夜の本気ダンス、バンド結成記念日に地元・京都での初ワンマン開催。「京都MOJOに戻ってきました!」

先月、メジャー1stアルバム『DANCEABLE』をリリースし、いよいよメジャー進出を果たした夜の本気ダンス。その作品力、楽曲クオリティーの高さが各方面で評価されているなか、今度はインディーズ1stミニアルバム『ヤングアダルト』が3月30日に復刻リリースされた。かねてからコアファンを中心にその復刻を待ち望まれていたこちらの作品リリースを祝し、バンドの結成記念日である3月31日に地元・京都では初となるワンマンライブを京都MOJOにて開催した。

京都出身の夜の本気ダンスだが、意外や意外、彼らにとって地元・京都での初のワンマンライブとなった、この日のステージ。

いつもの彼らのライブでは、会場が暗転するとSEで自身の曲「ロシアのビッグマフ」がかかってステージへ登壇するのだが、この日のライブでは開演時間となったタイミングから会場内にドラムビートが響き渡った。

暗転している状態で会場内に響き渡る鈴鹿秋斗のドラム。閉じていた幕が徐々に上がっていくとそこにはすでにメンバー全員がステージにいて、幕が上がりきったところで“パッパ パラ パッパパラッパー”という聴きなれたフレーズが。普段はSEでCDをかけている「ロシアのビッグマフ」を生演奏するというサプライズでこの日のライブはスタートした。

なぜならライブを開催した3月31日は夜の本気ダンスの結成記念日であり、開催場所となった京都MOJOは彼らがインディーズ時代にもっともお世話になったライブハウスという、特別なシチュエーションでの企画ライブだったからだ。

普段と違ったライブの幕開けによって大盛り上がりでスタートしたこの日のライブ。1曲目が終わり、米田貴紀の「皆さん、踊れる準備はできてますか?」といういつもの煽りに全力で応えるオーディエンス。立て続けに「WHERE?」を披露すると会場の温度は一気に上昇。

その後、間髪入れずに「Show down」をプレイ、すでに会場があたたまったタイミングで米田が「改めまして、こんばんは。夜の本気ダンスです。京都MOJOに夜の本気ダンスが戻ってきました!」と歓喜のコメント。

そして、鈴鹿から「みんな知らんかったやろ?3月31日が僕らの結成日だって!今日から3月31日といったら夜ダンの結成日ということを覚えてもらっていいですか?」という声に客席も声援で応えると、「By My Side」に突入。「for young」など懐かしい楽曲も随所に盛り込んだ選曲にオーディエンスも終始手を挙げて応えていた。

一度廃盤になっていたインディーズ1stミニアルバム『ヤングアダルト』の復刻盤のレコ発ライブという意味も含めているこの日のライブでは、『ヤングアダルト』をリリースした当時に京都MOJOでライブをしていた頃の苦労話や懐かしい思い出話に花を咲かせた。

「このライブハウスで何回(ライブ)したかわかんないけど、ここでライブするとすごく緊張するんです」と米田。これまでにもっと大きな会場でのライブも経験している彼らだが、インディーズ時代の思い出が蘇る京都MOJOでのライブがいちばん緊張するのだとか。

同時に、先月リリースされたばかりのメジャー1stアルバム『DANCEABLE』からも複数曲を演奏。同作収録の「Love is Always New」を初披露するなど新旧の楽曲を織り交ぜたお祭りムード選曲で、まさにアニバーサリーな企画ライブとなった。そんなメンバーからの感謝の気持ちが終始込められていたこの日のライブだが、アンコールで再度ステージ上に上がった彼らにもファンからのサプライズが。

客席からアンコールを求める歓声を受けてメンバーが再びステージに戻ってくるや否や、客席からマイクを通した声で「メジャーデビューおめでとう!」という祝福のメッセージがメンバーに向けて発せられたのだ。

予期せぬ突然の演出にステージ上のメンバーは驚きを隠せない様子だったが、ファンからのあたたかいメッセージに胸を打たれた様子で、「いつもメッセージを届ける側だから変な感じですね」と少々照れ気味の米田と「まだまだメジャーにいって頑張っていきますので、これからも応援よろしくお願いします!」と声高らかに今後の躍進を約束した鈴鹿の声に、客席からも更に祝福の歓声が続いた。

アンコールは夜ダンらしく「B!tch」「Afro」とアッパーな2曲を続けて披露し熱気に包まれた中、ライブは無事終了。「本当に皆さん、ありがとうございました!京都のバンド夜の本気ダンスでした!」という米田からの閉めの言葉は、これからも地元・京都に対する思いを背負ってバンド活動を続けていくという、強い誓いのようなものを感じ取ることができた。

PHOTO BY 森下綾音

<セットリスト>
KYOTO de ONE MAN
03/31(木)京都MOJO
01.ロシアのビッグマフ
02.WHERE?
03.Showdown
04.By My Side
05.for young
06.Too Young
07.DookieMan
08.Love is always new
09.You & I
10.Candy tune
11.LOVE CONNECTION
12.This is pop
13.Logical Heart
14.escape with you
15.Crazy Dancer
16.fuckin’ so tired
17.戦争
-ENCORE-
EN1.B!tch
EN2.Afro


リリース情報

2016.03.09 ON SALE
ALBUM『DANCEABLE』

2016.03.30
MINI ALBUM『ヤングアダルト』


ライブ情報

「DANCEABLE」 レコ発記念ワンマンツアー
06/10(金)大阪・心斎橋 BIGCAT
06/12(日)香川・高松 MONSTER
06/18(土)愛知・名古屋 BOTTOM LINE
06/25(土)北海道・札幌 cube garden
07/02(土)広島・広島 CLUB QUATTRO
07/03(日)福岡・BEAT STATION
07/09(土)新潟・CLUB RIVERST
07/10(日)宮城・仙台 CLUB JUNK BOX
07/15(金)東京・恵比寿 LIQUIDROOM


夜の本気ダンス OFFICIAL WEBSITE
http://honkidance.com/


160402_ST_151401

160402_ST_151402

160402_ST_151403

160402_ST_151404

160402_ST_151405

160402_ST_151409

160402_ST_151406

160402_ST_151407

160402_ST_151408

160402_ST_154601

160402_ST_154602

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人