“雨バンド”GOOD ON THE REEL、完売のツアーファイナルで初の野外ワンマンライブ開催を発表

2月6日からスタートした「GOOD ON THE REEL presents 『HAVE A “GOOD” NIGHT Vol.33 ~Vol.47』 ペトリコール ~雨天決行~」が3月25日、Zepp DiverCity(TOKYO)にてファイナルを迎えた。

全国15ヵ所で開催された2ヵ月間に及ぶワンマンツアーのファイナル公演とあって、様々なプレゼントが用意されており、入場時には入口でアルバムのリード曲「つぼみ」のミュージックビデオ撮影時に使用されたビー玉が配布された。ミュージックビデオを何度も観ているファンにとって、思い入れのあるプライスレスなプレゼントとなった。

開演前のステージには紗幕が張られ、最新アルバム『ペトリが呼んでる』のイラストの世界が映像となって映し出された。客電が落ちて、メンバーのシルエットが浮かび上がると会場の期待も一気に盛り上がり、1曲目のドラムカウントと同時に幕が振り落とされ、ファイナル公演はスタートした。

MBS・TBS深夜ドラマ「監獄学園-プリンズンスクール」主題歌に書き下した人気曲「サーチライト」など最新アルバムの楽曲にこれまでの人気曲も織り交ぜ、ライブは進行。

チケットはソールドアウト。満員の2,000人超のファンで埋め尽くされた会場を見たメンバーは、「僕たちのためにこんなに来てくれて、スゲーうれしい!」と驚きと共に素直なリアクションを見せた。

本編最後のMCで千野隆尋は、「頑張れなくても、変われなくても、生きているだけで掛け替えのない存在」とファンへの想いを伝え、「Mr.week」を歌い上げた。

アンコールでは、10月9日に日比谷野外音楽堂でワンマンライブを開催することが発表された。

「野音」=「野外」。雨バンドの異名を持つGOOD ON THE REELなだけに、すぐに当日の天候に話題が及んだが、会場のファンはそれを楽しんでいるかのようだった。「まさに雨天決行です」と千野がコメントで笑いを誘った。

アンコールを含め全21曲、約2時間半のステージはファンとバンドとの自由で“GOOD”な関係に、またあらたな1ページを刻んだ。

全身全霊で歌いきった千野はステージを終えて、「全国どこでもただいま!と言いたくなる笑顔のお客さんの存在がうれしかった。ファイナルでは幕が振り落ちた瞬間に見えた景色に感動した」と語っていた。

<セットリスト>
GOOD ON THE REEL presents 『HAVE A “GOOD” NIGHT Vol.47』 ペトリコール ~雨天決行~
03/25(金)東京・Zepp DiverCity(TOKYO)
01. BYSTANDER
02. サーチライト
03. 素晴らしき今日の始まり
04. さよならポラリス
05. ただそれだけ
06. ゴースト
07. つぼみ
08. So Late Me
09. スケール美術館
10. アイスランド
11. REM
12. 存在証明書
13. シャボン玉
14. rainbeat
15. 夕映
16. ホワイトライン
17. ペトリコール
18. Mr. week
-ENCORE-
EN1. ノースポール
EN2. シャワー
EN3. パッピーエンド


GOOD ON THE REEL OFFICIAL WEBSITE
http://goodonthereel.net/


160326_ST_125401

160326_ST_125402

160326_ST_125403

160326_ST_125404

160326_ST_125405

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人