平井 堅、クリスマスイブ開催の「Ken’s Bar」をWOWOWにて全曲ノーカットOA。「“これから”天才を目指します」

2016.03.25

2015年にデビュー20周年を迎えた平井 堅が、12月24日に横浜アリーナにて開催したクリスマスコンサート『Ken Hirai 20th Anniversary Ken’s Bar X’mas Special !!』の模様が、3月27日、WOWOWにて独占放送される。

『Ken’s Bar』は平井のライフワークであり、ピアノなどの演奏とともにじっくり歌を聴かせるアコースティックライブ。クリスマスイブの横浜アリーナの会場には、アリーナクラスでありながら、まるでディナーショーのような雰囲気が漂っていた。

アリーナのフロアには円形テーブルが数十個配置され、観客が座ってお酒や食事を楽しめるスタイル。そしてスタンド席も3階席までぎっしりとファンが埋め尽くす中、黒いタキシード姿の平井がアリーナ後方から登場。

フロアのセンターにセットされた可動式のサブステージに上がると、グランドピアノを弾きながらこの『Ken’s Bar』のテーマソングでもある、2000年にリリースしたせつない片思いの歌「even if」をしっとりと歌い上げた。そしてテーブル席の合間をぬって、レッドカーペットをステージに向かって悠々と歩き、クリスマスツリーが飾られたメインステージへと移った。

「Ken’s Barへようこそ。今夜は熱く盛り上がりましょう。メロメロにしてやるからな、横浜アリーナBoys & Girls!」と平井は宣言し、古典的なクリスマスソングや自作のラブバラードを、ひとつひとつこだわりのアレンジで披露していく。伴奏はピアノとアコースティックギターのみのシンプルな編成がメイン。ときにウッドベースやパーカッションも入り、どんな楽器にも合わせられ、どんなテンポにも情感的な歌を乗せられる平井の歌唱力を証明しつつ、大音量に頼らず音楽性の高いステージを展開した。

休憩後の第2部では、代表曲「瞳をとじて」で豊かな声量をアリーナいっぱいに響かせた。また、『Ken’s Bar』の醍醐味でもある初披露のカバー曲も。ORIGINAL LOVEの「朝日のあたる道」などを歌い、観客はその完成度の高さに惜しみない拍手を送った。ライブ終盤は「ソレデモシタイ」、「KISS OF LIFE」とキャッチーなヒットソングを連発。卓越した歌と20年の積み重ねによる圧巻のパフォーマンスを見せながら、最後のMCでは謙虚にこう語った。

「2015年はライブざんまいで、歌手冥利(みょうり)に尽きる1年でした。2016年も20周年のスペシャルはまだまだ続きます。これからも歳を重ねる喜びとさびしさ、その両方を歌に乗せていきたい。子供の頃に思っていたような天才にはなれなかったけれど、みなさんの心に寄り添える歌手でいる覚悟はできています」

本編ラストはごきげんなポップチューン「POP STAR」。ファンはテーブル席も含め総立ちになり、祝祭のような楽しいステージに大歓声が巻き起こった。そして、アンコールでは「さっきのMCはちょっと自虐的でした(笑)。“これから”天才を目指します」と明るく前言撤回。そして、オープニング曲「even if」の続きでもある現在この『Ken’s Bar』でしか聴けない「half of me」を熱唱した。これは失恋の痛みを歌ったバラードで、貴重なCD未収録曲。ピアノの弾き語りで切々と歌い、横浜アリーナの巨大な空間を平井 堅の色に染めて、特別なライブは幕を閉じた。

なお、当日のライブ映像で作成された「プロモーション映像」が、番組公式サイトにて期間限定で公開中(3月27日まで)。要チェックだ。

<放送予定楽曲>
even if
Have Yourself A Merry Little Christmas
愛にこだわれ
キミはともだち
グロテスク
Thinking Out Loud
ON AIR
センチメンタル
瞳をとじて
いっそセレナーデ
朝日のあたる道
君の好きなとこ
ソレデモシタイ
KISS OF LIFE
POP STAR
Love Love Love
half of me


番組情報

WOWOWライブ「平井 堅 20th Anniversary Ken’s Bar X’mas Special !!」
03/27(日)21:00〜


番組特設サイト
http://www.wowow.co.jp/music/hiraiken/

平井 堅 OFFICIAL WEBSITE
http://www.pinups.co.jp/hirai/


160325-CI-162001

160325-CI-162002

160325-CI-162003

160325-CI-162004

160325-CI-162005

160325-CI-162006

160325-CI-162007

160325-CI-162008

160325-CI-162009

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人