レディオヘッド、5年ぶりの新作アルバムをデジタルリリース

レディオヘッドが、新作『ア・ムーン・シェイプト・プール』を、9日未明にデジタルでリリースした。

先週火曜日に突如新曲「Burn The Witch」を公開すると、金曜日にはポール・トーマス・アンダーソンがミュージックビデオの監督を務めた新曲「Daydreaming」とともに、新作を日本時間9日午前3時にリリースすることをアナウンス。新曲の発表前には突如バンドのウェブサイトやSNSがすべてブランクになるなど、今回も世界中で話題を呼んだ。

前作『ザ・キング・オブ・リムス』以来、約5年ぶり通算9枚目のスタジオアルバムとなる今作は、プロデューサーに、バンドの作品を長年にわたり手がけているナイジェル・ゴッドリッチを迎え制作。アートワークもファンにはすっかりおなじみとなったスタンリー・ドンウッドが手がけている。

さらには、2014年にジョニー・グリーンウッドが共演したロンドン・コンテンポラリー・オーケストラによるストリングスを大胆に取り入れ、今までにない作品が完成。2001年にリリースされたミニアルバム『アイ・マイト・ビー・ロング』にライブバージョンがリリースされていた「True Love Waits」のスタジオバージョンも収録されている。

夏にはサマーソニックにヘッドライナーとして出演が決定している彼ら。新作がどのようにライブで演奏されるのか注目だ。


リリース情報

2016.05.03 ON SALE
DIGITAL SINGLE「Burn The Witch」

2016.05.09 ON SALE
DIGITAL ALBUM『ア・ムーン・シェイプト・プール』


レディオヘッド Hostess OFFICIAL WEBSITE
http://hostess.co.jp/artists/radiohead/


160509-TR-140005

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人