DIR EN GREY、武道館映像作品アートワーク解禁!7月にはシングルも

2016.05.02

今年6月からスタートするDIR EN GREYの全国ツアー『TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________』シリーズ。その第1弾となる6月~7月実施の『TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of VULGAR]』に続く第2弾『TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of DUM SPIRO SPERO]』の詳細が明らかになった。

『TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of DUM SPIRO SPERO]』は2011年8月リリースの8thアルバム『DUM SPIRO SPERO』のタイトルをツアー名に冠したもので、9月16日の京都・KBSホールを皮切りに10月3日の大阪・なんばHatchまで全国5都市で9公演を予定。『DUM SPIRO SPERO』の世界観を、久しぶりにたっぷり堪能できる貴重な機会なだけに、『TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of VULGAR]』から引き続き足を運んでおきたいところだ。

チケット一般発売に先駆けて、本日5月2日から、オフィシャルファンクラブ「a knot」会員先行受付もスタート。6月以降には「a knot」入会キャンペーン対象受付や、オフィシャルモバイルサイト、オフィシャルサイト先行受付も実施されるので、各スケジュールの確認をお忘れなく。

なお、『TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of VULGAR]』のチケットは現在発売中。11月にはツアー第3弾『TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of 鬼葬]』も控えているので、今後の展開にも注目しておこう。

また、6月29日にリリースされるライブBlu-ray&DVD『ARCHE AT NIPPON BUDOKAN』のジャケット画像も公開された。アートワークには草原で日の丸を背に、アルバム『ARCHE』のジャケットに登場するARCHE像がそびえ立つという非常に印象的なもの。今年2月5・6日に行われた武道館2DAYS公演の衝撃と感動を、ぜひこのパッケージで追体験してほしい。

さらに、7月27日には、待望のニューシングル「詩踏み」をリリース。そして、発売を記念して、同作の完全生産限定盤を予約した人を対象とした予約会およびインストアイベントが、全国20ヵ所で開催される。

予約会は6月5日から26日にかけて愛知、福岡、神奈川、宮城、新潟、大阪、岡山、北海道、東京で実施。インストアイベントは7月27日から8月7日にかけて東京、愛知、福岡、埼玉、京都、宮城、岡山、三重、広島、兵庫で行われる。各会場にはDIR EN GREYからメンバー1名が参加する予定だ。


ライブ情報

TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of VULGAR]
06/03(金) 愛知・Zepp Nagoya
06/04(土) 愛知・Zepp Nagoya
06/11(土) 宮城・仙台PIT
06/12(日) 宮城・仙台PIT
06/16(木) 大阪・なんばHatch
06/17(金) 大阪・なんばHatch
06/19(日) 岡山・倉敷市芸文館
07/01(金) 東京・新木場STUDIO COAST
07/02(土) 東京・新木場STUDIO COAST

TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of DUM SPIRO SPERO]
09/16(金)京都・KBSホール
09/17(土)京都府・KBSホール
09/20(火)東京・中野サンプラザ
09/21(水)東京・中野サンプラザ
09/23(金)長野・ホクト文化ホール
09/28(水)愛知・Zepp Nagoya
09/29(木)愛知県・Zepp Nagoya
10/02(日)大阪府・なんばHatch
10/03(月)大阪府・なんばHatch


リリース情報

2016.06.29 ON SALE
Blu-ray&DVD「ARCHE AT NIPPON BUDOKAN」

2016.07.27 ON SALE
SINGLE「詩踏み」




DIR EN GREY OFFICIAL WEBSITE
http://direngrey.co.jp


160502-YM-13050000

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人