“エロすぎるジャズピアニスト”高木里代子、ジャズの聖地での単独ライブが“立ち見”続出の大盛況

昨年の東京JAZZ出演を皮切りに、“乳フェイス”“エロ過ぎるピアニスト”としても知名度が急上昇した高木里代子。2月17日に発売したメジャーデビューアルバム『THE DEBUT』はオリコン初登場37位とジャズ界では異例のスタートを果たし、今なお好調なセールスを記録し続けている。

それからわずか1ヵ月。高木は、ニューヨークの伝説的クラブを再現し、世界中の一流ミュージシャンがライブを行うジャズの聖地“COTTON CLUB”での単独ライブを3月15日に行った。チケットも早々にソールドアウトし、会場は満席。立ち見も出るほどの盛況ぶりだ。

1st STAGEではトリオ編成、ギターのゲスト鈴木直人を迎え、すべて人力(生演奏)で魅せるスタンダードなジャズステージ。2nd STAGEでは自身がキーボード奏者を務めるクラブ系ハウスユニット、Inner City Jam OrchestraのメンバーDJ牧野雅己とのエレクトリックジャズ、観客からテーマをもらい曲を完成させる即興演奏、そしてエレクトロと生バンドとが融合した革新的なジャズパフォーマンスまで、熱いステージが繰り広げられた。

すばらしいパフォーマンスに酔いしれた観客の「すごい!!」「かっこいい!!!」「ブラボー!!!!」という声や、声にならない感動の歓声、鳴り止まぬ拍手のなか、約2時間の公演は終了した。

途中、持ち前の飾らないマイペースなMC、どうしても弾きたかったという1曲だけのために用意されたショルダーキーボードにトラブルが起き、会場に笑いの渦に巻き起こしたりと、キュートな面も垣間見られた。メディアではビジュアルの話題が賛否を唱えているが、ライブを体感すると一流の演奏はもちろん、その人柄にも魅かれるからこそ、着実にファンを増やしているのだと感じることができる。

来月9日には、CLUB ASIAで開催される『泡パ-THE DEBUT!-』へのゲスト出演、16日にはJZ Brat Sound of Tokyoでの追加公演も決定している。追加公演のチケットは本日より発売開始。ますます活動に弾みをつけている彼女のライブを体感してみよう。

<セットリスト>
-1st STAGE-
1.Speak Low
2.Love for Sale
3.MOJO swing
4.Sexy, Sexy, Sexy
5.オレンジの衝動
6.Focus
7.LunaSol

-2nd STAGE-
1.Improvisation-1
2.Endless Rain
3.First Class Lady
4.Improvisation-2
5.Warehouse Girl
6.青空
7.Blowing Luv

アンコール
PIANO SOLO

<メンバー>
高木里代子(p)
鈴木直人(g)
山本連(b)
山内陽一郎(ds)
牧野雅己(DJ,program)

PHOTO BY 田中聖太郎


リリース情報

2016.02.17 ON SALE
ALBUM『THE DEBUT!』


ライブ情報

「THE DEBUT!」発売記念 高木里代子 LIVE 2016 ~アンコール公演~
04/16(土) 東京・JZ Brat Sound of Tokyo


高木里代子 OFFICIAL WEBSITE
http://avex.jp/riyokotakagi/

高木里代子 OFFICIAL BLOG
http://ameblo.jp/riyokotakagi/


160316-TR-150000

160316-TR-150001

160316-TR-150003

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人