ken(L’Arc~en~Ciel)/放談我報OUTLET 第106談

150529-UK-121001

大のオトナが無邪気にフリー・トーク。
雑誌「ワッツイン」好評連載のアウトレット!

第106談

houdangahou

150601-UK-195301

K 連載の企画を立ち上げ、kenとともに106回すべてを完走した唯一のメンバーである弊誌編集担当①。

S 肉体美とピュアさで周りをメロメロにし、いつもキメ台詞をくれたレコード会社のラルク アン シエル担当。

Y プライベートをさらけ出して笑いを提供し、半端ない熱量でトークを盛り上げてくれたライター女史。

ken いろんなエピソードを語り、さらに放談旅行では珍事を巻き起こしてくれた当連載マスター。

H 旅行の長距離運転など、放談一の功労者。自身と間近で見るkenの面白話を教えてくれたkenのマネージャー。

F 2009年の初加入の回から最終回まで一貫して不思議な言動でメンバーを驚かせ続けた弊誌編集担当②。

B 最後のおみや当番という大役を任され、手作りの錦糸卵を含む手巻き寿司で有終の美を飾った弊誌編集者。

連載「放談我報」は、雑誌「ワッツイン」の休刊に伴い、最終回を迎えることになりました。放談我報は最後まで、まとまらない放談が売りです───────なアウトレット!

 

Y みんなのバレンタインの思い出が聞きたい!

ken 好きな人にあげたことある?

Y 彼氏じゃなくて、片想いの状態でですか?

ken うんうん、そのエピソードを聞かせてほしいな。

Y うわ、ビックリするぐらいないですね。

S 近くの男子校の男の子に、とかないんですか?

ken 電車で一緒になる、あの名前を知らない子に、とか。

Y あ、電車で一緒になる子には、バレンタイン前にフラれていたので。

ken え、あ、そのエピソードが聞きたい。

一同 (笑)。

Y 私高校のとき電車通学だったんですよ。近くの他校に通う男の子3人と、私と友達の女の子2人がいたんですけど、その5人が毎朝同じ電車になっていて。お互いいつも意識してたんですよ。

ken えっと、その、“意識してるな”ってどうやってわかるの?

Y あのね、その男の子たちがちょっと面白い話をして、こっちがクスッとするのを待ってたりとかするんですよ。

S あー、聞こえるように話すんだ。

Y そうそう。で、仲よくなって1年生から3年生まで3年間電車通学だったんですけど、ずっと一緒に喋ってて。

K あ、喋ってたんだ。

Y そう。でも高校生とかだから、早々に好きになっちゃうじゃないですか? 入学してすぐだから春頃に好きになったんですけど、秋頃に告白して、フラれたんですよ、私。

ken なんて言われたの?

Y 「好きです、付き合ってください」って言ったら、「彼女がいます」って言われて。「そんなこと、ひと言も言ってなかったじゃん!」みたいな。

S それまでは遊んだりしてなかったんですか?

Y グループで会って遊んでた。

ken あー、電車乗りたい!

一同 (笑)。

Y マジ青春だなと思ってて。

H うんうん、青春。

Y で、告白した次の日から私が電車に乗らなかったらこの関係はおしまいだなと思って、いつもと同じ電車に乗ったら、その男の子もいい子で受け入れてくれて、結局その5人は今でも付き合いがあるんですよ。

H えー、すごい!

Y お互いの結婚式に出たりとか。

ken それって電車で会っただけだよね、最初?

Y そうそうそう。

ken なんの会って呼んでるの?

Y “朝の会、朝ファイブ”です。

一同 (笑)。

ken 残り2年間でほかに彼氏はできた?

Y その電車の子にフラれたあと、売れないお笑い芸人と付き合い始めました。

ken えっ。それは、朝5には言ったの?

Y ちゃんと言いました。だからいまだに「お前売れない芸人と付き合ってたよな」ってその告白した子に言われるっていう。

ken いまだに。

Y そうそう。「お前にフラれたからだよ」って言ってますけど(笑)。

K それが言えるって、いい仲だね。じゃぁ、バレンタインにチョコをピンポーンって持って行く、とかはなかったんだ。

Y 私はなかったですね~。

H 私、ピンポーンはないけど、チョコをポストに入れたことはあるかな。名前も書かずに入れたと思う。

K それいつ?

H 小5のときに6年生の先輩に。

Y 小学生のときに先輩ってなかなかないよね?

H それでいうと私、小2のときは、小6の先輩が好きだったんですよ。

Y ませてるねぇ。

ken 小2のときもチョコあげたの?

H それはあげられなかったですね。喋ったこともなかったから。でもお母さんには私がその先輩のことを好きなのを言ってたから、夏祭りのときにお母さんが「○○くん、後ろにいるよ!」って教えてくれて。で、その子をバックに写真を撮って。

一同 (笑)。

H 写り込むように(笑)。だから本人は横向いてるんですけど。

Y そういう写真が宝物なんだよね。

H そうそうそう。小2のときはそれが精一杯だった。で、小5のときは、名前書かずにポストに入れて。

K それはFのニュアンス(雑誌「ワッツイン」4月号参照)とは……。

H 違います!(笑) 私は恥ずかしくて名前が書けなかったんです。あげたっていう自己満足でよかったので。

Y 男性陣のチョコもらったエピソードも聞きたいな。

ken&K 覚えてないなぁ。

H 「覚えてない」って言ってない人がひとりいる(笑)。

S 僕は小学校の頃のことしか覚えてないんだけど。その頃は、なんか全然カッコイイとかじゃなくて、単純に足が速かったんですよ。

Y あー! モテる!

