4人の個性が爆発!KEYTALK、“肉の雫”ほとばしるクアトロワンマン【ライブレポート】

KEYTALK
クアトロ灼熱の小旅行~燻らせ肉の雫~
2016年4月15日@渋谷CLUB QUATTRO

4月13日にシングル「HELLO WONDERLAND」を発売したKEYTALK。そのリリースパーティの意味も含めたこの東名阪クアトロツアーは、チケット全箇所ソールドアウト! 全日程が終了したということで改めてセットリストなどの詳細を交え、爆発的な盛り上がりを見せた初日、渋谷CLUB QUATTROでの模様を振り返る。

TEXT BY フジジュン
PHOTOGRAPHY BY 後藤壮太郎


160427-SM-131505

「よっしゃーっ!」と気合い十分でステージに飛び出すと、「オイ! オイ!」と観客を煽り、ライブへの期待ですでに熱気が充満しているフロアの熱がさらに上昇する。

昨年10月には、自身最大規模のライブとなる、初の日本武道館公演を成功させたKEYTALK。ニューシングル「HELLO WONDERLAND」のリリースパーティ的な意味ももつつツアーの会場に選んだのは、東名阪のCLUB QUATTRO。

160427-SM-131509

現在の彼らには狭すぎるのでは? という疑問もあったが、現在の彼らの熱量や勢いを感じるにはライブハウスが最適かつ最強!

「MONSTER DANCE」でハイテンションのままスタートし、八木優樹の突き上げるビートと小野武正の掻き鳴らすギター、首藤義勝と巨匠(寺中友将)の勢いある歌声に観客が拳を突き上げて応えると、会場が燃えるような熱さに包まれる。

160427-SM-131507

小野武正(g、MC、cho)

「クアトロ、熱くて最高です。まるで夏ですね」と巨匠がうれしそうに語り、「夏の曲やります」と始まった「MABOROSHI SUMMER」では“ワッショイ”と威勢よく声を合わせる観客。

「今日は灼熱にしていきます」と、武正のリードで始まった新曲「HELLO WONDERLAND」では、どっしりとロックバンド然とした歌と演奏が、圧倒的な求心力を生む。

160427-SM-131512

ここまで観て思ったことが、4人それぞれが主役として魅せ場を作っているということ。武道館のときは、「4人がしっかり支え合っていて、良いバンドだな」と思った覚えがあったのだが、この日は「4人がしっかり前に出ていて、良いバンドだな」と感じたのだ。

160427-SM-131506

首藤義勝(vo、b)

例えば、「HELLO WONDERLAND」でも、武正が一歩前に出てのリードで始まり、義勝がベースプレイで魅了。巨匠が歌で存在感を見せると、間奏では八木が立ち上がってシンバルを打つパフォーマンスでアピールしてと、一曲の中で次々と主役が入れ替わっていく感覚。

個性やキャラを遠慮なく前面に出すことによって、KEYTALKというバンドの個性やキャラがより際立って明確に見えてくるのだ。最新シングル「HELLO WONDERLAND」ではメンバーそれぞれが作詞作曲を務めた楽曲が収録されているが、個々の成長というのがひとつ、武道館以降の大きな変化なのかも知れない。

160427-SM-131503

八木優樹(ds、cho)

最新シングルにも収録された、「KARAKURI夢ドキュメント」では軽快なリズムに観客が体を揺らし、狭い会場で観客との会話を楽しむようなMCを経て、八木のドラムソロから始まったグルービーな「YGB」では、観客が手拍子や掛け声を合わせて一体感が生まれる。

曲が進むごとに会場に温度が上昇し、まさにタイトル通り“肉の雫(汗)”が飛び散り、灼熱を生んだクアトロ。終盤戦では「太陽系リフレイン」「夕映えの街、今」と畳み込む。

160427-SM-131502

寺中友将(vo、g)

4人の激しく前のめりな演奏とステージパフォーマンス、熱をぶつけ合うような義勝と巨匠のツインボーカルは圧巻のひと言で、熱狂するフロアはぐしゃぐしゃのカオス状態。

イントロに大きな歓声が上がった「パラレル」に掛け声を合わせると、バンドと観客を完全燃焼させるような、ヘヴィでパワフルな新曲「One side grilled meat」で本編が終了。

160427-SM-131501

骨太なロックンロールがKEYTALKには新鮮な印象を受けた、新曲「Combat Song」で始まったアンコールでは、「2013年5月以来、約3年ぶりのクアトロになります」と思い出を語り、当時を懐かしむ彼ら。

武道館公演も経て、あの頃と比べてもロックバンドとして明らかにたくましさを増した4人。ラストは今、この瞬間を再確認するように「桜花爛漫」で再びフロアに熱気を生み、会場中が一体となってフィニッシュ。

個人的にも武道館以来だった、KEYTALKのライブ。大きな夢であった武道館公演を経た彼らが個々やバンドとしての意識や自信をさらに高め、KEYTALKの新章を力強く歩み始めていることを確認できる貴重なライブだった。

160427-SM-131504

SETLIST

01.MONSTER DANCE
02.sympathy
03.サイクル
04.MABOROSHI SUMMER
05.HELLO WONDERLAND
06.YURAMEKI SUMMER
07.color
08.S.H.S.S.
09.KARAKURI夢ドキュメント
10.a picture book
11.fiction escape
12.グローブ
13.YGB
14.太陽系リフレイン
15.夕映えの街、今
16.パラレル
17.One side grilled meat
EN1. Combat Song
EN2. キュビズム
EN3. 桜花爛漫


ライブ情報

「巨匠の弾き語り~オラの熊本に力をわけてくれー!~」
05/26(木)東京・下北沢 風知空知

KEYTALK 2016年全国ワンマンツアー 3年K組お祭り先生〜「先生!義勝君の給食費がありません!」
05/24(火)神奈川・川崎CLUB CITTA’
05/28(土)新潟・LOTS
05/29(日)石川・金沢エイトホール
06/03(日)大阪 なんばHatch
06/05(日)熊本・B.9 V1
06/11(土)福岡・DRUM LOGOS
06/12(日)福岡・DRUM LOGOS
06/18(土)香川・高松オリーブホール
06/19(日)岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
06/24(金)愛知・Zepp Nagoya
06/25(土)広島・BLUE LIVE
07/02(土)仙台PIT
07/09(日)北海道・札幌サッポロファクトリーホール
07/13(水)東京・新木場STUDIO COAST
07/14(木)東京・新木場STUDIO COAST

KEYTALK「KTEP COMPLETE」発売記念ワンマンライブ
07/27(水)Zepp Divercity Tokyo


プロフィール

キートーク/小野武正(g、MC、cho)、寺中友将(vo、g)、首藤義勝(vo、b)、八木優樹(ds、cho)。2009年7月結成。2013年11月20日シングル「コースター」でメジャーデビュー。

オフィシャルサイト


リリース情報

2016.04.13 ON SALE
SINGLE「HELLO WONDERLAND」
Getting Better/ビクターエンタテインメント

2016.05.18 ON SALE
SINGLE「MATSURI BAYASHI」
Getting Better/ビクターエンタテインメント

2016.07.06 ON SALE
ALBUM『KTEP COMPLETE』
Getting Better/ビクターエンタテインメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人