ここまで来るともはや怖い。愛が深すぎる「ヤバイ女」とは!?

“好き”は時に狂気となる──。

片思いにせよ、付き合っているにせよ、“愛”が深過ぎると生まれる「嫉妬」や「束縛」。相手のことを思うからこそ、そのような気持ちが生まれるのはわかるのですが、度が行き過ぎてしまうと時に相手が“恐怖心”を抱く場合もあります。

近頃、「浮気」「不倫」などのドラマも多くなってきている今、愛に溺れる“ヤバイ女”が描かれている楽曲も増えてきているんです!

 

一青窈「他人の関係 feat. SOIL&“PIMP”SESSIONS」

愛した後 おたがい他人の二人 男と女
そして一人とひとり あなたは私のこと
忘れていいわ 迷ってきてもいいのよ
私何度でも きっと引きもどす もどしてみせる

以前放送されて話題になったドラマ「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」の主題歌。この原曲となっているのが、1973年に金井克子が出した大ヒット曲「他人の関係」です。ドラマのテーマでもある「不倫」にぴったりの艶っぽい歌詞と、“パッパッパヤッパー”といったフレーズも耳に残っている人も多いのでは?

 

back number「助演女優症」

肌に触れてこんなにも きっと毒でも塗ってあったのね
あなたの好きにすれば良い 私の望んだものはもう全部
あなたの心以外 今ここにあるから

相手には好きな人がいて、それを知っているにも関わらずその人を好きになってしまった。「どうして私だけがこんなことに──」といろんなことを思っているうちに、勝手に自分を“悲劇のヒロイン”にしてしまっていませんか? そういう人は、不幸を周囲にアピールして同情を引き、心を安心させている可能性があります。それを“面倒”と思う人も多いかも。

またback numberには続く「助演女優症2」という曲もあり、この曲と合わせて歌詞とともに聴いてみることをオススメします。

 

安室奈美恵「Mint」

見つめられたら最後 離れられないの
He’s mint He’s mint
冷たい目の態度 それすらも最高

「大人の男と女の極上心理サスペンス」と銘打つ、現在、関西テレビ・フジテレビ系火曜22時にて放送中の連続ドラマ「僕のヤバイ妻」の主題歌。ドラマの今後も気になるところですが、楽曲もミステリアスなギターフレーズ、そしてシリアスかつスリリングな曲の展開はまさに主題歌にピッタリで、大人な魅力が存分につまっている一曲になっています。

また、歌詞に注目してみると、クールな彼を“He’s mint”と比喩。単なる皮肉にも取れますし、清涼感ある食べ物として、女性に人気なミント。肉・魚料理、スイーツ、カクテル、ティーなど、好きな人はとことんハマってしまうのがミントの恐ろしさ(笑)。裏読みすると、なかなか奥深い女心が隠されているのかもしれませんね。

 

全曲聴いてみると、やはりどの曲も“ヤバイ”の裏側に「本当の愛」というものがひしひしと伝わってきます。

しかし「嫉妬」や「束縛」は、相手も自分も疲れて心が崩壊してしまいます。もしそのような気持ちが芽生えたらすぐに相手に言うのではなく、まずは一息置いて一度自分を見つめ直してみることが必要なのかもしれません。

TEXT BY 別東彩子
PHOTO:(C) beeboys – Fotolia.com

編集部オススメ作品

安室奈美恵
2016.05.18 ON SALE
SINGLE「Mint」
Dimension Point

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人