今がチャンス!?3000万円でカート・コバーンの実家(サイン入り)が買える

いつの時代にもカリスマはいる。カート・コバーンも、90年代を代表するカリスマのひとりだ。

ニルヴァーナのフロントマンとして活動した彼は、1991年に発表したアルバム『ネバー・マインド』で4000万枚を超えるヒットを飛ばし、「グランジロック」ムーブメントを牽引した。

その後、人気絶頂の1994年に猟銃自殺によって、27年という短い生涯に幕を下ろした。

そんなカリスマ、カート・コバーンの生まれ育った家が、破格の値段で売りに出されている。

 

ロックスターの生まれ育った家が、3000万で買える!

売りに出されているのは、アメリカのワシントン州アバディーンにある一軒家。この家で、カート・コバーンは2歳から9歳までの幼少期と、両親が離婚した後の思春期を過ごした。

気になるお値段は、2016年4月現在で26万3263ドル(約2850万円)。2013年に売りに出された当初の値段は50万ドル(約5400万円)なので、半額近くの大幅値下げだ。

 

ファン必見!カートの思春期の痕跡


しかもこの家には、カートの思春期の痕跡が数多く残されている。例えば、壁にはカートが夢中になっていたアイアン・メイデンやレッド・ツェッペリンの名が書かれた「落書き」、そして思春期の拳が開けた「穴」が残っている。

「郊外にある1992年製の屋根裏部屋付きの平屋」にしては高額かもしれないが、世界的ロックスターの生まれた家としての文化的価値を考えれば……。

ロックの歴史において重要な人物の貴重な生家が、しっかりと管理されていないことは問題だという声もある。

過去にはファンやジャーナリストによって、「カート・コバーン・ミュージアム」として管理するための募金活動が行われたこともあったが、集まった金額が売却額に遠くおよばず、挫折。現在も一般の不動産市場で販売されたままだ。

 

一方、ビートルズメンバーの実家は……

ところで、60年代にロックを一躍人気音楽ジャンルにした立役者、ビートルズのメンバーの生まれた家はどうなっているのだろうか。

例えば、ジョン・レノンが5歳から住んでいたリバプールの家は、妻オノ・ヨーコによって購入され、歴史的建造物を保護する団体であるナショナル・トラストへと寄付され、観光資源として管理されている。

またポール・マッカートニーの育った家も同様にナショナル・トラストによって管理されており、ビートルズ初期にジョンとポールが曲作りをしていた部屋もきれいなままに残っている。

さらにはジョンとポールが初めて出会った場所である、セント・ピーターズ教会の裏にあるには記念プレートまで設置されているほどの徹底ぶりで、ビートルズの痕跡は文化財産として守られているのだ。

 

ロックスターは国の宝、そして人類の宝だ。カート・コバーンの実家も、放置されることなくしっかりと管理されることが望まれる。

 

PHOTO:(C) july97 – Fotolia.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人