UVERworld、盟友の誕生日ライブにサプライズ出演

4月22日、UVERworldが、名古屋ダイアモンドホールで開催された、愛笑む×Brand New Vibeによる2マンライブにサプライズ出演を果たした。

【オフィシャルレポート】
目にも見えなければ、触ることさえできないけれど、人と人とを繋ぐ愛と、その愛を讃えた音楽には、人の心を動かす大きなパワーが宿っているのではなかろうか。

4月22日、名古屋・ダイアモンドホールで行われたのは、愛笑むとBrand New Vibeによる2マンライブ『ベーブとルース』だ。

「行こうぜ、名古屋!! 今日ここに音楽好きが集まったことは確かだよな。せっかくだから、みんなで楽しもう!!」 揃いのバンドTシャツに白ボトム。その出で立ちからして、メンバー6人の強い団結力が伺えるBrand New VibeはVOX・KEIとボーカル&ギターのNobuが、曲によってはツインボーカルまでをも聴かせるという、東京は町田出身のエッジーでエネルギッシュなバンドである。

所信表明がたんまりと織り込まれた、まさに名刺がわりな1曲「Brand New Vibe」を筆頭に、彼らは快活なだけでなくダイナミックなバンドサウンドを展開。またMCではタイバン相手・愛笑むのボーカリスト、世田谷のりこの誕生日を祝うべく、「ハッピーバースデー」のコールもにぎにぎしく行ったのであった。

かくして、このあとには、いよいよ本日の主人公である世田谷のりこが率いる、愛笑むが登場。

名古屋を拠点に活動している愛笑むは、世田谷のりこ(vo)の生みだした良質で上質な楽曲や歌詞を、ギタリストのエリアス チアゴとベーシストであるラファエル コージがモダンで粋なプレイをもって彩る、非常に洗練されたバンドだ。「コミックバンドが描いた最後のラブソング」「咲かせたい華」といった、愛笑むの真骨頂ともいうべきバラードも堪能することができ、会場は素晴らしい充足感と満足感に包まれた。

だがしかし。なんといっても、今宵は記念すべき“世田谷のりこ生誕祭”に他ならない。となれば、慶事は盛大であれば盛大であるほど良いに決まっているではないか。

「Yeah! サプライズでやって来ました! 3日くらい前に電話をして、<行くから>って言ったんですけど(笑)(TAKUYA∞/UVERworld)

盟友の誕生日を祝うべく駆けつけたのは、なんとUVERworldの全員と、LAID BACK OCEANのYAFUMI。そしてもちろん、このメンツが集まったということは……やはりアノ曲をやってもらいたいところ。

そう、昨年UVERworldのシングルとして発表され、その際に世田谷のりこ、YAFUMIがコーラスで参加していた「僕の言葉ではない これは僕達の言葉」だ。この大セッションは大歓声の渦を巻き起こしながら進行していくこととなったのだった。

さらに、そのままの勢いでUVERworldの楽曲「IMPACT」を放ったあとには、愛笑むの「ギネスブックには載っていない幸せのハードル」を、あらためてBrand New VibeのKEIを呼び込んだ上、全員で演奏。ピースフルで、ハートフルで、あたたかい音楽がその空間には溢れ返っていった。

とことんまで腹を割り合い、音楽に人生を賭けているという意味で志を同じくした仲間たち同士だからこその、絆と愛と友情。それを何より感じられた名古屋の美しき夜は、こうして幕を閉じたのである。

なお今後、愛笑むは6月18日開催の原宿アストロホールでのワンマンに向かい、BNVは6月12日まで公演ごとにすべて異なるアーティストとの2マンツアーを実施中。

そしてUVERworldは、来年2月10・11日にさいたまスーパーアリーナでのライブの開催が決定。特に11日は男性限定ライブとしては前人未踏、史上最多23,000人の動員を予定している。

TEXT BY 杉江由紀


ライブ情報

2017/02/10(金)埼玉・さいたまスーパーアリーナ
2017/02/11(土)埼玉・さいたまスーパーアリーナ
※男性客限定「男祭り」は11日に開催。


UVERworld OFFICIAL WEBSITE
http://www.uverworld.com

愛笑む OFFICIAL WEBSITE
http://www.aiemu-music.com/home.html

Brand New Vibw OFFICIAL WEBSITE
https://bnv-web.com/


160425-TR-140004

160425-TR-140005

160425-TR-140006

160425-TR-140003

160425-TR-140009

160425-TR-140010

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人