エリック・クラプトン、通算91回目となる日本武道館公演を大盛況で終了

音楽界のレジェンドであるエリック・クラプトンが、2年ぶりとなる来日公演を行った。

完売となった本公演は、4月13日から19日の5日間にわたって開催され、4月19日に通算91回目となる日本武道館公演を大盛況で終えた。これは彼が1974年の初来日以来、積み上げてきた同会場の海外アーティスト1位の公演回数の記録となる。

クラプトン本人の心地良さを重視したかのような落ち着いた雰囲気のライブで、彼のブルースとギターへの愛の深さが十分に垣間見える内容になっていた。

今回の来日では「ワンダフル・トゥナイト」などの代表曲に加え、5月20日に発売となるニュー・アルバム『アイ・スティル・ドゥ』から「聖オーガスティンを夢でみた」(ボブ・ディランのカバー)など4曲が披露された。

通算23枚目となるアルバム『アイ・スティル・ドゥ』は、『スローハンド』の名プロデューサー、グリン・ジョンズと再びのタッグを組んだ作品で、ボブ・ディランやJ.J.ケイルなどのカバーに加え、クラプトン自身が書き下ろした楽曲の数々も収録される。

今回の作品に関して、クラプトンは「随分長いこと延び延びになっていたけれど、グリン・ジョンズとまた一緒にやるチャンスが訪れたよ。しかも偶然なことに、『スローハンド』はリリース40周年を迎えるんだ!」とコメント。

「大規模なツアーはもう行わない」と語っていたクラプトンだったが、今回の武道館公演とニューアルバムは、ファンにとって最高のプレゼントとなったに違いない。

PHOTO BY 土居政則(Masanori Doi )


リリース情報

2016.05.20 ON SALE
ALBUM『アイ・スティル・ドゥ』


エリック・クラプトン OFFICIAL WEBSITE
http://www.universal-music.co.jp/eric-clapton


160420-YM-19220001

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人