別れを悲しむ前に、一緒にいる何気ないこの瞬間を大切にしよう──。乃木坂46が捧ぐ“門出ソング”

乃木坂46

聖母として、チームを支えてきた深川麻衣が卒業を決意。そんな彼女がセンターを務めるニューシングル「ハルジオンが咲く頃」は、共に過ごした仲間への感謝や愛に溢れた一曲。メンバーを代表して、堀 未央奈が同作について語ってくれた。

INTERVIEW & TEXT BY 武市尚子


いつも以上に熱がこもった歌い方になっている

──今作「ハルジオンが咲く頃」は、春と卒業を感じさせますね。

堀 未央奈 「ハルジオンが咲く頃」は、乃木坂46を卒業することになった深川(麻衣)さんがセンターを担当するんですけど、本当に深川さんのために書かれたような歌詞なので、気持ちが入りやすかったですね。こんなにも“この人の歌だ!”ってわかる感じの曲はあまりなかったので。

──どんなところに深川さんを感じたの?

 “いつもそばで微笑んでた/日向のような存在”は、まさに“聖母”と呼ばれていた深川さんにぴったりだなって思いました。

私たちにとって乃木坂46は“夢を叶える場所”で、夢を叶えるために一緒になって泣いたり、笑ったり……いろんな経験を通じて仲間との絆を深めてきました。だから、そんな自分たちにとって特別な場所である乃木坂46から、新しい道を踏み出そうとする深川さんを一生懸命見送りたくて……いつも以上に熱がこもった歌い方になっていると思います。

それに、 卒業は誰もが経験することでもあるので、歌詞の内容が入ってきやすいと思うんですね。私もこの曲を歌ううえで、自分が経験してきた卒業を重ねながら歌っているので、卒業ソングとして皆さんに共感してもらいたいです。

深川さんの声が本当にかわいくて感動しました!

──ミュージックビデオ(以下MV)も“春”“卒業”“仲間”を感じさせる構成で。

 MVは本当に泣きながら撮影してたんですよ(笑)。フォーメーションにもすごくこだわっていて、みんなでセンターの深川さんを囲んで、お花みたいな形を作るシーンがあります。あと、ジャケット写真ではそれぞれの思い出の場所で撮影したりもしているので、ぜひそういうところも楽しんでもらえたらと思います。

──2曲目の「遙かなるブータン」はオリエンタルな一曲だね。

 はい。私はヨーロッパが好きなので、ブータンという国の印象があまりなかったんですけど。今回、「遙かなるブータン」を歌うことになって、ちょっとブータンと仲良くなってみようかなと思い(笑)、ブータンについてたくさん調べてから歌いました。

調べてみると、すごく平和な国だということがわかったので、自分なりにイメージを膨らませて幸せな気持ちで歌っています。曲調的には「革命の馬」をちょっと優しい雰囲気にした曲だなって思いました。

──「強がる蕾」(初回仕様限定盤A)は涙をそそる曲だよね。情景がすごく見えますし。

 そうなんです! 自分も地元・岐阜から上京して乃木坂46に入ったので、その頃のことを思い出しました。深川さんも静岡県出身で上京を経験しているので、きっとそのときのことを思い出しながら歌ったんじゃないかなって思います。切ないけど、深川さんの声が本当にかわいくて感動しました!

あのときは本当にひとりぼっちで……

──未央奈ちゃんが上京してきたとき、いちばん記憶に残っているものは?

 実は、私が上京してきたときは、突然選抜メンバーに選ばれたのもあり、すごくドタバタな感じだったんですよ。「えっ、どうしよう?」「あっ、荷造りしなきゃ!」「あぁこれも!」……みたいな(笑)。

なので、最初は準備に追われていたので平気だったんですけど、いざ東京で1人暮らしが始まって少し経つと、寂しさが込み上げてきて。家に帰っても部屋は暗いし、家族もいないから孤独。友達も近くにいなかったし、「乃木坂46に入りたい!」って自分から言い出したことだから家族にも弱音を吐けなくて、誰にも相談できなかったんです。

あのときは本当にひとりぼっちで……よく耐えたなって思います(笑)。きっと、そんなときにこの曲を聴いてたら、もうちょっと強くなれてたんじゃないかなって思います。

──「急斜面」(初回仕様限定盤B)は今作では風合いの違う、明るくてポップな印象でした。

 そうですね。歌詞で何度も“好き”って言ってるし、清々しい曲で乃木坂46っぽい曲だなって思いました。この曲は、“坂”という言葉が歌詞に出てくるので、ずっと大切に長く歌っていきたいです。

──「釣り堀」は、歌詞の着目点が面白い恋愛曲。

 釣り堀に着目するなんて、すごい! ってびっくりしました。でも、この曲、最初にタイトルを見たとき、別の意味でドキッとしたんです(笑)。

──どうして?

 “堀”っていう字が入っていたから、“えっ!?”って(笑)。

どんどん想像力だけが先走ってます(笑)

──あははは。名前呼ばれたみたいな感覚?

 そうです、そうです(笑)。釣り堀と恋愛って、なかなかくっ付かないですよね。なのに、すごいなって。魚が釣れるのを待ってる自分と、好きな彼にちょっとだけ振り回されてる自分を重ねてるんですよね。恋愛経験不足なので、このニュアンスがちゃんと歌で表現できてるのかな? って心配になっちゃいますけど(笑)。いろんな恋愛の歌をうたわせてもらっているから、どんどん想像力だけが先走ってます(笑)。

──あははは。純和風なイントロが印象的な「不等号」(初回仕様限定盤D)も、報われない恋を歌っていたり。

 自分は相手のことをすごく好きだけど、相手は自分のことそんなに好きではなかったっていう感じですよね。だから不等号なんだなって。あ〜、なんかそう思うと、恋って切ないですね。楽しいだけじゃないんだなって、改めて思います……。

──逆に辛いことだけじゃないよ(笑)。

 あ、そうですよね(笑)!

──では、最後に。卒業生や、あらたなスタートを切るみんなにメッセージを。

 自分が決めたことは、自分にしか続けられないことで、誰かがやってくれることではないので、やりたいなと思った気持ちを大切にして、一生懸命頑張ってほしいですね。でも、挫けそうになったり落ち込んだりしたときは、乃木坂46の曲を聴いて元気になってもらえたらなと思います。きっとその時その時の気持ちに当てはまる曲があると思うので、聴いて頑張ってほしいです!

★堀 未央奈の「5秒で答えて」はこちらで公開中!


プロフィール

ノギザカフォーティーシックス/秋元真夏、生田絵梨花、生駒里奈、伊藤かりん、伊藤純奈、伊藤万理華、井上小百合、衛藤美彩、川後陽菜、川村真洋、北野日奈子、齋藤飛鳥、斎藤ちはる、斉藤優里、相楽伊織、桜井玲香、佐々木琴子、白石麻衣、新内眞衣、鈴木絢音、高山一実、寺田蘭世、中田花奈、中元日芽香、西野七瀬、能條愛未、橋本奈々未、樋口日奈、深川麻衣、星野みなみ、堀 未央奈、松村沙友理、山崎怜奈、若月佑美、渡辺みり愛、和田まあや(50音順)。AKB48の公式ライバルとして2011年結成。翌2012年にシングル「ぐるぐるカーテン」でメジャーデビュー。

オフィシャルサイト


リリース情報

2016.03.23 ON SALE
SINGLE「ハルジオンが咲く頃」
Sony Music Records

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人