「こんなにたくさんの女性に囲まれて歌う日が来るなんて」。清木場俊介、初の“女祭”を「EXシアターTV Live」でOA

テレ朝チャンネル1で毎週日曜22時より放送中の「EXシアターTV Live」にて、2月14日にEXシアター六本木で行われた『KIYOKIBA SHUNSUKE PREMIUM NIGHT “ROCK FOR WOMAN”』の模様が3月20日に独占放送される。

東京・六本木にあるテレビ朝日が運営するライブハウス“EXシアター六本木”。そこで行われる貴重なライブから、選りすぐりの曲をフルの尺(原則)で定期的にお届けする番組「EXシアターTV Live」。3月後半は、清木場俊介が登場。バレンタインという特別な日に女性限定で開催された『KIYOKIBA SHUNSUKE PREMIUM NIGHT “ROCK FOR WOMAN”』の模様を届ける。

“ROCK FOR WOMAN”ということで、女性でびっちりと埋めつくされたフロア。開演の時間が迫ってくると大きな「清木場」コールが沸き起こる。白いスーツで清木場が現われると、悲鳴にも近い大歓声が沸き起こった。

「俺だけのハイウェイ」でライブが始まると、「六本木どうよー!?今日は最高の夜にしようぜ」清木場が呼びかけ、「夜を塗り潰して」「悲しきRock‘n Roll」と開演前から興奮状態全開のフロアに放ち、「Spirit」では、ぱっと空気が変わり、ぐっと聴きこませた。

「“女祭”(=女性限定のライブ)、今日が初めてで、清木場俊介緊張しております。男兄弟で育ったんで、大人になってこんなにたくさんの女性に囲まれて歌う日が来るなんて……ありがとうございます!」とバレンタイン当日の女心をくすぐるMCでフロアを和ませたかと思うと、「定番ですが、盛り上がる3曲やっていきます!」と「さよなら愛しい人よ…」「Truth」「ROLLING MY WAY」と、再び熱い曲を届けた。

“女祭で聴きたい曲”を募集した結果の話になり、「今日は1位の<クサレ…俺>を演ろうと思います。これ、懐かしいよね。7年前ぐらい前?新潟LOTSの駐車場で作りました。すごく重い歌なので、みなさんもつらいことを思い出しながら聴いてください(笑)」と語り、「クサレ…俺」、そして「Pieces」「Cry」と続けた。

さらに、「ちょっと重い曲を3曲演りましたけど、俺はちょっとぐわーっときてます。ここからはアップな曲が続きます。みんな準備はいいかーーーーーーい!?」と煽って「MY LIFE」を披露。「最高のバレンタインにしようぜー!」と「JET」ではタオルを振りまわし、「久しぶりに<GO!WAY!>行こうかー!」と、「GO!WAY!」では客席との掛け合いを清木場が心から楽しんでいるようだった。

そして、「最後の曲はやっぱりコレしかないという曲がありますんで、みんなで歌おうかなと。この曲から清木場俊介が生まれたといっても過言ではない曲、みなさん、知ってると思いますが(笑)一緒に歌ってください」と「唄い人」披露。フロアに“~僕は僕の~、~君は君の~”のコール&レスポンスが響いた。

アンコールは、この日初めてのバラード「Shining」「愛のかたち」、そして「この曲をみんなで歌うとライブが終わるって感じがするので、この歌を聴いてください」と「僕らの絆~仲間への手紙~」でバレンタインのプレミアムナイトは幕を下ろした。

PHOTO BY 関山 一也


番組情報

テレ朝チャンネル1『「EXシアターTV Live」Vol.38 KIYOKIBA SHUNSUKE PREMIUM NIGHT “ROCK FOR WOMAN”』
放送日時:03/20(日)22:00~23:00
リピート放送:03/27(日)22:00~23:00
出演:清木場俊介
※※放送日時は変更になる場合がございます。
※放送内容は当日のセットリスト通りではございません。
※スカパー!(ch.298)、プレミアムサービス(ch.611)、プレミアムサービス光(ch.611)、ひかりTV(Ch.556 )、J:COM(Ch.755)またはケーブルテレビで視聴可能。


リリース情報

2016.03.16 ON SALE
Blu-ray&DVD「ROCK&SOUL 2015 “FACT” 2015.12.13 at 東京国際フォーラム ホールA」


CSテレ朝チャンネル1「EXシアターTV Live」番組サイト
http://www.tv-asahi.co.jp/ch/ex_theater/

テレ朝チャンネルの視聴方法はこちら
http://www.tv-asahi.co.jp/ch/method/

清木場俊介 OFFICIAL WEBSITE
http://kiyokiba.net/


160314-TR-090000

160314-TR-090001

160314-TR-090002

160314-TR-090003

160314-TR-090004

160314-TR-090007

160314-TR-090008

160314-TR-090009

160314-TR-090010

160314-TR-090011

160314-TR-090005

160314-TR-090012

160314-TR-090013

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人