水曜日のカンパネラ、アメリカ初上陸ライブでメジャーデビューを発表

水曜日のカンパネラがアメリカ・テキサス州で開催されている世界最大規模の音楽フェス『SXSW2016』に“WEDNESDAY CAMPANELLA”としてステージに立った。

『SXSW2016』は、アメリカ・テキサス州で開催される20万人以上参加の世界最大規模の音楽フェスで、水曜日のカンパネラは3月16日12時(現地時間:3月15日22時)より、Cheer Up Charliesという会場のステージに出演した。過去に台湾でのライブ経験はあるが、アメリカでのパフォーマンスは今回が初めてとなる。

現地時間の3月13日にオースティンに到着した水曜日のカンパネラ。3月14日にはライブ会場が密集するSXSWの中心エリア、Red River & 6th Streetでストリートライブを敢行。ワンマンなどでもおなじみの招き猫とコムアイが三輪自転車のタクシーに乗り込み、パフォーマンスを行った。

3月15日22時にCheer Up Charlie’sでライブがスタート。「ナポレオン」がはじまるとステージ後方のライブ会場入口から、お神輿に乗ってコムアイが登場し、会場に歓声が沸き起こる。続いて「ユタ」を歌い、会場の生命エネルギーを徐々に上げていく。

ここで、コムアイから英語で「みんな、ありがとう。今、東京でアルバムを作っているの。次のアルバムは6月にワーナーミュージック(Atlantic)からリリースします」とメジャーリリースの決定が発表され、アルバムに収録予定の新曲「チュパカブラ」をライブ初披露した。

途中、スマホのカメラアプリを使った、コムアイの顔がいろいろな表情に変化する様子をモニターに映し出すというパフォーマンスでは、会場が笑いに包まれ、「ウランちゃん」に続く。「メデューサ」では、ライトを持って観客の間を動きまわり、そのまま客席後方のコンテナに登り「シャクシャイン」も披露。

「桃太郎」では、先日行われた東京、大阪のワンマンライブでも披露したウォーターボールに入って観客の頭上をクラウドするパフォーマンスを敢行。今回、初体験となるお客さんも最高の盛り上がりを見せ、初めてのアメリカでの公演を終えた。

ライブ終了後も初のアメリカにもかかわらず、多くのファンがコムアイにサインや握手を求める声が聞こえた。

今回初のアメリカでの公演で着実に実績を残した、水曜日のカンパネラ。今後の海外での展開も気になりつつ、6月のリリースでもなにか面白いことが仕込まれているかもしれない。今後の情報を心待ちにしよう。

<セットリスト>
1. ナポレオン
2. ユタ
3. チュパカブラ
4. ウランちゃん
5. メデューサ
6. シャクシャイン
7. 桃太郎


水曜日のカンパネラ OFFICIAL WEBSITE
http://www.wed-camp.com/


160317-TR-090003

160317-TR-090001

160317-TR-090002

160317-TR-090004

160317-TR-090005

160317-TR-090006

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人