[Alexandros]×ブルエン×ユニゾンが、10代に贈るスぺシャルライブで競演

3月27日、TOKYO FMをはじめJFN38局で放送中の10代向け人気番組「SCHOOL OF LOCK!」が、来春、卒業や進級など新しいスタートを切る10代に贈るスぺシャルライブ『SCHOOL OF LOCK!×進研ゼミプラス presents Whistle Song 』が、有明コロシアムで開催された。

出演アーティストは、[Alexandros]、BLUE ENCOUNT、
UNISON SQUARE GARDEN(五十音順)の3組。

人気3バンドが、1日限りの卒業スペシャルライブを披露し、さらに「SCHOOL OF LOCK!」内の人気コーナー「GIRLS LOCKS!」3週目を担当している橋本奈々未(乃木坂46)がサプライズ登場! 橋本奈々未が出演する撮り下ろしスペシャルムービーも上映された。。

【ライブレポート】
■BLUE ENCOUNT
ライブ演奏のトップバッターとして、BLUE ENCOUNTが登場。

「いろんな不安を抱えているみんなにできることは、忘れさせるライブをすることだと思う。明日に繋がる一歩を感じられるライブにしたい。高校時代からバンドをやってるので、僕らが信じてる音楽を見せたい。暑苦しいことにはなると思うけど、体感してほしいです」と語ったBLUE ENCOUNT。

ライブが始まると、「若い子が多いのかな? 見苦しく、暑苦しくやりたいです! 人生生きて来た中で、いちばんの日にしようぜ!」と語りかけ、LIVEの曲中では「ライブ初めてのやつもいるんだろ? 楽しすぎるね! 収まらん!」と叫び、「特別ゲストを呼びたいと思います」とステージにとーやま校長、あしざわ教頭を呼び込み、観客と一緒にタオルを回しながら会場と一体感を作った。

ボーカル田邊は「ちょっとだけ長く生きてる人間から言わしてもらうと、これからめっちゃいいことが待ってるよ、面白いやつとか好きなやつに会ったり。でも、今まで経験したことないきついことも山ほど経験します。味わったことないくらい傷つけられたり壁にぶちあたったり、楽しいことと同じくらいきついこともある。俺らがバンドやっている理由でもあるんだけど、どんだけ傷つけられようが、俺らがついてるから安心してよ。出会った人の背中を押したいと思って音楽やってるので、よっしゃ頑張ろうって思えるような曲を作り続けるから、曲を聴いてるときは笑って泣いてほしい。頑張るよ、じゃなくて一緒に戦うために歌ってます。最高なはじまりの日になるように。めちゃくちゃでかいエールを送ります」と熱いメッセージを語り、観客と一体になりながらライブは終了しました。

■UNISON SQUARE GARDEN
冒頭、ベース田淵が「実際にライブで生の音楽を聴いたときに、どうやって体が動くのか、そういうのを大切にして欲しい」、ボーカル斎藤が「環境って変わるものだからずっと楽しいとか、ずっと苦しいとかはなくって、僕たちは楽しい音楽を届けるだけ」と語り、ライブがスタート。

ライブ中にも、会場全員が体を動かしながら一体となって演奏は進み、MCでは「今日もいい曲たくさんやって帰ろうと思っているので、自由に楽しんで帰ってください!」と話した。

■橋本奈々未がサプライズ登場
イベントの途中で「SCHOOL OF LOCK!」内の「GIRLS LOCKS!」3週目を担当している、橋本奈々未が登場するムービーが上映。リスナーからの手紙を橋本が読み上げるという内容で、「この子と話をしてみたいな」と電話をかけるシーンで終わると、会場にいる生徒「ラジオネームはすみちゃん」に生電話がかかり、橋本奈々未がサプライズ登場。会場から、大きなどよめきが起こった。

「家族にも迷惑をかけたので、自分のしたいことを成し遂げられるように、そんな大学生活を送りたい」と、大阪から来たはすみちゃんが語ると、橋本からは「高校三年生で自分の考えをしっかり持っているのは本当に強い。今日集まっているみんなの勇気になると思う」とはすみちゃんへメッセージを語った。

登場した感想を聞かれると、橋本は「3組のアーティストのファンのみなさんが多いと思うので、出てくるのがとても不安だったんですけど、とっても暖かく迎えてくれてうれしかったです」とコメント。さらに「裏でずっとライブを観ていて、とてもかっこよかったです。何度観ても新しいかっこよさを発見します」と笑顔で語った。

■[Alexandros]
ライブの最後には[Alexandros]が登場。「純粋に音を楽しんでもらって、背中をほんの少しだけ押したい」と意気込みを語った。

曲中でも、ボーカル川上が「あー楽しい」と叫び、MCでは「楽しんでますか? 今日は若いねー。ライブはみんな同じ動きをしなくても、好きなことやっていいから。歌いたかったら歌ってもいいし」と語り、会場からは割れんばかりの声援が。「やっぱ俺歌わなくてもいいかも!」と思わずはにかむ場面も。

MCでは「今日はセットリストどうしようかなって考えてて、コーナーにリクエストがたくさん来たんだけど。<city>やってとか。ごめんね、今日はやらないんだよね。それでさ、一曲全然やってなかった曲がリクエストに来て。これも入らなかったんだ。ごめん。だからワンコーラスだけアコギでやります」とボーカル川上が「This Is Teenage」をアコギで弾き語り、「セットリストに入れたけど削除されちゃって、それでも皆に届けたかったので」とワンコーラスのみ披露した。

ライブも大詰めになり、ボーカル川上が「あと2曲よろしくお願いします!」と話すと、会場からはもっと聴きたい! の歓声が。「そりゃ俺たちだってあと2時間くらいやりたいよ! でも大阪とかでもライブやるんで、また一緒に楽しみたいです。また会えるから! そのときまた楽しみましょう!」と観客に伝え、「NEW WALL」「ワタリドリ」の演奏を終え、ライブは終了した。

<セットリスト>
■BLUE ENCOUNT
1:DAY×DAY
2:アンバランス
3:Survivor
4:NEVER ENDING STORY
5:LIVER
6:もっと光を
7:はじまり

■UNISON SQUARE GARDEN
1:23:25
2:カラクリカルカレ
3:シュガーソングとビターステップ
4:何かが変わりそう
5:MR.アンディ
6:シャンデリア・ワルツ
7:天国と地獄
8:桜のあと(all quartets lead to the?)

■[Alexandros]
1:Boo!
2:Girl A
3:Run Away
4:Dracula La
5:I want u to love me
=MC:This Is Teenage(川上洋平がAGで弾き語り)=
6:NEW WALL
7:ワタリドリ


「SCHOOL OF LOCK!」番組サイト
http://www.tfm.co.jp/lock/


160327-CI-2320001

160327-CI-232002

160327-CI-232003

160327-CI-232004

160327-CI-232005

160327-CI-232006

160327-CI-232007

160327-CI-232008

160327-CI-232009

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人