最高に楽しい遊園地『ザ・チャレンジランド』がついに開演【ライブレポート】

ザ・チャレンジ
ザ・チャレンジランド ジャパンツアー
2016年4月1日@TSUTAYA O-EAST

丸ごと遊園地のアトラクションに見立てたアルバム『ザ・チャレンジランド』を引っ提げて。全国6ヵ所ワンマンにチャレンジしたツアーファイナル。はっきり言ってネタ多過ぎ。文字数全然足りてない、濃縮ライブレポートをお届け!

TEXT BY 宮本英夫
PHOTOGRAPHY BY 小川 舞


160422-YS-152311

まさかの沢田チャレンジ(vo、center)、2階席からこんばんは。風船をばらまきながら、1階フロアを練り歩きステージへ上がり、「楽しむ準備はできてますか!」。それってバンドマンのやることですか~という疑問符はなしで。

ザ・チャレンジ(以下ザチャレ)のモットーは“チャレンジしてない人生なんて”。今日もチャレンジ満載、愛とチャレンジの国「ザ・チャレンジランド」の開園だ。

160422-YS-152319

1曲目「すっぽんぽん」から、代表曲を惜しげもなくすっぽんぽんとぶちかます。「愛のロケット」はジェット風船の一斉発射、「サマーライダー」は狂乱のタオル回し。

「パイレーツ・オブ・シモキタザワ」は、チャレマック船長(チャレンジオノマック/vo、g)の男前なセリフ付きで、沢チャレが実に微妙なピアニカの腕前を披露して、やんやの喝采を浴びる。「パーティーちゃん」は、客席から拾い上げた男子ふたりと共に、うさぎダンスで大フィーバー。

極めつけは、突如乱入した謎の男に拉致された沢チャレの、あっと驚く瞬間移動からの「メロメロ」。それってバンドマンの……まあ楽しいからいいか。

160422-YS-1523111

160422-YS-152313

いやちょっと待て。楽し過ぎてうっかり忘れそうになるが、ザチャレのバンドとしての力量の高さについて触れなければ。

ドラゴンチャレンジ(ds、Ei Ei Oooh)の豪快パワードラム、ヤンキーチャレンジのぶんぶんうなる重低音ベースが叩き出す強力なグルーヴ。タラコチャレンジ(vo、g)とチャレマックのツインギターは時にファンキーに時にパワーポップ風に、痛快カラフルなリフを繰り出し続ける 。チャレマックはもうひとりのリードボーカルとして、魂込めた歌声で楽曲に切なさを加える。

そしてすべてをまとめる座長としての、沢チャレのリーダー力と陽気なカリスマ性。よくぞこれだけの個性が揃ったものだと、しみじみするほど見事なバランス。

160422-YS-1523113

ドラゴンチャレンジ(ds、Ei Ei Oooh)

160422-YS-1523112

ヤンキーチャレンジ(b)

160422-YS-152314

タラコチャレンジ(vo、g)

160422-YS-152317

チャレンジオノマック(vo、g)

160422-YS-1523114

沢田チャレンジ(vo、center)

10曲目「LOVEってる」からは、怒涛のダンスロック5連発。沢チャレが赤い扇子をかざして踊り、「大きなミラーボールの下で」はミラーボールヘルメットをかぶり客席へ突入。フロアのど真ん中でスポットライトを浴びてくるくる回る、人力ミラーボールの妙技にオーディエンスは大喜びだ。

さらに明るいシャッフルビートの「オレオマエフェスティバル」で盛り上がりの頂点を極めると、残すはあと1曲。

160422-YS-1523110

「現実逃避のロックもあるけど、ザ・チャレンジはそうじゃない。現実を楽しくするロックを作りたいんだ!」

この音楽、このライブだからこそ説得力のある、沢チャレのセリフに思わずぐっとくる。曲は渾身のロックバラード「大きな世界」。

楽しかった遊園地の夕暮れにふさわしいエモい曲。楽しさの裏側にいつもある切ない感情を、見事に表現した一世一代の名曲だ。

160422-YS-152315

160422-YS-152318

気分を変えてもう一度、アンコールはハッピーな曲の3連発。沢チャレがきらきら星のかぶりものをまとって歌い踊る「キラキラ」、金曜日の夜にはこれを歌うしかない「花金ダンス」、そしてオールディーズなロックンロール「恋をしようよ」。フロアに巨大な風船が投げ込まれ、オーディエンスは大玉送りで大はしゃぎ。

最後の一瞬まで、思いつく限りのハッピーを詰め込んだ2時間30分。宴を締めくくる沢チャレの力強いひとことに、この日いちばんの温かい拍手と歓声が沸き上がる。

160422-YS-152316

「これからもチャレンジし続けるから。チャレンジしてない人生なんて!」

3月31日でメジャーレーベルを卒業し、この日、4月1日からザ・チャレンジはフリーになった。沢チャレのMCも、複雑な心境をにじませるものが多かった。ファンを心配させまいという思いゆえだが、それが杞憂であったことは、これまで以上に熱気を増したステージとフロアの一体感を見れば一目瞭然。

アンコールでは、まさかの武道館宣言も飛び出した。現実的じゃない? いや、チャレンジという言葉の意味を、誰よりも理解している5人のことだ。ザチャレならきっとやってくれる。チャレンジし続ける人生は、まだまだ続いてゆく。

160422-YS-152312

SETLIST

01.すっぽんぽん
02.会いたい 会いたい ちょー会いたい
03.あいうえお
04.愛のロケット
05.週末ロック
06.サマーライダー
07.パイレーツ・オブ・シモキタザワ
08.パーティーちゃん
09.メロメロ
10.LOVEってる
11.一等賞
12.マイガール
13.大きなミラーボールの下で
14.お願いミュージック
15.オレオマエフェスティバル
16.大きな世界
[ENCORE]
01.キラキラ
02.花金ダンス
03.恋をしようよ


プロフィール

沢田チャレンジ(vo、center)、チャレンジオノマック(vo、g)、タラコチャレンジ(vo、g)、ヤンキーチャレンジ(b)、ドラゴンチャレンジ(ds、Ei Ei Oooh)。2010年結成。ミニアルバム『スター誕生』にてメジャーデビューを果たした。

オフィシャルサイト


リリース情報

2016.01.20 ON SALE
ALBUM『ザ・チャレンジランド』
EMI Records

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人