ASH DA HERO、真夜中のZepp Fukuokaで1500人を魅了!初披露ソングを含む全9曲の圧巻のパフォーマンス

6月15日にニューアルバム『THIS IS LIFE』をリリースするASH DA HEROが、5月6日、まもなく閉館を迎えるZepp Fukuokaにて行われた「VAMPS LIVE 2016 ZEPP FUKUOKA THE FINAL PARTY」のオールナイトイベントに出演した。

ASH DA HEROとVAMPSの共演は今回で3度目。 昨年11月、“VAMPS LIVE 2015-2016 JOINT 666”では、彼のことを知る者がほとんどいないなか、メジャーデビュー前にもかかわらず、あっという間に観客の心を惹きつけてしまった姿が記憶に新しい。そして迎えた今回のステージ。VAMPSのライヴを見終え、深夜0時を回ろうとしているこの時間に残っている観客は、この男を目当てに集まったといっても過言ではない。

期待が渦巻くなか、登場したASH DA HEROを熱狂的な歓声が待ち受けていた。オープニングはニューアルバム『THIS IS LIFE』の1曲目を飾る初披露の新曲「You Gotta Power」。開始早々、力強いボーカルに圧倒される会場。続く「結局なんにもやれてない」で自然と観客の体も縦に揺れ出す。

ここで自己紹介の挨拶、と思いきやASHから発せられた第一声は「本当に~?」というものだった。こんなにもたくさんの観客が自分のために集まってくれたことが信じられない様子で、集まった観客を見渡しながら、そう何度も繰り返すASHの表情は本当にうれしそうだ。そして「みなさんの夜更かしを損にはさせない」と力強く言い放つと、メジャーデビューアルバム『THIS IS A HERO』から「反抗声明」、「WAKE UP ROCK AND ROLL BAND」とアッパーチューンを立て続けに披露。サビでは大合唱も起こり、会場は一体感に包まれた。

『THIS IS LIFE』に込めた想いを語り、演奏された曲は、ニューアルバムのリードトラックとなる「Everything」。アルバムのテーマでもある、“世界の現状”“平和への願い”“二律背反“、正義とは?悪とは?夢や希望とは?というメッセージが詰まった、アルバムを象徴するようなロックバラードを壮大に歌い上げた。続く「GOOD MORNING HELLO GOOD BYE」では、これまでの力強い歌声とは一転してASH DA HEROの優しい歌声で会場を包み込んだ。

そしてライヴは終盤へ。すでにライヴでは定番となっている、新曲「HELLO NO FUTURE」では、見事なコール&レスポンスで、彼の合図に合わせて無数のタオルが宙を舞った。続く「THIS IS LOVE」で会場の熱気は増し続ける。この曲はVAMPSとの最初の対バンのステージで1曲目に披露し、観客の度肝を抜いた曲だ。ラストは「Prologue」で締めくくり、そこにいる誰もが深夜であることを忘れて熱狂したステージは幕を閉じた。

VAMPSとの最初の対バンからわずか半年。新たな楽曲たちを携えて、ASH DA HEROは明らか成長を遂げていた。6月にはニューアルバムをリリース、7月からは東名阪をまわるワンマンツアーをスタートさせるASH DA HERO。今後の活動にも期待してほしい。

PHOTO BY 田中和子


リリース情報

2016.06.15 ON SALE
ALBUM『THIS IS LIFE』


ライブ情報

ASH DA HERO ONE MAN TOUR 2016 「THIS IS LIFE」
07/27(水)東京・TSUTAYA O-WEST
08/19(金)大阪・大阪 MUSE
08/26(金)愛知・名古屋 Electric Lady Land


ツアー特設ページ
http://www.ashdahero.com/adhtour2016/

ASH DA HERO OFFICIAL WEBSITE
http://www.ashdahero.com/


160507_ST_114302

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人