【今週のオリコン】小田和正が、アルバム首位獲得最年長記録を更新

【アルバム】
シンガーソングライター小田和正にとって、キャリア46年の集大成となる自身初のオールタイムベストアルバム『あの日あの時』(4月20日発売)が、発売初週に13.1万枚を売り上げ、今週発表の最新5月2日付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:4月18日~24日)で初登場1位を獲得した。

今回のアルバム1位獲得を68歳7ヵ月で達成した小田は、矢沢永吉の同・達成年齢63歳8ヵ月(2013年5月27日付で当時歴代1位だった小田の63歳7ヵ月を更新して記録)を上回り、「アルバム首位獲得最年長アーティスト」歴代1位の座に返り咲いた(※同・歴代3位は浜田省吾の62歳5ヵ月)。なお小田のアルバム1位獲得作品数は通算10作目(男性ソロ歴代5位タイ)となる。

今作には、オリコンランキング史上シングル歴代9位の累積売上258.8万枚を記録している両A面シングル「Oh!Yeah!/ラブ・ストーリーは突然に」(1991年2月発売)をはじめ、映画「64-ロクヨン-前編/後編」の主題歌となる新曲「風は止んだ」、またオフコース時代のセルフカバー「さよなら」や「愛を止めないで」など全50曲を収録。

小田は、今作を引っ提げて行う全国ツアー『明治安田生命Presents「KAZUMASA ODA TOUR2016 君住む街へ」』の開催を控えており、同ツアーは4月30日の静岡エコパアリーナ公演を皮切りに、10月30日の沖縄・宜野湾海浜公園屋外劇場公演まで、半年にわたって24ヵ所48公演で約34万人の動員を予定している。

なお、小田が在籍した音楽グループ、オフコースの『OFF COURSE BEST“ever”』(週間売上0.1万枚/2015年12月発売)が先週付の180位から42位に再浮上。2016年2月1日付で42位を獲得して以来のアルバムTOP50入りを果たした(同作の最高位は、発売初週にあたる2015年12月28日付で獲得した9位)。

2位は、私立恵比寿中学の最新アルバム『穴空』(読み:アナーキー/4月20日発売)。初週売上4.2万枚を記録した。私立恵比寿中学は『金八』が獲得した最高2位とならんでアルバム自己最高位タイを記録するとともに、発売初週にして同じく『金八』の累積売上4.2万枚を上回り、アルバム過去最高売上を記録した。

3位には、人気アニメ「おそ松さん」のドラマCD第3弾『おそ松さん6つ子のお仕事体験ドラ松CDシリーズおそ松&チョロ松「TVプロデューサー」』(初週売上2.7万枚/4月20日発売)が初登場。同ドラマCDシリーズは第1弾から今作まで、3作連続のアルバムTOP3入りを達成している。

そして、LiSAのデビュー5周年記念ミニアルバム『LUCKY Hi FiVE!』(初週売上2.0万枚/4月20日発売)が4位に初登場。また5位には、先週付で1位を獲得した氷室京介のオールタイムベスト『L’EPILOGUE』(週間売上2.0万枚/4月13日発売)がランクインし、同作は2週連続TOP5入りとなった。

先週4月22日に訃報が報じられたプリンスの最新アルバム『ヒット・アンド・ランフェーズ・ワン』(週間売上0.1万枚/2015年9月発売)が先 週付のアルバムTOP300圏外から59位に再浮上(累積売上1.0万枚)。これまでの自身の楽曲をアーカイブ、および再構築して世に発表することをテー マとした作品で、その後半となる『ヒット・アンド・ランフェーズ・ツー』は来月5月27日発売予定となっている。

なお、オリコンアルバムランキングにおける現時点でのプリンスの自身最高売上作品は『パープル・レイン』(1984年7月発売)で、累積19.8万枚(LP、カセット、2009年 再発CDの合計)。また、自身最高順位は『アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイ』(1985年5月発売、累積10.0万枚(LP、カセット、 2009年再発CDの合計))およびプリンス&ザ・ニュー・パワー・ジェネレーション名義による『ラヴ・シンボル』(1992年10月発売、累積8.4万 枚)でそれぞれ獲得した3位となっている。

