【Sign】GRANRODEOの出版記念イベント開催!MVランキングからお悩み相談、まさかの本人私物ゲットのじゃんけん大会で大盛り上がり!?

2016.03.19

GRANRODEOデビュー10周年アニバーサリーブック
「G10 ROCK☆SHOW」出版記念イベント
2016年3月19日@都内某所


GRANRODEOの10周年を記念して発売されたGRANRODEOデビュー10周年アニバーサリーブック「G10 ROCK☆SHOW」出版記念イベントが開催された。

まずは事前にファンから募った、「あなたの好きなGRANRODEOのミュージックビデオ」(以下MV)をランキング形式で紹介。「実はリハーサルで3位までの結果知っちゃったんだよねぇ」(KISHOW)という話もありながら、撮影時の思い出や苦労話、MVの出来栄えについて語っていく。

160319-YS-170004

そして、3位からはファンと一緒に映像を観ながらの発表。途中、KISHOWがハンドマイクを歯にぶつけてしまうというハプニングがあったり、些細な言葉の端々を広げて小ボケを入れていくe-ZUKAだったり、時に脱線しながらもそれぞれ楽曲についての思いを改めて知る貴重な機会となった。

160319-YS-170003

第2位「Can Do」を鑑賞中。「これが1位だと思ってた!」と驚きのKISHOWとe-ZUKA

ロデオボーイ&ロデオガールが選ぶ
GRANRODEOの好きなミュージックビデオランキング

第1位 バラライ

第2位 Can Do


第3位 Punky Funky Love

と、ここで。4月13日に発売される最新シングル「TRASH CANDY」のMVのフルバージョンが本邦初公開! 彼ららしい疾走感あるサウンドとスリリングなロックナンバーが映える映像に会場中が見入ってしまう。

続いては、GRANRODEOがスパっと解決!? するお悩み相談へ。「アルバイトを探しているのだが、GRANRODEOはどんなアルバイトがしたいか?」「GRANRODEOをひと言で説明するには何と言えばいい?」「上司をギャフンと言わせたい」などなど。ファンが抱える悩みにKISHOWとe-ZUKAの独自の観点で答えを出していく(笑)。

さらに、今回いちばんの盛り上がりをみせたのは、Sign動画(下記動画参照)で実際にGRANRODEOがサインをしたアクリルボードのプレゼント! ゲットするためにじゃんけん大会が開かれたのだが……KISHOWとe-ZUKAのささやきにまんまと騙され、一瞬のうちに終了。

すると、「こんなに早く終わったんなら……これとかどう?」とKISHOWが身につけていたブレスレットを。そして、e-ZUKAは使用感のあるピックという、ふたりの私物を急遽プレゼントすることに! 大盛り上がりのじゃんけん大会の後には、GRANRODEOのふたりがハイタッチでお見送り。

今回、多数の応募者のなかから選ばれた200名のロデオボーイ&ロデオガールと短い時間ながらも、楽しいひと時を過ごさせたのではないだろうか。

TEXT & PHOTO BY ジャガー

160319-YS-170002


プロフィール

グランロデオ/KISHOW(谷山紀章/vo)、e-ZUKA(飯塚昌明/g)。2005年に結成された音楽ユニット。同年11月23日にシングル「Go For It!」でデビューを果たす。

オフィシャルサイト


リリース情報

2016.04.13 ON SALE
SINGLE「TRASH CANDY」
Lantis

★本日発表! アニバーサリーライブが映像化決定!!
2016.06.15 ON SALE
Blu-ray & DVD「GRANRODEO 10th ANNIVERSARY LIVE 2015 G10 ROCK☆SHOW -RODEO DECADE-」
Lantis
詳細はこちら

2016.02.13 ON SALE BOOK
「G10 ROCK☆SHOW」
エムオン・エンタテインメント

160129-YS-154801A4変型判/208ページ/オールカラー
¥3,612+税
※内容、仕様、価格は変更になる場合がございますのでご了承ください。
詳細はこちら

【販売店舗別/購入者特典内容】
■アニメイト アニバーサリー4P小冊子 ※現在製作中
■タワーレコード B2サイズポスター
■とらのあな/ゲーマーズ/HMV/ネオ・ウィング/アニメガ(文教堂一部店舗含む) ポストカード ※ポストカードは共通絵柄となります。 ※予約受付中。 ※内容は変更になる場合がございます。なお、特典はなくなり次第、終了とさせていただきますのでご了承ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

  • ジャガー

    ジャガー

    「M-ON! MUSIC」の編集/ライター/小言を言う係。音楽フリーペーパー「music UP's(現okmusic UP's)」の編集を経て、音楽雑誌「ワッツイン」へ。前身サイト「DAILY MUSIC」 への参加をきっかけにWEBの人になりました。