俳優としてもブレイク寸前!DISH//の“TAKUMI”こと北村匠海の注目度が急上昇

4人組ダンスロックバンド、DISH//の“TAKUMI”こと北村匠海が、今、引っぱりだこの若手俳優として注目を集めている。

北村匠海は、2013年にDISH//のメインボーカルとしてメジャーデビュー。2015年に初の武道館単独公演を成功させ、2016年には同じく武道館にて2日連続公演を実現。さらに、2017年元日の同会場での公演が早くも決定するなど、ミュージシャンとしてまず成功を収めた彼が、いよいよ俳優としてもブレイクを果たそうとしている。

DISH//(※北村匠海は左から2番目)

DISH//(※北村匠海は左から2番目)

“JR SKISKI”の爽やか演技で胸キュン女子急増!

小学生の頃から俳優として活動している北村匠海。「DIVE!!」(2008年)で映画初出演して以降、ドラマ・映画化された「鈴木先生」や、NHK大河ドラマ「平清盛」など、数多くの話題作に出演してきた。さらに今年は、ブレイクする俳優の“登竜門”として名高い“JR SKISKI”のCMで、ヒロインふたりから想いを寄せられる男子役に大抜擢されたことも記憶に新しい。

2016年に公開される映画作品も、「信長協奏曲」(公開中)、「セーラー服と機関銃 -卒業-」(公開中)、「あやしい彼女」(公開中)、「ディストラクション・ベイビーズ」(5月21日公開)と、話題作がズラリ。いまや話題作や人気作には欠かせない存在と言っても過言ではない。

「ゆとりですがなにか」の世界に生きております

俳優・アーティストと表現方法の違うフィールドで活躍を重ね、支持を拡げる北村匠海。そんな彼が、今、最も話題を呼んでいるドラマにレギュラー出演することが決定した。

そのドラマとは、岡田将生、松坂桃李、柳楽優弥が主演を務める新日曜ドラマ「ゆとりですがなにか」(日テレ 毎週日曜22時30分〜23時25分)。宮藤官九郎が“ゆとり世代”をテーマにオリジナル脚本を手がけたドラマで、アラサー男子3人が社会の荒波にもまれながら、仕事に恋に友情に葛藤する物語。打たれ弱い、自主性がない言われがちな“ゆとり世代”の描写がリアルすぎると、早くも話題になっている。北村匠海は、3話よりドラマに登場する。

160425-TR-140000

ドラマには、演出担当として宮藤官九郎と「謝罪の王様」などでタッグを組んだ水田伸生が参加(※「ゆとりですがなにか」には演出家が3人存在する)。水田監督とは映画「あやしい彼女」で現場を共にしており、自身も信頼を置く存在だ。本ドラマであらたな役柄に挑戦することに関しては、「水田監督と宮藤官九郎さんがタッグを組んだ作品に参加できてとてもうれしいです! 北村匠海、<ゆとりですがなにか>の世界に生きております」と意気込みを語っている。

幼少時代から厳しい芸能界を生き抜き、さらにアーティストとしても成長中の北村匠海。ある意味“ゆとり”とは正反対の道を歩んできた彼が、話題の“ゆとり”ドラマでどんな表情を見せるのか。注目のドラマとともに、俳優・北村匠海の動向から目が離せない!

北村匠海 コメント
「ゆとりですがなにか」に出演させていただきます!
またしてもあらたな役柄に挑戦ではあるのですが、とても楽しく演技に取り組む日々です。
映画「あやしい彼女」の出演時にドンピシャのヒントをたくさんいただいた水田監督をはじめ、素敵な先輩方、スタッフの皆さんのあたたかさに包まれながら、北村匠海、「ゆとりですがなにか」の世界に生きております。
そして、水田監督と宮藤官九郎さんがタッグを組んだ作品に参加できてとてもうれしいです!
自分らしく精一杯参加させていただいてます、ぜひご覧ください!


リリース情報

2016.04.06 ON SALE
Blu-ray& DVD「DISH// 日本武道館単独公演 ’16 2DAYS 『4 MONKEY MAGIC』」

2016.06.22 ON SALE
SINGLE「タイトル未定」


ライブ情報

DISH// 2016 Spring Hall Tour『D//RedBlue』
04/29(金・祝)愛知・日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
04/30(土)愛知・日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
05/07(土)広島・広島JMSアス テールプラザ大ホール

Juke DISH// Box 〜奇跡の全55曲!! オール再生!! in 東西野音〜
07/02(土)大阪・大阪城野外音楽堂
07/18(月・祝)東京・日比谷野外音楽堂


「ゆとりですがなにか」番組サイト
http://www.ntv.co.jp/yutori/

DISH// OFFICIAL WEBSITE
http://www.dish-web.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人