未練タラタラ?元恋人へ歌った曲は必ず大ヒットする!?

昨年3月、イギリスの世界的人気ボーイズグループ、ワン・ダイレクション(以下、1D)を脱退したゼイン・マリク。「普通の22歳に戻りたい」という理由で1Dを去ってしまった彼が、「ZAYN」という名でソロデビューを果たした。

先日公開された新曲「ピロウトーク」のミュージックビデオは、全編にわたり恋人であるジジ・ハディッドとの濃厚な絡みを披露し、全米のみならず世界各国から注目を浴びた。

その理由は、昨年の夏にゼインが1D時代から付き合っていたガールズグループ、リトル・ミックスのペリー・エドワーズと電撃婚約解消したことにある。腕にペリーの似顔絵タトゥーを彫るほど、溺愛していたゼインがなぜ……と戸惑うファンも多かったのでは。

しかし、ゼインが3月25日に発売したアルバム『マインド・オブ・マイン』に「イッツ・ユー」というペリーのことを歌った楽曲が収録されているのだ。

元恋人への想いを歌ったアーティストはゼインだけではない。しかも、なぜかその“未練たらたらソング”が異例の大ヒットを記録したりしている。今回は大ヒットした楽曲をいくつかご紹介しよう。

 

ZAYN→元カノ・ペリー・エドワーズ


前述したとおり、ニューアルバムに収録されている楽曲「iT’s YoU」は婚約解消した元恋人・ペリーへ向けて歌った曲だと報じられている。

感傷的な歌詞からは、ペリーがゼインに嘘をついたことが破局の原因と捉えることができ、イギリスのタブロイド紙「ミラー」や「ザ・サン」は大騒ぎ。そして2月には脱退後初めてアメリカのテレビ番組に出演し、同楽曲を披露。大歓声が巻き起こった。

大失恋など、様々な苦難を乗り越えたゼインが新生「ZAYN」として、今後どんな楽曲を披露するのか期待が高まるばかりだ。

 

テイラー・スウィフト→元カレ・ハリー・スタイルズ(ワン・ダイレクション)


第58回グラミー賞で「最優秀アルバム賞」を受賞したテイラー・スウィフトの5thのアルバム『1989』。

同アルバムの代表曲といっても過言ではない「シェイク・イット・オフ〜気にしてなんかいられないっ!!」は、女性を前向きな気持ちにさせてくれる歌詞が人気を博し、日本のCMに起用されたことでも話題になった。

そんな大ヒット曲には、元カレが新しい彼女を連れてきたときの心境を歌っているフレーズがあるのだが、それは1Dのハリー・スタイルズではないかと報じられている。

他にも、4thアルバム『レッド』に収録されている「トラブル」はハリーについて歌っているという噂も。

2013年2月に行なわれた「ブリット・アワード」終了後、その噂について英紙に直撃されたテイラーは、まったく否定せず、元カレの前で歌うことに少し動揺したと語った。

どちらの失恋ソングも大ヒットしたことから、様々な賞を受賞したテイラー。現在は新恋人と素敵なデートが報じられるなど、公私ともに絶好調な様子。また失恋ソングを発表する日は来るのだろうか。

 

ワン・ダイレクション→元カノ・テイラー・スウィフト?


昨年11月に発売された4人で初となるアルバム『メイド・イン・ザ・A.M.』に収録されている楽曲「パーフェクト」。

“君が作る失恋ソングの相手を探しているのなら、僕がぴったりだ”というような内容のフレーズから、テイラー・スウィフトのことを歌っているのではと話題になっている。

1Dはこの報道に否定しているが、「失恋ソングを多く発表しているのって、テイラーしかいないでしょ」と連想させ、テイラーの楽曲「スタイル」のアンサーソングだと考えるファンも多くいるのだとか。

 

他にも、ジャスティン・ビーバーが元カノであるセレーナ・ゴメスについて歌ったとされる楽曲「ワット・ドゥー・ユー・ミーン?」など、現在のヒットチャートのほとんどが失恋ソングな気もするが、そんな切ない曲が世界中の人を魅了させていることは間違いない。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人