夢を叶えるために努力をしてきたDream Amiの等身大の姿で歌う、シングル「トライ・エヴリシング」

Dream Ami

ディズニー映画「ズートピア」日本版主題歌にも選ばれた、ソロ2作目となるシングル「トライ・エヴリシング」。自分の夢のために、努力を惜しまない主人公のジュディと重なる部分が多いと語る、Dream Amiのインタビュー。

INTERVIEW & TEXT BY 馬渕信彦


今しかできないこと、今できることをやろう

──新曲「トライ・エヴリシング」は、ディズニー映画「ズートピア」日本版主題歌ですね。

Dream Ami なんで私なんですか? というのが率直な気持ちでした(笑)。もちろん、とてもうれしかったですけど、「まさか自分が!?」という気持ちですね。今まではディズニーさんのコンピレーションアルバムの1曲として歌えることがあったらいいなと思うことはありましたが、まさか映画主題歌のお仕事をいただけるなんて想像もしていませんでした。

最初は驚きでしかなかったのですが、徐々に喜びを実感しました。それと同時に、社会現象にもなった「アナと雪の女王」という大きな作品も記憶に新しかったので、プレッシャーもありました。だけど、こんな大きなチャンスに挑戦できる機会はないので、今しかできないこと、今できることをやろうという気持ちで制作に入りました。

勇気をいただけるところがいちばんの魅力

──Amiさんが思う、ディズニー音楽の魅力とは?

Dream Ami 勇気をいただけるところがいちばんの魅力だと思っています。今回の「トライ・エヴリシング」もそうですけど、人間の弱い部分に寄り添って、そっと背中を押してくれる音楽。小さい頃から口ずさんでいたディズニー音楽の歌詞の内容を大人になって理解できた時、改めて素敵な曲だなって思えるのも素晴らしいですよね。

「トイ・ストーリー」が好きなこともあって、ダイヤモンド☆ユカイさん(☆は、六芒星が正式表記です)の「君はともだち」は今でも映画を観ながら歌ってしまいますし、ソロデビューシングルで日本語でカバーをさせていただいた「リロ・アンド・スティッチ」の「愛さずにはいられない」も好きです。他にも、アリエルのテーマソング「パート・オブ・ユア・ワールド」など挙げるとキリがないくらいです。

「Amiちゃんらしく!」という言葉で楽になれた

──本国ではシャキーラが主題歌を担当していますが、制作は彼女の原曲を聴くところからスタートしたのでしょうか?

Dream Ami はい。シャキーラさんの歌を聴いた時の印象は、力強い声とポジティブなメロディでした。シャキーラさんと比べると、私はもっとポップなイメージだと思うので、オリジナルのイメージを崩さないように歌うにはどうしたらいいかと悩みました。

ここは自分らしくとか、ここはオリジナルに寄せようとか、いろいろ考えてレコーディングに臨んだら、考え過ぎてしまったようで正解がわからなくなってしまったんです(笑)。

結局、スタッフさんに言っていただいた「Amiちゃんらしく!」という言葉で楽になれて、心の底から湧き出て来るメッセージを伝えることに専念しました。

──日本語だけのストレートな表現で、子供にも伝わりやすい歌詞ですよね?

Dream Ami そうですね。自分も同じような経験をしたことがあるなって、この歌詞を見ながら過去の出来事を思い返したりしました。

みんな同じように感じるんだなって思いました

──どんなことを思い出したのでしょうか?

Dream Ami この歌詞の通り、挫折しそうになったことがありましたから。思
い描いていたお仕事に巡り会えなかったり、夢をあきらめかけた時もありましたし、うまくいかなくて毎日泣いていた時期もありました。

それでもDreamのみんなで手を取り合って、励まし合いながら前向きな気持ちを持てたことで、最悪な状況もプラスにしていくことができたのだと思っています。

この曲を聴いたDreamのメンバーが「めっちゃDreamっぽいね!」と言ってくれたので、みんな同じように感じるんだなって思いました。夢を叶えていく中で同じような経験があったので自分のことを歌っているような意識もあって、その経験がある自分だからこそ歌える歌にしていきたいなと思って臨みました。

──特に心にささっているフレーズはありますか?

Dream Ami すべてと言いたいのですが、特に挙げるなら“ねぇ平気よ うまくいくわ がんばりすぎないでね”という歌詞は、歌っていてメンバーの顔が浮かびました。自分が辛かった時に声をかけてもらったことが、今に繋がっているので。

記憶に残るアーティストになりたい

──この「トライ・エヴリシング」は主人公ジュディが夢を叶えるために上京する時に流れるという、とても印象的なシーンに挿入されています。

Dream Ami あのシーンは私の中でも印象的で、本当に人間の世界と一緒だなと思いました。ズートピアというのはきっと人間の世界では、日本で言うと東京みたいなところだと思うのですが、私自身も夢を追って東京に出てきたので、ジュディの気持ちにものすごく共感できました。

初めて東京に降り立った時の感動というか、ただの駅なのに「東京駅だ~~!!」とそれだけで写真を撮っていたのを思い出して、ズートピアにある輝かしい夢や、逆にうまくいかなくて苦労する部分など、いろんなものがこのズートピアというところに詰まっているんだというところに共感できて、冒頭からグッと心を掴まれるシーンでした。

──ジュディのひたむきな姿は、状況は違っても何かに頑張る人には通ずるものがあるから心打たれるのかもしれませんね。Amiさんも着実にソロアーティストとしてステップアップいますが、今後挑戦していきたいことは?

Dream Ami もっと曲をたくさん作って、Dream Amiとしての表現を知ってもらえるように努力していきます。その先にあるのがライブ。ソロでもしっかり見せられるように、ひとつのライブを完成させたいと思っています。

ソロデビューの時から思っていたことですが、記憶に残るアーティストになりたいという気持ちはさらに強くなっています。ソロとしての自覚をもって、Dream Amiだからこそできること、やるべきことを表現していきたいです。

ソロとしても皆さんに歌い継がれていく曲を作っていきたいですし、E-girlsとはまた違った輝きを放っていきたいです。


プロフィール

ドリーム アミ/2003年、dream(現Dream)に加入し、デビュー。2011年よりE-girlsの中心メンバーとしても活動。2015年には、シングル「ドレスを脱いだシンデレラ」でソロデビューを果たす。

オフィシャルサイト


リリース情報

2016.04.20 ON SALE
SINGLE「トライ・エヴリシング」
rhythm zone

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人