家入レオ、『ZIP!春フェス』で新曲披露。躍動感溢れるジャケも公開

3月29日から3日間にわたって開催中の日本テレビ系『ZIP!春フェス2016』の初日公演に家入レオが出演し、5月11日にリリースのニューシングル「僕たちの未来」をどこよりも早く、この日の東京ドームシティホールに集まった約3,000人のオーディエンスを前に初披露した。

この日のイベントには、家入のほかに、欅坂46、ソナーポケット、ダイスケ、超特急の計5組が出演。家入は4番目に登場した。上下黒の出で立ちで登場した家入のステージは、“レオちゃんコール”が沸き起こるなか、「Shine」からスタート。会場が熱い手拍子でひとつになったあと、「春フェス楽しんでますか? 次の曲は春フェスなのに夏の曲なんです。聴いてください」とコメント。ミディアムテンポのナンバー「君がくれた夏」のイントロが流れると、会場からは大歓声があがった。

続いて披露された「Hello To The World」「サブリナ」の2曲では、家入が「一緒に歌って!!」とオーディエンスにマイクを向けながら熱唱すると、会場は大きな一体感に包まれた。そして「次が早くも最後の曲です。今日この場が初披露になります。4月スタートのドラマ<お迎えデス。>の主題歌にもなっています。聴いてください、<僕たちの未来>」と話し、5月11日リリースの新曲を披露。会場に響き渡る、時にパワフルで、時に優しい歌声が3,000人のオーディエンスを釘づけにした。

新曲「僕たちの未来」が主題歌となる日本テレビ系ドラマ「お迎えデス。」(出演:福士蒼汰・土屋太凰ほか)は、4月16日よりスタート。ドラマを盛り上げること必至な、前向きな希望に満ちた歌詞と、壮大なコーラスワークが印象的なポップチューンになっており、本日30日より全国ラジオ局にて音源が解禁される。

また、「僕たちの未来」のCDジャケット3形態(初回限定盤/完全生産限定盤/通常盤)のアートワークも初披露。ホワイトとゴールドのワンピース姿の家入が躍動感溢れる動きと表情を見せる3種のジャケットでは、今までにない、彼女のあらたな側面が見られる。

今回の楽曲とアートワークに関して家入は、「<僕たちの未来>は、未来に向かってみんなと一緒に歩いていきたい、という想いで作りました。今まで内省的な歌詞を書いてきた私から、<僕たち>というこれまでとは違った温度の言葉が自然と出てきて。ジャケットでも、私のパーソナルな部分を届けられたらと思いました。アートディレクターさんとお話して、今回はトランポリンで飛びながら撮影しようと(笑)。なので、本当に躍動感のある、自然体な表情の私を切り取ったジャケットになっています」とコメント。なお、初回生産分のCDジャケットは、すべてホログラム・ジャケット仕様になっている。

カップリング収録楽曲のタイトルなども同時に解禁。詳細はオフィシャルサイトまで。


リリース情報

2016.05.11 ON SALE
SINGLE「僕たちの未来


ライブ情報

5th Live Tour 2016
09/17(土)埼玉・三郷市文化会館 大ホール
09/21(水)新潟・りゅーとぴあ・劇場
09/24(土)兵庫・たつの市総合文化会館 赤とんぼ文化ホール
09/25(日)広島・広島JMSアステールプラザ大ホール
09/30(金)北海道・幕別町百年記念ホール
10/01(土)北海道・札幌市教育文化会館 大ホール
10/08(土)宮城・イズミティ21 大ホール
10/10(月・祝)神奈川・秦野市文化会館 大ホール
10/16(日)千葉・君津市民文化ホール
10/18(火)長野・駒ヶ根市文化会館
10/22(土)島根・出雲市民会館
10/29(土)愛知・日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
10/30(日)静岡・焼津文化会館 大ホール
11/03(木・祝)和歌山・紀南文化会館
11/04(金)滋賀・守山市民ホール
11/06(日)大阪・大阪国際会議場 メインホール
11/12(土)岡山・倉敷市芸文館
11/13(日)山口・周南市文化会館
11/19(土)福岡・福岡サンパレスホテル&ホール
12/10(土)東京・東京国際フォーラム ホールA


ドラマ「お迎えデス。」番組サイト
http://www.ntv.co.jp/omukaedesu/

家入レオ OFFICIAL WEBSITE
http://leo-ieiri.com


160330-TR-090002

160330-TR-090003

[初回限定盤/CD+DVD]

160330-TR-090004

[完全生産限定盤/CD+GOOGS]

160330-TR-090005

[通常盤/CD]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人