デビュー後、即ブレイク!大躍進した韓国の新世代バンド「Hyukoh(ヒョゴ)」は今から知っておくべき

東方神起、少女時代、EXO……これまではアイドルに耳目が集まっていた韓国発の音楽だが、バンドにも注目株が現れた。

「Hyukoh(ヒョゴ)」と名乗るそのバンドは、オ・ヒョク(vo、g)、イム・ヒョンジェ(g)、イム・ドンゴン(b)、イ・イヌ(ds)という1993年生まれの4人組み。

2014年に結成、全員がソウル市内の大学や高校で芸術や音楽を学んできたという。そして、韓国で人気急上昇中なのだそうだ。

リーダーは圧倒的な歌唱力と坊主頭にピアスのルックスが印象的なヒョクだ。ヒョクはHyukoh結成前からシンガーソングライターとしてソロで活動していたが、かつてバンドとして経験した面白さが忘れられず、メンバーを集めてHyukohを結成した。

 

まったくルーツの異なるメンバーによる化学反応


彼らのスゴさを体感するために、まず楽曲を聴いてほしい。「Comes And Goes」はHyukohの代表曲。

近年のUS/UKのインディーロックバンドのようなオシャレなギターサウンドに、ブラックミュージックの影響を感じるファルセットを多用した印象的なボーカル、そして英語と韓国語の両方を使った詞。Hyukohならではのオリジナリティを感じずにはいられない一曲だ。

クラシック、ヒップホップなどバックグラウンドの異なるメンバーで構成され、そのためジャンルにとらわれない様々なタイプの楽曲が制作できるのも、彼らの魅力のひとつ。

楽曲「Gondry」は、甘いトーンのギターサウンドが印象的なロマンティックに聴かせるスローバラードだ。

 

デビュー1年ですでに韓国国内で大ブレイク

結成した当初は、一部の音楽ファンや業界関係者の間でのみ話題であったHyukohだが、人気バラエティ番組「無限挑戦」への出演を経て大ブレイク。

2015年のメロンミュージックアワードで「Top 10 Artists」、2016年のソウルミュージックアワードで「Performance Culture Award」を受賞するなど、デビュー間もないバンドとしては異例の高評価を獲得する。

韓国では一躍人気バンドの仲間入りを果たしたHyukohだが、日本ではiTunesなどのサービスを通して音源を購入できるものの、まだデビューはしていない。

にもかかわらず、2015年11月20日に渋谷のTSUTAYA O-nestで単独公演、また11月22日には、表参道のアップルストアで7曲を生演奏で披露するライブイベントを開催した。

日本でも期待が高まり過ぎて、もはや異常事態に発展しつつあるHyukoh。本格ブレイクを前に、チェックしてみてはいかがだろうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人