GLAYのツアー千秋楽で、TERUが初のエレキギター披露

GLAYが、7年8ヵ月ぶりにオリコン週間シングル1位を獲得した「G4・IV」を引っ提げ、全国19ヵ所30公演に渡るホールツアー『GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2016“Supernova”』を開催。そのファイナルとなる日本武道館公演が4月21・23・24日に行われた。

ライブは「G4・IV」に収録されたJIRO作曲の「Scoop」より本編がスタート。続けて「千ノナイフガ胸ヲ刺ス」を披露。最初のMCでは、TERUが「今回のツアーでこの言葉を言うのは最後になりますが、ただいま!」と挨拶し、「30本に及ぶ長いツアーも今日で最後になってしまいますけども、みなさん心の準備はできてますか? 明日のことは考えず、思い切り暴れていこうぜ!」と会場を沸かせた。

その後、20年を超える活動を表すかのように、新旧様々な楽曲を披露。本編中盤では、TERUが「ON GUITAR TERU!」とHISASHIから紹介を受けると、TERUがエレキギターを抱えた姿を披露。そして、日本武道館公演3daysで初披露されたHISASHI作詞作曲の新曲「デストピア」(TVアニメ「クロムクロ」のオープニングテーマ)を演奏し、TERUが初めてエレキギターをプレイした。

そして「ツアーが終わってしまう寂しさとやり遂げたという充実感がありますが、またみんなと会えるという約束があるので、僕らも前進していけます。最後に北海道と東北、そして九州を繋ぎ、夢がどんどん繋がっていく、そんな北海道新幹線のテーマソングを演奏したいと思います」と、北海道新幹線開業テーマソング「Supernova Express 2016」を披露し、本編は終了した。

なお、この日のライブは、チケットを取れなかったファンや、被災地に向け、一部緊急無料生中継を実施。「きっと九州の人でチケットを持ってたけど、来られなかった子たちもいるだろうし、この映像を観て、少しでも楽しんでもらえたら」と願いながら歌声を届け、13万人を超える視聴者数を記録した。

<セットリスト>
M1.Scoop
M2.千ノナイフガ胸ヲ刺ス
M3.汚れなきSEASON
M4.STARLESS NIGHT
M5.laotour〜震える拳が掴むもの〜
M6.カナリヤ
M7.100万回のKISS
M8.シキナ
M9.everKrack
M10.Believe in fate
M11.SORRY LOVE
M12.Will Be King
M13.航海
M14.デストピア(新曲)
M15.百花繚乱
M16.TILL KINGDOM COME
M17.GREAT VACATION
M18.Supernova Express 2016
EN1.Life〜遠い空の下で〜
EN2.BEAUTIFUL DREAMER
EN3.空が青空であるために
EN4.彼女はゾンビ
EN5.HIGHCOMMUNICATIONS


リリース情報

2016.01.27 ON SALE
SINGLE「G4・IV」


GLAY OFFICIAL WEBSITE
http://www.glay.co.jp/


_NO13658

_NO22593

_NO22474

_NO70214

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人