K 足が速いとモテるよね、たしかに。

S 人生いちばんのモテ期でしたね。家のポストに入ってたこともあって、手紙が添えてあるんですけど「○時に○○に来てください」って書いてあって。すごい好きだみたいな内容なんですけど、そのあとに、「来てくれたら私の(唇のイラスト)をあげてもいいよ」って書いてあって。

一同 (爆笑)。

ken 小学生の女子ってそんなにませてるの!?

Y それ、どうしたんですか!? Sさんは受け止めたんですか?

S 幼稚園からずっと一緒の子で仲よかったから、“行かないと傷つける”と思って行ったんですけど、チューはしてないですね(笑)。

Y 小学生の男子なら、まだお母さんとチューしてるくらいですもんね。

S ……お母さんとは、していない(笑)。

一同 (爆笑)。

H (笑)。それにしても、やっぱりバレンタインってそわそわするんですか?

S してた。勝手にしてた(笑)。

一同 (笑)。

H “どこかで知らない人から声をかけられるんじゃないか”とか?

S うん。いつ、誰から見られているかわからないじゃないですか。特に中学校のときは電車通学だったから、そういうのもあるのかなって。結局1回もそんなのありませんでしたけど(笑)。

Y いいなぁ。もう一度高校とか通いたいなぁ!

一同 (笑)。

H 大学だったら入れるんじゃないですか?

Y あ~、絶対楽しい! でも、同級生はみんな、18歳とかなんだよね……。

H 年下のみんなとキャンパスライフも楽しそうですよね!

ken どうする? 入学式であだ名をつけられたら?(笑)

K 「やたらテンションの高い人、入ってきたな」みたいな(笑)。

Y 「あの人うるさい」って言われる! 「やたら発言するな」みたいな。すごく想像できてちょっとヘコんできたわー。

一同 (笑)。

ken 学校入って友達を作りたいんだよね?

S すぐできそう。

Y その子たちの恋愛相談に乗りたい!

H でも、大学生ってことはBさんよりも若いわけでしょ?

B あ、この前Yさんに恋愛相談に乗ってもらいました。

Y クリスマスに彼氏からプレゼントもらえなかったって話ね!

B クリスマスの日に取材があって会えないから、その何日か前に彼氏にプレゼントをあげたのに、私はもらえなかったって話をYさんにしたんですよ。

Y うん。された、された。私Bちゃんのこと、本当に大好きなんだけど、そのときめちゃくちゃ忙しくて疲れててあまり聞くコンディションじゃなくて、「そんなん気にすることじゃない」ってバッサリ言っちゃって(笑)。

H えーーー!!!

S 恋愛相談したいって言ったのに!

一同 (笑)。

S 気分屋に恋愛相談したくない(笑)。

Y 「男なんてそんなもん!」って一蹴しちゃってさ。じゃ、仕事、仕事! って(笑)。

K でもそれが自分にとっての初めての記念日だったら嫌でしょ?

Y そんなこと全然思い浮かばなかった(笑)。だって私は自分が尽くしたり、貢いだことしかないから、相手から何かがもらえるということを期待したことがない。

ken Fもそのタイプだよね?

F はい。貢ぐタイプです(キッパリ)。

K このふたりに恋愛相談はダメだな(笑)。

Y でも、男性陣は、イベントなし派が多いですよね。

S う~ん。気分次第かな(笑)。あと我が家は逆バレンタインなんですよ。

H&Y えー!?

ken 逆バレンタイン?

K Sくんが奥さんにあげるの?

ken ンイタンレバみたいな?

K&S (笑)。

Y え、何なに?

H 全然わからない。なんですか?

K (笑)。これ、説明すると恥ずかしいやつ(笑)。

ken 「逆バレンタイン」って言ったから、バレンタインを逆から読んだだけ(笑)。あのね、話を止めるほどのことじゃない。

一同 (笑)。

K あはは(笑)。でも素敵だね。それは毎年ずっと?

S ……たまにですけど(笑)。

K え! なんか決まり事みたいに言うからさ、すごいカッコいい男だと思っちゃったじゃん!

H うちはそうなんですよ、みたいな感じだったから毎年やってるんだと思った。

S 全然ちゃんとしてないです(笑)。

Y いやぁ、逆バレンタインもそうですけど、ほんと話の程度は全然変わんなかったですね、106回やってきても(笑)。

H そうですね。そういえば昔はよく企業に電話したりしてたな……。

K 話の中で疑問に思ったことを即電話して聞いてたね。

Y 電話だと、私占い師に電話したのしか覚えてない。あと瞬足ね。

ken 瞬足は大変だったね。

H つらかったですね、Sさん。

S つらかった。

K ふたりグロッキーな人が(笑)。

F しかも1回目は雨で延期になり……。

Y 競技場の傍らの会議室で放談するっていう(笑)。

K とにかく壮大な企画だったよね、あれは(笑)。

ken まぁなんかこう、“朝の会”みたいな感じで。

K そうね、たしかにたしかに。

Y 年1とかで企画やりますか(笑)。

H そこで再会できるように。

K そうですね。

一同 本当にみなさん、長い間ありがとうございました!

 

文●吉田可奈
撮影●三吉ツカサ
ヘア&メイク●荒木尚子(Octber.)
スタイリング●高見佳明

  今月の“おみや当番”【B】

手作り手巻き寿司

自由にアレンジして食べられる手巻き寿司。具材は、お刺身、唐揚げ、エビフライ、ツナ、大葉、キュウリ、錦糸卵(Bの手作り)からお好みのものを巻いて。

sushi

インフォメーション

ケン/1994年にビデオシングル「眠りによせて」でメジャーデビューしたL’Arc~en~Cielのギタリスト。シングル「Wings Flap」が発売中。

 

バックナンバーはこちら >>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人