映画「海よりもまだ深く」トークイベントにて、ハナレグミが主題歌を生披露

2016.05.08

先頃、第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門への正式出品が決定した、是枝裕和監督最新作「海よりもまだ深く」が、5月21日より全国公開。

今回、是枝監督が送りだすのは、“なりたかった大人”になれなかった大人たちの物語。今や国民的名優となったの阿部寛を主演に、真木よう子、小林聡美、リリー・フランキー、池松壮亮、吉澤太陽、橋爪功、樹木希林と豪華キャストが揃い、“海よりもまだ深い”人生の愛し方を教えてくれる、心に染みる感動作がここに誕生した。

そして、本日5月8日の「母の日」に、劇中で“ダメな息子”を演じる阿部寛、そんな息子をいつまでも愛する母親役を演じる樹木希林、そして本作の主題歌を歌うハナレグミと、是枝裕和監督による舞台挨拶が行われた。

母の日にちなみ、阿部さん、是枝監督、ハナレグミの3人が、自身の母親の思い出を語り、しんみりする中、樹木は希林節炸裂! 会場は笑いに包まれた。

そして3人の息子たちから、樹木へ200本のカーネーションをプレゼント。しかし、樹木は阿部を従えながら客席に赴き、その花束を観客にプレゼント! 突然のサプライズにとまどう息子たち(笑)。

なお、イベントではハナレグミが、本作の主題歌「深呼吸」を弾き語りで生披露! 涙を流して聴き入る観客も見受けられるなど、まさしく笑いと感動に包まれたイベントとなった。

【オフィシャルレポート】
「海よりもまだ深く」母の日トークイベント
日程:5月8日(日)
登壇者:阿部寛、樹木希林、ハナレグミ(永積崇)、是枝裕和監督
場所:スペースFS汐留

5月8日の“母の日”を記念して実施された本イベント。
阿部、樹木、ハナレグミ、是枝監督は登場後、それぞれに挨拶。

「天気の良い日に団地の方に見守られながら撮影しました。撮影は2年前でしたが、やっとみなさんに観ていただけることをうれしく思います」(阿部)
「この会場に来るとき、車の中から皆さんが日差しの強い中待っているの見て、本当に・・・ご苦労様です! 元が取れなかったらごめんなさいね」(樹木)
「こういう場は初めてなので緊張しています・・・自分のことを振り返りながら音楽をつけました。ぜひ聴いてみていただければと思います」(ハナレグミ)
「僕は母が亡くなって10年経つけど、母の日に花や何かをプレゼントしたことがないんです。この作品は自分にとってパーソナルな作品になっていますが、希林さんが母を演じてくれて、自分が住んでいた団地で撮ったものが、こういった母の日に上映されるということは、少しだけ罪滅ぼしになるかなと思っています」(是枝監督)

阿部は自身の役柄について尋ねられると「最初脚本を読んだときに、ここまで自分はやれるだろうか!? と思うくらいのダメ男を演じさせてもらいました。でも自分の幼い頃、こういう大人いたなとか思い出しながら演じましたね」とコメント。

是枝監督作品は5作目となる樹木。撮影現場について「是枝組の現場はいつもとがってなくていいわよ。わたしだけね、とがってるのは。映画をちゃんと作ろうという目的のためにみんながいるのよね。衣装が嫌だとかいう女優さんもいなかったし。わたしなんて、外出着と寝間着の区別がつかないような恰好だったわよ」と希林節全開で振り返ると、会場からは笑いが起こった。

監督が9歳から28歳まで実際に住んでいた、清瀬市の旭ヶ丘団地で撮影が行われた本作。是枝監督のいわば原点で撮られた本作が、世界のカンヌで上映されることについて是枝監督は、「僕が実際に母親と歩いた遊歩道を阿部さんと樹木さんが劇中で歩いていたりするんですが、撮影しているときに、自分の過去にタイムスリップしてみているような気がしたんです。決して自伝映画ではないんですが、特別な作品になりました。なので、世界の人たちがこの作品を観て、どういう感じ方をするのか、団地がどう映るのか気になりますね」とコメント。

本作の主題歌と劇中歌をすべて書き下ろししたハナレグミ。作詞作曲時のエピソードを尋ねられると「いろいろ質問したんですけど、監督はニコニコしているだけで、あまり答えてくれなかったです(苦笑)。でも、僕が曲を作るときは、ほぼ映像が出来上がっていたので、それを観て作れたことが良い音に仕上がったと思います」と明かした。

本作の主題歌である「深呼吸」について是枝監督は「自分がイメージを決めつけたくなかったのであまり何も言わなかったんですが(笑)、スタジオに行った際、メロディラインだけ聴いて、スタッフと一緒に感動しちゃって。歌詞に悩んでると言っていたので、“脚本の1ページ目に、<みんながなりたかった大人になれるわけじゃない>
と書いているんです”って話したら、出来上がった歌詞が“夢見た未来ってどんなだっけな”となっていて、ちょっと協力できたかなと思った(笑)」とコメント。

曲について尋ねられた樹木は「今、監督がおっしゃったような感動は一切わからないわね」というと、阿部さんは焦った様子で「僕は感動しましたよ(苦笑)。自分が演じた良多を救ってくれるような曲でした」と、すかさずカバー。

阿部と樹木が母・息子を演じるのは、「歩いても歩いても」に続き今回で2度目。今回の“樹木お母さん”について阿部は、「団地という狭い空間の中で樹木さんと至近距離でガッツリお芝居ができてすごいうれしかったです」とコメント。それを受け樹木が「私は圧迫感がありましたよ。団地の小さいお風呂にぎゅーと入っていて、前はローマ風呂に入っていたのにかわいそうだったわよ」とコメントすると会場からは笑い声が。

