デヴィッド・ボウイの功績を讃える大回顧展『DAVID BOWIE is』の詳細発表

“20世紀で最も影響力のあるアーティスト”デヴィッド・ボウイの世界観やキャリアを総括した大回顧展『DAVID BOWIE is』の開催会期と会場が発表された。

会期は存命であれば70回目の誕生日であった2017年1月8日より4月9日まで、会場は寺田倉庫G1ビル(東京都品川区東品川二丁目6番10号)となる。入場チケットの販売情報などは日本展のオフィシャルサイトで順次発表される。

ミュージシャンの枠を超えた類まれな表現者として、今なお音楽のみならず、全世界的にアート、ファッション、文化そして社会に影響を与え、人々をインスパイアし続けるデヴィッド・ボウイ。彼の世界観やキャリアを総括した大回顧展『DAVID BOWIE is』は、2013年のアルバム『ザ・ネクスト・デイ』のリリース直後より、母国であるイギリス・ロンドンのV&Aでスタートした。

これまで巡回展として、トロント、サンパウロ、ベルリン、シカゴ、パリ、メルボルンで開催され、現在はオランダ・フローニンゲンで開催中。世界各国で展覧会の動員記録を塗り替え、これまでに累計140万以上の人々がこの大回顧展を訪れデヴィッド・ボウイを体感している。

日本開催にあたってV&Aのキュレーターのヴィクトリア・ブロークス氏は「『DAVID BOWIE is』の展覧会が、来年東京で開催されることをとてもうれしく思います。ボウイのキャリアのごく初期から全編に渡り、日本と日本の文化はボウイを魅了し続け、彼に多大な影響を与えてきました。ボウイが仕事上いくつもの素晴らしい関係を築き、そしてたくさんのファンのために何度も演奏してきた国である日本は、アジア唯一の開催国に本当にふさわしいと思います」とコメント。

43年前の4月5日、デヴィッド・ボウイは豪華客船オロンセイ号に乗り初来日を果たし、これまで日本と様々な交流を行ってきた。『DAVID BOWIE is』では、V&Aの監修により、親日家としても知られるデヴィッド・ボウイのアーカイヴから集められた300点以上に及ぶ重要かつ貴重な品々が、音楽と映像による演出効果を用いてファッション、音楽、デザイン、演劇、アート、フィルムのカテゴリーに分かれ展示される。会場は、若手アーティストの発信地を目指し、文化・芸術の発展に貢献している天王洲・寺田倉庫。日本を愛し、日本人を魅了し続けるデヴィッド・ボウイの世界観を忠実に表現し、その軌跡を辿る。

Courtesy David Bowie Archive (C)Victoria and Albert Museum, London
(C) Victoria and Albert Museum, London.
Koh Hasebe/Shinko Music


イベント情報

DAVID BOWIE is
会期:2017/01/08(日)〜04/09(日)
会場:寺田倉庫G1ビル(東京都品川区東品川二丁目6番10号)
主催:DAVID BOWIE is 日本展実行委員会
企画:ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)
※入場チケットの販売情報などは決定し次第、順次公式サイトで発表。


リリース情報

2016.01.08 ON SALE
ALBUM『★』


デヴィッド・ボウイ大回顧展『David Bowie is』公式サイト
http://www.vam.ac.uk/davidbowieis

デヴィッド・ボウイ 日本 OFFICIAL WEBSITE
http://www.sonymusic.co.jp/artist/DavidBowie/


 

160407-TR-100031

 

V&A Exhibition David Bowie Is... : The Queue of the general public waiting in line for the exhibition on the afternoon of Wednesday 24th July 2013, from the Exhibition Entrance to outside the main entrance of the Museum; V&A Museum; 24th July 2013.

V&A Exhibition David Bowie Is… : The Queue of the general public waiting in line for the exhibition on the afternoon of Wednesday 24th July 2013, from the Exhibition Entrance to outside the main entrance of the Museum;
V&A Museum;
24th July 2013.

160407-TR-100032

2013GD8169

160407-TR-100034

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人