【シングル】
ジャニーズWESTの最新シングル「逆転Winner」(4月20日発売)が発売初週に11.5万枚を売り上げ、今週発表の最新5月2日付オリコン週間シングルランキング(集計期間:4月18日~24日)で初登場1位を獲得した。

ジャニーズWESTのシングル1位獲得は通算4作目で、前々作の「ズンドコパラダイス」(2015年2月発売)以来3作連続。初週売上枚数は前作「バリハピ」(2015年7月発売)の10.1万枚を上回った。

メンバーの桐山照史が、NHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」に出演するなどメンバー個々の活躍も目立つ中、CDデビュー2周年を迎えて上り調子にあるジャニーズWEST。シングル5作目となる今作の表題曲は、読売テレビ・日本テレビ系アニメ『逆転裁判~その「真実」、異議あり!~』のオープニングテーマに起用されている。

2位は、℃-uteの「何故人は争うんだろう?/Summer Wind/人生はSTEP!」(4月20日発売)。初週売上6.0万枚で、シングル自己最高位タイを記録した。

そして、AOAの最新シングルで、西川貴教(T.M.Revolution)とのコラボを果たした「愛をちょうだいfeat.TAKANORI NISHIKAWA(T.M.Revolution)」(初週売上3.0万枚/4月20日発売)が3位に初登場。今作でAOAは、前々作「Like a Cat」の4位を上回る自己最高位を獲得するとともに、発売初週にして前作「胸キュン」の累積売上2.6万枚を更新し、シングル過去最高売上を記録した。

4位にランクインしたのは、アイドルグループ、欅坂46のデビューシングル「サイレントマジョリティー」(週間売上1.6万枚/4月6日発売)。3週連続TOP5入りとなった。

5位には、ソーシャルゲーム「アイドルマスターSideM」に登場するアイドルユニット、Cafe Paradeの初シングル「THE IDOLM@STER SideM ST@RTING LINE -10 Cafe Parade(Cafe Parade!)」(初週売上1.3万枚/4月20日発売)が初登場。なお、同じく同ゲームに登場する、神速一魂の初シングル「~-09 神速一魂(バーニン・クールで輝いて)」(初週売上1.1万枚/4月20日発売)も8位に初登場を果たしている。

10位以下では、福岡を拠点に活動する平均年齢14.0歳の6人組アイドルグループ、ばってん少女隊が、メジャー第1弾シングル「おっしょい!」(初週売上0.9万枚4月20日発売)が、インディーズ時代の「ばってん少女。」で獲得した19位を大きく上回り、シングル自己最高位となる10位に初登場。初のTOP10入りを果たした。

また、ネット発ボーカリスト、ぐるたみんのメジャー第1弾シングル「GIANT KILLING」(初週売上0.6万枚/4月20日発売)が15位にランクイン。インディーズ時代の前作「JOURNEY」(最高24位)超えてのスタートとなった。

その他のトピックとしては、SMAPの「世界に一つだけの花(シングル・ヴァージョン)」が、30位にランクイン(週間売上0.2万枚、累積売上268.6万枚:2003年3月発売)。オリコン週間シングルランキングTOP200におけるランクイン週数が通算200週の大台に到達した。

同ランキングがTOP100からTOP200へ拡張した2002年12月2日付以降では、夏川りみ「涙そうそう」(2001年3月発売)232週、中島みゆ き「地上の星/ヘッドライト・テールライト」(2000年7月発売)202週、に次いで第3位となるロングセールス記録となった。

また、TOP100圏内においては114週目のランクインで、集計を開始した1968年以降の歴代記録では、現在第8位に位置している(1位は中島みゆき「地上の星/ヘッドライト・テールライト」183週)。


オリコンランキングはこちら
http://www.oricon.co.jp/rank/


160426-YM-00330001

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人