flumpool、新作『EGG』を引っ提げたツアーが福岡で開幕

2016.04.04

flumpoolが4月2日、約2年ぶりとなる全国ツアー『flumpool 7th tour 2016「WHAT ABOUT EGGS?」』を、福岡サンパレスホテル&ホールよりスタートさせた。

約3年半ぶりのオリジナルフルアルバム『EGG』が、オリコンウィークリーランキング2位を獲得し、ますます勢いに乗るflumpool。“flumpool史上最高傑作”と呼び声の高い、そのニューアルバム『EGG』を引っ提げての全国ツアーがついに幕を開けた。

EGG(卵)をモチーフとした巨大オブジェが掲げられたステージ。そこから放たれる眩いばかりの光を浴びて登場するメンバーに、会場に詰めかけた観客は大盛り上がり。「福岡、燃え尽きようぜ!」とボーカルの山村隆太が発すると、さらに会場はヒートアップ。ニューアルバム『EGG』の収録曲を次々と披露し、熱狂の渦に巻き込んでいった。

今のflumpoolの勢いを表す楽曲「解放区」で、観客の感情を“解き放つ”べく大きく煽り、あらたなflumpoolの機軸ともいえるエッジーかつスリリングな楽曲「夜は眠れるかい?」では、さらにライブに勢いをつけ、独自の世界観に引き込んでいく。

途中のMCでは、アルバムのリリースについて、「3年半待たせてごめん……」と山村が謙虚に話しつつも、そのパフォーマンスや佇まいは、鬼気迫る堂々たるもの。ギターの阪井一生は「めちゃくちゃ、かっこいいでしょ?」と、メンバーもそれぞれ、今作の出来に自信をのぞかせていた。この約3年半の濃密な音楽活動の裏付けがしっかりとあってのことだろう。間違いなく次のフェーズへと進んだflumpoolを体感できる内容となっている。

退廃的なイントロから重厚なリズムとシャッフルビートを基調にしたロックナンバー「Blue Apple & Red Banana」では、拳を突き上げ、一体感を共有させ、「World beats」の響き渡るEDMサウンドでは、会場全体がダンスフロアへと変貌、その観客を巻き込んだ盛り上がりは、あらたなアンセムの誕生となった。

そしてさらに、セットリストには、既存の代表曲なども含まれており、その飽きさせない演出に、観客の興奮はいっそう勢いを増していた。

「アルバム制作やリハーサルでメンバー同士、ぶつかることもあった……」と山村。「でもそれがなかったら、今日こんなに楽しくなかった」と制作の過程を振り返り、万感の思いを最後のMCで語った。最高のアルバムができた喜びと、ツアー初日を迎えることができた感謝の気持ちを、会場にいたすべての人に伝え、この後のツアーにかける熱い想いを胸に、初日を締めくくった。

全国14都市22公演で開催する今回のツアー。ファイナルとなる6月26日・東京公演まで一気に駆け抜けていく。

PHOTO BY 古溪一道


リリース情報

2016.03.16 ON SALE
ALBUM『EGG』


ライブ情報

flumpool 7th tour 2016「WHAT ABOUT EGGS?」
04/10(日)福島・郡山市民文化センター 大ホール
04/16(土)石川・本多の森ホール
04/17(日)新潟・新潟県民会館
04/23(土)広島・広島上野学園ホール
04/24(日)広島・広島上野学園ホール
04/29(金・祝)神奈川・神奈川県民ホール
04/30(土)神奈川・神奈川県民ホール
05/05(木・祝)大阪・フェスティバルホール
05/06(金)大阪・フェスティバルホール
05/15(日)静岡・静岡市民文化会館 大ホール
05/21(土)札幌・ニトリ文化ホール
05/28(土)香川・アルファあなぶきホール・大ホール
05/29(日)愛媛・松山市民会館・大ホール
06/05(日)宮城・仙台サンプラザホール
06/11(土)愛知・名古屋センチュリーホール
06/12(日)愛知・名古屋センチュリーホール
06/18(土)大阪・グランキューブ大阪メインホール
06/19(土)大阪・グランキューブ大阪メインホール
06/25(土)東京・東京国際フォーラム ホールA
06/26(日)東京・東京国際フォーラム ホールA

flumpool tour 2016 「WHAT ABOUT EGGS?」 ~Taiwan Special~
07/09(土)台湾・台北国際会議センター

flumpool tour 2016 「WHAT ABOUT EGGS?」 ~Singapore Special~
07/23(土)シンガポール・MILLIAN


flumpool OFFICIAL WEBSITE
http://www.flumpool.jp/


160404-TR-100001

160404-TR-100005

160404-TR-100002

160404-TR-100003

160404-TR-100004

 

160404-TR-100006

160404-TR-100007

160404-TR-100008

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人