2016年のJ-POP界は歌唱力指向!?生歌重視の大型新人“anderlust”のヒットの秘密に迫る

2016.04.09

多部未華子主演映画「あやしい彼女」の主題歌に起用された「帰り道」がiTunesチャートで最高5位を記録するなど配信を中心にヒット中のanderlust。

anderlustはシンガーソングライターの越野アンナが、枠にとらわれない新しい音楽表現を追求するためベーシストの西塚真吾と結成。キャッチフレーズに「空を突き抜けるような、伸びやかな歌声」とあるように越野の美声がSNS上で絶賛されており、配信開始以降、注目を集めている。

4月2日から行われたデビュー記念フリーライブには、いよいよその美しい生声を聴ける機会とあって多くの観客が集まり、その最終日を迎えた4月8日、会場となった東京ららぽーと豊洲は大勢の人で賑わった。

海をバックにした開放的な雰囲気を持つららぽーと豊洲のステージに現れたふたりが簡単なリハーサルの後に披露したのは、デビュー曲「帰り道」のアコースティックバージョン。

越野のギターと、西塚真吾のベース。ふたりが紡ぐ音のみで構成されたシンプルそのものの演奏は、新人アーティストとは思えないほど自信に満ち溢れており、その歌唱力・演奏力の高さに驚きを隠せない観客たちをどんどん魅了していった。その姿はまさにミュージシャンというにふさわしい佇まいだ。

近年アイドルが席巻し、歌唱力そのものというよりは総合的な演出も含めた商品的魅力で人々を惹きつけてきた傾向にあるJ-POP界において、それに迎合せず、ある種愚直な真っ向勝負をかけているようにも見えるanderlust。聞くところによると、プロモーションでラジオなどに出演する際もできる限りアコースティックでの歌唱を行っているという。

テクノロジーの発達により、音源上では歌唱力に差が出にくくなっているなかで、まったくごまかしのきかない完全生歌という形で音楽を届けようとする彼女たちの姿勢に、まるで原点回帰するかのように音楽の魅力を再発見するリスナーが後を絶たないという構図が見て取れる。

この日のデビュー記念フリーライブは、長年の海外生活経験から英語も堪能な越野アンナが得意とする洋楽カバーなどを交えて約30分間行われた。終盤には、足を止めた通りがかりの多くの買い物客を巻き込み、大いに盛り上がった。

2016年、ブレイク最有力アーティストと評されるanderlustの、ただただストレートに音楽を届けようとしているこの姿こそが、今求められるJ-POPのあるべき姿を象徴しているのかもしれない。


リリース情報

2016.03.30 ON SALE
SINGLE「帰り道」


ライブ情報

ソニレコ!ライブ Vol.1
04/15(金)東京・恵比寿クレアート
出演:暁月凛、anderlust、Thinking Dogs、ハッカドロップス (五十音順)


anderlustショートムービーコンペティションHP
http://www.anderlust.jp/competition/

anderlust OFFICIAL WEBSITE
http://www.anderlust.jp/


160409_ST_165802

160409_ST_165803

160409_ST_165804

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人