注目の新鋭ロックバンドLenny code fiction、アニメ「D.Gray-man HALLOW」OPに抜擢

2016.05.02

7月よりテレビ東京系で放送がスタートするアニメ「D.Gray-man HALLOW」のオープニングテーマを、スタイリッシュなビジュアルとパワフルなサウンドが魅力の新鋭ロックバンド、Lenny code fiction(レニーコードフィクション)が担当することが決定した。

片桐航(vo&g) 、kazu(b)、ソラ(g)、KANDAI(ds)からなるLenny code fictionは、平均年齢22歳、片桐航を中心に滋賀で結成された4人組ロックバンド。華やかな容姿に加え、サウンドプロデューサーにONE OK ROCKなどを手掛けるAkkinを迎えた、パワフルなサウンドの中に煌めきが散りばめられたキャッチーな楽曲が魅力だ。

さらに前身バンドでは10代限定の日本最大級のオーディションフェス『閃光ライオット2012』のファイナリストにも選ばれた実力を持つ。

ただし、気になるバンドのビジュアルや楽曲についての情報はまだ発表されていないため、今後発表される詳細に関してはオフィシャルサイトをチェックしてほしい。

「ジャンプSQ.CROWN」(集英社刊)にて連載中、コミックスは24巻まで刊行(以下続刊)の星野桂原作による「D.Gray-man(ディー・グレイマン)」は、シリーズ累計2,250万部突破という圧倒的な発行部数を誇るダークファンタジーの金字塔ともいえる大ヒット作。2006年にはTVアニメ化され、テレビ東京系列にて全103話が放送された。

前作の放送から約10年を経て、ついに2016年7月よりTVアニメでの新シリーズが放送決定。話題を呼んでいる。

Lenny code fiction コメント
片桐航
本当に好きな世界観のアニメだからこそ中途半端な作品にはしたくないという気持ちがまず初めにありました。
なので、作品の中の感情と自分が思っている現在の心情と同じ部分を再確認し、それを自分なりの言葉でどう表現できるか納得行くまで考えることができました。
シリアスさ綺麗さの中にも力強さのあるサウンドを目指したのも、原作を読んでいて抱いた感情をそのまま表現した結果でした。
好きなものだからこそとことんこだわり、そして満足のいく作品ができました。単純だけれどそれがすべてです。
このアニメに携われたことを誇りに思います。

kazu
このたび「D.Gray-man HALLOW」の主題歌を担当することが決まり、とても運命を感じました。
星野先生と地元が同じ、出身の学校も同じということもあり、中学生の頃から読んでいた大好きな漫画でした。
メンバーと「どんなアニメの主題歌をやりたいか」という話題になったときも、いちばんに「D.Gray-man」が思い浮かびました。
しかし当時は新シリーズが始まるとも知らず、所詮は個人の希望でしかありませんでした。
なので本当にこのお話が決まったときはとてもうれしかったです。
僕も待ち遠しく思っていた新シリーズ、みなさんと一緒に楽しめたらと思います。


「D.Gray-man HALLOW」番組サイト
http://dgrayman-anime.com/

Lenny code fiction OFFICIAL WEBSITE
http://lennycodefiction.com/


160502-YM-16450001

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人