NGT北原が自ら宣言。「48グループのなかで、パンチラさせたら一番」

NGT48発足時の「新潟の女になりました」宣言でも話題を呼んだ、NGT48キャプテン・北原里英が、話題の映画「任侠野郎」(監督:徳永清孝)の完成披露試写会に登壇した。

映画「任侠野郎」は、漫画家の蛭子能収が、俳優として長編映画初主演を務めた任侠映画。蛭子が演じるのは、かつて関東一円に名を響かせた元若頭の柴田源治。源治は、過去と決別し静かに暮らしていたが、義理と人情が絡み合い、抗争に巻き込まれていく。脚本は「HK 変態仮面」「薔薇色のブー子」「コドモ警察」「勇者ヨシヒコ」シリーズなどの映画やTVドラマの監督や脚本で知られる福田雄一。

5月4日に、東京・スペースFS汐留にて開催された「任侠野郎」完成披露試写会には、蛭子能収、トリンドル玲奈、北原里英(NGT48)、やべきょうすけ、福田雄一、徳永清孝監督が登壇。

福田雄一が「ズレてるものが好きなんですよ。ベタな流れで大きな間違い。今回は主役が間違っている!!」と本作のコンセプトを説明し、以前から交流のあった徳永監督とイタリアンで何気なく話をしていたところにプロデューサーが現れ、なんと10分間の打ち合わせで本作品の映画化が決定したという驚きのエピソードも披露した。

「(パン)チラどころじゃないよ(笑)」

北原里英は、映画で蛭子演じる源治と敵対する、榊組・組長(佐藤二朗)の愛人役を熱演。「また今回も体を張るシーンが多いなと思ったんですけども、AKB48グループのなかで、パンチラさせたら、一番だっていうプライドを持って挑ませていただきました」と意気込みを語ると、福田雄一から「チラどころじゃないよ(笑)」突っ込まれる場面も。

ドラマ「みんな!エスパーだよ!番外編〜エスパー、都へ行く〜」(2015年)でのアイドルらしからぬ大胆演技でAKBファンを騒然とさせた北原だけに、今回の映画も期待(?)できそうだ。

加えて、イベントでは、蛭子能収が北原のことを“キタハラサトミ”(石原さとみと混同?)と間違えて呼んでいたというエピソードを福田雄一が暴露。北原は「惜しかったです(笑)」と言いつつも、ぼんやりとでも自分の名前を覚えてくれていた蛭子に対して「でも、うれしかったです」とフォロー。チームワークの良さを垣間見せた。

AKB、NGTファンも必見の映画「任侠野郎」は、6月4日より全国順次公開される。

160505-CI-105002


映画情報

「任侠野郎」
6月4日(土)全国順次公開
出演:蛭子能収
柳楽優弥 トリンドル玲奈 安田顕
大谷亮介 中尾明慶 やべきょうすけ 橋本マナミ 北原里英(NGT48)大悟(千鳥)
橘ケンチ(EXILE)/佐藤二朗
監督:徳永清孝
脚本:福田雄一
配給:KATSU-do
主題歌:ARCHAIC RAG STORE「LOVE SONG」
挿入歌:蛭子能収「任侠野郎」
(C)2016『任侠野郎』製作委員会


映画公式サイト
http://ninkyo-yaro.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人