)が週間売上0.7万枚(6,507枚)で先週付の15位から6位、Perfumeの『COSMIC EXPLORER』(4月6日発売)が同じく0.6万枚で16位から9位、BABYMETALの『METAL RESISTANCE』(4月1日発売)が同じく0.5万枚で18位から10位となり、それぞれTOP10圏外より圏内へと上昇。氷室京介の『L’EPILOGUE』(4月13日発売)も、週間売上0.6万枚(6,002枚)で先週付の10位から8位に順位を上げている。

【シングル】
Sexy Zoneの11作目のシングル「勝利の日まで」(5月3日発売)が発売初週に9.4万枚を売り上げ、今週発表の最新5/16付オリコン週間シングルランキング」(集計期間:5/2〜5/8)で初登場1位を獲得した。

Sexy Zoneは、デビュー曲「Sexy Zone」(2011年11月発売)からのシングル連続1位獲得作品数を11作連続に更新。また、アルバムも含めた全音楽(CD)作品の連続1位獲得作品数もデビューから15作連続に伸ばした。

今作表題曲は、TBS系、フジテレビ系で放送される「2016 リオデジャネイロオリンピックバレーボール世界最終予選」のイメージソングに起用されており、メンバーたちも一丸となって、バレー全日本男子・女子の悲願達成を後押しする。

2位は、東海地方のご当地男性アイドルグループ、MAG!C☆PRINCE(マジックプリンス/通称:マジプリ)の2ndシングル「Spin the Sky」(5月4日発売)。初週売上3.8万枚で初登場となった。1stシングル「絶対☆アイシテル!」の最高9位と累積売上1.4万枚をともに大きく上回り、いずれもシングル自己最高を記録する好調ぶりを見せた。

3位は、デビュー15周年を迎えた3人組ダンスボーカルユニット・w-inds.の最新シングル「Boom Word Up」(5月3日発売)。初週売上3.1万枚を記録した。w-inds.は、2010年6月発売の「Addicted to love」が2010/7/5付で3位を獲得して以来5年10ヵ月ぶり、また8作ぶりのシングルTOP3入りを果たした。

4位は、メンバー・川島海荷が7月をもってユニットを脱退することが発表された5人組ガールズユニット、9nine(ナイン)の最新シングル「愛愛愛」(5月3日発売)。初週売上2.0万枚で4位に初登場を果たした。9nineのシングルTOP10入りは通算7作目で、2013年11月発売の「Re:」(最高6位)から5作連続となる。

“楽器を持たない”女性6人組パンクバンド・BiSH(ビッシュ)のメジャー第1弾シングル「DEADMAN」(5月4日発売)は、初週売上1.9万枚で5位に初登場。表題曲のカップリング「earth」を小室哲哉が手がけたことでも話題の今作。インディーズ発売の前作「OTNK」の最高10位と累積売上1.1万枚をともに大きく上回り、BiSHは初のシングルTOP5入りとなった。


オリコンランキングはこちら
http://www.oricon.co.jp/rank/


160510-CI-022001

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人