樹木に今回の母親役を受けてもらえなかった場合、本作を作るのを諦めるつもりだったという是枝監督。そこまで強い思いで樹木を母親役に選んだ理由について是枝監督は「脚本を練り始めたのが、<歩いても 歩いても>の翌年だったんですが、もう一度この親子を撮りたいと思っていたので、阿部さんと希林さんの2人をアテ書きしていました。それ以外の人は想像できなかった」と明かした。

また、樹木の母親像についてハナレグミは「何気ない物音や気配など、自分の母親と似ていることがいっぱいあって本当に驚きました。家族って“音”を確認しながら生活しているのかもなと、ふと思いましたね」とコメント。

本作で見事に愛すべきダメ息子を演じている阿部だが、男性陣が自身のことをダメ息子だなぁと感じた瞬間を尋ねられると、それぞれの想いを吐露。

「僕は25歳ぐらいまで実家にいましたが、花とかを渡したことが一度もなかった。
劇中での良多もそうですけど、少し冷たく接してしまったこともありました」(阿部)
「お金を借りたまま返してないです・・・最近も借りたんですけど、会うたびに返しなさいよ! と言われます・・・」(ハナレグミ)
「おこづかいをあげたことがなくて、40歳のとき初めて3万円渡したんですけど、信じられないくらい喜んだんですね。こんなに喜ぶならもっと早くからあげればよかったと思いましたね」(是枝監督)

当日は、母の日にちなみ、阿部、是枝監督、ハナレグミから、樹木へ、スペシャルプレゼントを用意! 代表して阿部から大きな200本ものカーネーションの花束がプレゼントされ、「2度も母親を演じてくれてありがとうございました。これからもよろしくお願いします!」とメッセージを寄せた。

樹木は「こんなお花買うお金があるんだったら、もっと何かあるでしょうに・・・でもありがとう。」とコメント。しかし、こんなにたくさん貰えないからという理由で花を客席に配り始める樹木! 阿部と共に配る姿は本当の母子の姿を伺わせた。

最後にそれぞれ挨拶し、イベントは終了。

「誰にでも起こりうる日常を描いていますが、その瞬間のひとつひとつが自分にとって見覚えのある瞬間だと思います。そんなことをを思い出してほしいです」(ハナレグミ)
「最初に希林さんに言われたのが、“なんでもない日常を演じるのは、役者にとっていちばん大変なことなのよ、それをわかってるの?”って(笑)。すべてのシーンに皆さん見覚えがあると思います。役者さんが演じることで、日常をかけがえのない時間だと思える映画に仕上がっていると思います」(是枝監督)
「母親が、自分の息子に強い想いを寄せるというのは、母親自身がここまで育てあげたと褒めてほしいからだと思うのよ。でもね、誰かと比較して子供のことをとやかく言ったり、想うのは意味がないことだと思います。期待はしたけど、そこそこに。ある程度の諦めも大事なのね。だからこの映画の中の母と息子の関係は好きになりました」(樹木)
「辛い想いや大変な想いばかりをさせたまま逝ってしまった母ですが、今日この母の日に、この作品でこういったイベントができて、空から見守ってくれてるんじゃないかと思います。みなさん本日はどうぞ楽しんでください」(阿部)

上映後は、是枝監督とハナレグミ(永積崇)によりトークセッションを実施。是枝監督による音楽を絡めた撮影秘話や、永積による製作秘話、またそれぞれに母親の思い出などを語った。

当初、タイトルがなかなか決まらなかったという永積。「劇中で阿部さん演じる良多が、父親の形見である硯を背中を正してするシーンがあって、人って一本筋を通そうとするときって深呼吸するじゃないですか。なのでその姿を思って、<深呼吸>とつけました」と明かすと、是枝監督は「僕はさっきこの話を聞いたんですけど、知らなかったから感動しちゃって。ずっと背中を丸めて生きてきた男が、父を想って背筋を伸ばすシーンなんですが、ここのシーンにすべてが込められているから、作品の想いをしっかりと汲み取っていただいて、とてもうれしかったです。」と感極まった様子でコメントした。

この日、ハナレグミは本作の主題歌「深呼吸」を弾き語りという形で披露! その歌声とメロディに観客は聴き入る様子を見せ、中には涙を流す人も見られた。

また、この「深呼吸」のミュージックビデオを是枝監督自ら手掛けたことも発表。本作で阿部の後輩を演じた池松壮亮を起用し、映画のサイドストーリーという位置づけで撮ったことを明かした。是枝監督は「とっても素敵な仕上がりとなっているので、ぜひ楽しみにしていてください」とメッセージを寄せた。


映画情報

「海よりもまだ深く」
2016年5月21日(土)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー他 全国ロードショー
原案・監督・脚本・編集:是枝裕和(「海街diary」「そして父になる」)
出演:阿部寛 真木よう子 小林聡美 リリー・フランキー 池松壮亮 吉澤太陽 / 橋爪功 樹木希林
配給:ギャガ
(C)2016 フジテレビジョン  バンダイビジュアル  AOI Pro.  ギャガ


リリース情報

2016.05.25 ON SALE
ハナレグミ
SINGLE「深呼吸」


「海よりもまだ深く」映画サイト
http://gaga.ne.jp/umiyorimo/

ハナレグミ OFFICIAL WEBSITE
http://www.hanaregumi.jp/


160508-CI-214001

160508-CI-214002

160508-CI-214003

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人